フリーターの生活

フリーターが迎える7つの末路。将来について真面目に考えよう。

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターって将来どうなるんだろう…

このままフリーターを続けると末路がヤバいって本当?

自由で気楽でいいなぁと思って始めたフリーター。

年齢を重ねるごとに焦りや不安を感じ始めていませんか?

サイト管理人

そこでこの記事では元フリーターだった私が自分の経験や知人の経験を交えながら

  • フリーターが将来迎える悲惨な末路
  • そんな末路を迎えないためにはどうすべきか
  • フリーターを抜け出す方法

などをご紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあとにどうするかはあなた次第です。

\将来の末路は悲惨/

最初はフリーターは自由というイメージもありますし、20代のうちは正社員と給料もそこまで変わりません。しかし、30代を過ぎてくると正社員の友達との給料も開き始め、生活レベルもどんどん変わっていきます。

また30代を過ぎて「これは、ヤバいぞ」と就職活動をしても採用してくれる企業はほぼなくなるので手遅れなんてこともありえます。そうしたフリーターの最終的に行き着く末路は

  • 生活保護
  • ホームレス
  • そして孤独死

ということも十分にあり得ます。大げさかもしれませんが、私はこのサイトを作るに当たりこれまで様々な人にインタビューを行ってきてましたが、そういう人も多くいるのも事実です。

そうならないためにも今のうちに就活をして、正社員になっておくことが一番の最善策です。一度正社員になり、職歴をつけ技術を磨いていけば、将来的に

  • 超一流企業への転職も可能
  • 独立して起業すること可能
  • フリーランスとして自由な働き方を選択することも可能

と選択肢が無限大に増えてきます。厳しい現実を率直にお伝えすると何のスキルもないフリーターに将来の自由を選択する権利はないのです。ただ、今から就活をしようと思っても

  • 就活のやり方がわからない
  • ブラック企業に就職してしまいそう

などの不安を抱えた方は多くいると思います。そんな方は就職支援サービス『ジェイック』を利用してみましょう。

ジェイックではこれまでフリーターなどのこれまで正社員経験のない方を積極的に就活のサポートをしており、

  • あなたにあった求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 自己PRの考え方
  • 面接対策

などあなたが就職するまでお手伝いをしてくれます。実をいうと私もここを使って正社員に就職することができました。

相談するだけでもかなり就活に対する視野が広がっていきますのでまずは登録からでも始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/

フリーターの悲惨な7つの末路

フリーターは確かに楽で自由かもしれません。

ですが、それは若いうちだけです。

サイト管理人

フリーターを続けていくと将来、一体どんな末路が待っているのか紹介していきます。

  1. 友達と疎遠になる
  2. 一生独身
  3. バイト先に居づらくなる
  4. 高齢になっても働かなければならない
  5. 生活レベルが変わらない
  6. 年下の社員に顎で扱われる
  7. 30歳過ぎて就職しようと思ってももう遅い

1つ1つ説明していきましょう。

友達と疎遠になる

20代のうちはたしかに給与の差があまりなく、正社員になった学生時代の友達とわいわい楽しくやれるかもしれません。

しかし20代後半、30代くらいになってくると友達も結婚の話や仕事が充実した話、家やマンションなどの話が主流になってきます。

そうなってくるとフリーターは給与が30代になっても変わらないので話についていけなくなり気まずい空気がだんだんと流れてきます。

そうなると居心地も悪くなってきてどんどん遊ぶこともなくなり距離を置くことになり疎遠になってしまうでしょう。

最終的には趣味も一人でできるものが多くなり孤独な人生を歩むことになります。

サイト管理人

私は25歳までフリーターだったのですが、その時点でもう学生時代の友達と会うのが億劫になってましたね。

25歳というと大学を卒業し社会人になって3年目にもなり仕事をどんどん覚えて脂が乗り始める時期です。

当時の自分

学生時代の友達は社会人として活躍しているのに自分は何をやっているんだろう

と何か劣等感のようなものが生まれてあまり一緒に遊びたくないなと思っていました。

一生独身

結婚には多大なお金がかかります。

「ゼクシィ」が行った調査によると、

  • 結婚式自体に平均で約354万9000円
  • 新婚旅行なども含めた結婚全体にかかる費用は461万8000円

もかかります。

(出典:ゼクシィ新生活準備調査2016,ゼクシィ結婚トレンド調査2019)

そこに子どもを作るとなれば養育費用もかかってきます。

そのような費用を平均月収20万円前後のフリーターが払うのは到底難しいでしょう。

さらに女性も若いうちはフリーターでも許してくれますが、30代過ぎのフリーターは将来がないと感じて敬遠するようになります。

親としても大切に育ててきた娘を安定もなく経済力もないフリーターという立場の人に任せることはできず、反対されてしまう可能性が高くなります。

以下の表は「独立行政法人労働政策研究・研修機構」が2014年にフリーターの既婚率について調査したものになります。

年齢正社員パート・アルバイト
20~24歳 8.6%2.6%
25~29歳 31.7%7.4%
30~34歳 57.8%13.6%
35~39歳 68.6%19.3%

