専門卒

専門卒フリーターが就職成功させるためにすべき5つの方法とは?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「専門学校を卒業してから、しばらくフリーターだけど就職できるのかな?」

「大学を卒業してないから、専門卒フリーターは就職できない」

など、専門学校を卒業してから就職に悩んでいませんか?

専門学校では専門的な知識を学ぶことができて、就職した際にそのスキルを活かして働けることが魅力です。

しかし、専門学校に入学してから「自分のやりたいことと違う」と思い、一旦フリーターになっている方も多いはずです。

しかし、フリーターの期間が長いと就職に不利になってしまいます。

この記事では

  • フリーターが就職できない原因
  • どうすればフリーターが就職できるのか

を解説します。

是非最後まで御覧ください。

専門卒のフリーターだと就職できない?

専門卒のフリーターだからと言って、就職できないという理由にはなりません。

しかし、大卒や就職の経験がある人達と比べると不利になってしまいます。

就職はもちろん可能 

専門卒フリーターでも、やる気があれば就職は可能です。

ですが、新卒や社会人経験がある人達と争うことになるので、不利になります。

なので、面接での受け答えや、正社員として活躍したいという気持ち、本気の覚悟が無い限り就職は難しいでしょう。

人を雇うことは、とてもコストがかかります。

それなのに、やる気が無くスキルも無い専門卒フリーターを雇うよりも、新卒を採用する方が伸びしろもがあるので、企業としてもメリットですよね。

ですので、「自分が新卒よりも企業の役に立てる」ということを証明する必要があります。

フリーターの期間が長いと就職に不利

フリーターの期間が長くなり、年齢を重ねるにつれて就職はどんどん不利になってしまいます。

また、正社員であれば責任を問われることが多くなり、重要な判断を任されれることもあります。

しかし、アルバイトやパートは仕事に責任を持つことが少ないです。

その経験の差が就職はもちろん、人としての成長にも繋がってきます。

なので、フリーターの期間が長いとフリーターとしての働き方が染み付いているため、書類審査の段階で落とさせることが多くなってしまいます。

就職活動が難しくなる

大学生や社会人として働いいていて、貯金がある人は時間を作ることができるため、就職活動に専念することができます。

しかし、フリーターでいると生活するためにお金を稼ぎながらの就職活動になるので、時間が少なく、就職活動の質が落ちてしまいます。

ですので、フリーターの人は就職活動を計画的に行い、リスク管理をしっかり行わないといけません。

\就職に不安を抱えているなら/

専門卒フリーターの就職がなかなか決まらない原因とは?

先程書いたように、専門卒フリーターでも就職は可能ですが、「大卒者・転職者」と就職争いをすることになるため、社会経験が少なくスキルもない専門卒フリーターにとっては難易度がとても高いです。

また、「なぜ専門学校を卒業したのにフリーターをしているのか」理由が説明できないと面接で不利になってしまいます。

このような、専門卒フリーターが就職できない原因について細かく解説していきます。

専門分野以外の業界に就職しづらい

専門学校は文字通り、専門的な知識をつけるために学校に通い勉強します。

メリットは専門的な知識を短期間で習得することができて、そのスキルを必要とする企業ですぐに活躍できることです。

しかし反対に、大学とは違い幅広い知識を習得することができないため、専門分野以外の業界には就職しづらいです。

なので、専門学校卒業後に「自分のやりたいことが見つかった」と思い、就職活動を行っても就職できる確率はかなり低いです。

受けられる企業が大卒よりも少ない

有名な企業や大企業に就職しようとしても、そもそも応募資格が「四年制大学卒業の方」「四大卒者」であれば、専門卒は応募資格がありません。

なので、必然的に専門卒は大卒者にくらべて求人の幅が狭いです。

ですので、「この会社が自分の理想で絶対に入社したい」と思っても、専門卒は応募することもできないのです。

また、資格がないと働けない仕事で、更に資格取得するため「大卒以上」を条件とする資格もあるため、専門卒は仕事の選択制限がかなりあることを知る必要があります。

フリーターになった明確な理由がない

「新しくやりたいことが見つかって一から勉強し直す為にフリーターになった」と面接で説明できれば、「この人はやる気があるんだな」と評価が上がるかもしれません。

ですが、

  • なんとなくフリーターになった
  • フリーター期間に何も行動しなかった

など、面接で「なんでフリーターになったのか」を説明できないと、「やる気がない・就職してもすぐに辞めるのでは?」印象がかなり悪くなってしまいます。

若いうちはフリーターと正社員を比べても給料に変わりはなく、むしろフリーターの方が時間や休みの融通が効くため「このままフリーターでもいいか」と思うかもしれません。

しかし、フリーター期間に理由がないとただ就職に不利になるだけで、何もメリットはありません。

\就職に不安を抱えているなら/

専門卒のフリーターが就職成功させるための5つの方法

ここからは、専門卒フリーターが就職を成功させるための方法を紹介します。

しかし、専門卒フリーターが普通に就職活動をしようと思ってもなかなか、内定をもらえずフリーター期間が長くなってしまうかもしれません。

そうならない為に就職活動のコツを知り、今自分ができることを始めましょう。

まずは行動!

フリーター期間が長くなるにつれて、就職はどんどん不利になります。

なので、まずは行動しましょう。

行動しなければ何も始まりません。

  • 今持ってるスキルはどの業界で活かすことができるか
  • 入りたい企業ではどの様な人物が求められているか

など、自己分析を行い、自分の強みや弱みを把握した上で就職活動を行いましょう。

また、「一つの企業がだめだったからもう自分は就職できないんだ」など落ち込まずに、内定を得られ無かったとしても粘り強く行動して下さい。

選択肢は沢山あります。

視野を広げて、「今自分は何ができるのか」しっかり考えながら就職活動をしましょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

転職エージェントに相談する

フリーター期間が長く、何から就職活動を始めればいいかわからない人は、「転職・就職エージェント」に相談しましょう。

エージェントを活用すると

  • 転職・就職の相談
  • 就職率のアップ
  • 面接日の設定
  • 条件交渉の代行
  • 履歴書の添削

など、就職・転職に関するサポートをしてくれるので安心です。

特に、「専門卒でフリーターだけど就職できるか心配」な人は、プロのキャリアコンサルタントに一度相談しましょう。

相談することで、「今の自分に向いている職業」や「興味がある業界の詳細」など自分では気づくことができないことを知ることができます。

なので、専門卒フリーターの人は転職エージェントを活用して損はありません。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

専門学校で学んだ分野を狙え!

もし、専門学校で学んだ分野が自分のやりたいことでないとしても、とりあえずそのスキルを活かして就職活動を行うことができます。

一旦就職し、職歴が付くことで社会的な信用が得られます。

また、働きながら、通信講座やセミナーなどで新しい知識をつけてから、また転職することもできるので、まずは専門学校で学んだことを活かせる企業を探すことも一つの方法