これを見ればわかる通り、正社員の既婚率に比べてパート・アルバイトの男性の既婚率は大幅に下回っています。

正社員男性は7割弱結婚しているのに対し、35歳を過ぎてもフリーターは2割弱しか結婚ができていません。

30歳過ぎてのフリーターはとにかくモテません。

バイト先に居づらくなる

アルバイトも長年やってると年下のアルバイトがたくさん入ってきます。

そこでは若い者同士での会話が繰り広げられるので年齢を重ねたフリーターはついていけません。

さらには若いアルバイトに

あの人いい年してなにやってんのかな

陰口を言われる可能性も出てきます。

サイト管理人

私の昔のアルバイト先は学生が多く、若い人がどんどん入ってきていつのまにか年長者になっていました。

学生たちの話題は

  • 学校の話
  • 授業の話
  • はたまた就活の話

までしているので顔には出しませんでしたが、気まずかった覚えがあります。

高齢になっても働かなければならない

正社員の場合、厚生年金を支払っているので15~20万程度の年金がもらえます。

一方でフリーターの方は国民年金しか払っていないので貰える年金は約5.5万~6.5万円になります。

それではとても生活がやっていけないので60代、70代になってずっと働かなければなりません。

60代、70代と体力も健康も衰えていき、以前のようには元気に働けません。

にもかかわらずボロボロになりながらも20代のときの同じように働いていかなければ生活を保てないのです。

サイト管理人

そして60代、70代の高齢フリーターを雇ってくれる企業が一体どのくらい存在するのかも疑問です。

生活レベルが変わらない

フリーターは給与がほとんど変わりません。

そこで正社員とフリーターの給料の上り幅はどの程度、違うのか下記の表を見てみましょう。

年齢正社員フリーター
20~24歳 21万3200円18万2100円
25~29歳 24万5700円19万8200円
30~34歳 28万2400円20万4900円
35~39歳 31万3300円20万7700円

このように正社員はどんどん給料があがる一方でフリーターは殆ど同じ給料で働いていかなければなりません。

そして生涯賃金の差ではフリーターと正社員では1億円以上の違いが出てきてしまいます。

さらにはフリーターは社会的信用が低いのでローンやクレジットカードが作れないこともありますので高額な買い物もできません。

フリーターのままでいると一生同じ生活を続けていかなければならないのです。

(参考:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」)

年下の社員に顎で使われる

アルバイトをやっていればもちろんそこには社員がいます。

その中には自分より年下の社員も入ってくるでしょう。

自分より年下なのにアルバイトと社員という差があるので指示には従わなければなりません。

たとえ雑に顎で使われるような処遇を受けても我慢しなければならないのです。

30歳過ぎて就職しようと思ってももう遅い

20代のうちはフリーターでも就職できる可能性はまだまだあります。

しかし、30歳を過ぎると求人数はぐんと減ります。

企業は30歳過ぎているのなら経験を豊富に積んだ人が欲しいのです。

20代のうちは

まだまだ若いから

とタカをくくってフリーターを続けてしまうと30歳を過ぎていざ就活をしても手遅れになってしまいます。

求人があったとしてもブラック企業の可能性がかなり高くなるために要注意です。

そしてアルバイトの採用も30歳を過ぎるとなかなか採用してくれなくなります。

アルバイトに求めていることは若くて素直な子です。

サイト管理人

下手に年齢を重ねてしまうと考えが偏ってしまう可能性かがあるため企業側に扱いにくいと思われてしまいます。

\就職に不安を抱えているなら/

このような末路を辿らないためには…

今のうちに就活をしとこう

まだ20代のうちは未経験歓迎の会社がたくさんあります。

フリーターがホワイトな企業へ就職するチャンスを逃してはいけません。

今のうちに就職をしておかないとずるずるとフリーター生活を続けてしまい、気づけば30歳過ぎてたなんてことになりかねません。

サイト管理人

もし、あなたがフリーターの末路を歩みたくなければ就職活動という道を開きましょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

転職エージェントを使うのが吉

どうやって就活すればいいのかわからない

ブラック企業に入るんじゃないかと心配

という方は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントとはあなたの就職活動を正社員になるまでサポートしてくれる就職支援サービスです。

就職活動のプロが1から10まで全て教えてくれるので何もわからなくても安心して就活を行えます。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

どのエージェントを選んだらいいのかわからないという方は…

フリーターがまず利用してみるべき転職エージェントは「ジェイック」です。

ここは

  • フリーター
  • 大学中退者
  • 既卒
  • 第二新卒

などこれまで社会人経験が浅い人や正社員経験がない人を専門的に無料で相談に乗ってくれる転職エージェントです。

サイト管理人

ちなみに私も何もわからない状態からここを利用してホワイト企業へ就職することができました。

料金は一切かからないのでまずは相談だけでも乗ってもらうことが就職への近道です。

\就職に不安を抱えているなら/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまでフリーターの末路をご紹介してきましたが、とても恐ろしいものです。

サイト管理人

私もこの事実を知っていち早く就活を開始し、無事に正社員に就職することができ幸せな人生を歩んでいます。

  • フリーターのまま働き続けひもじい思いをして孤独死するのか
  • それとも正社員に就職し自分の思い描いた未来を創っていくのか

あなたはどちらを選びますか?

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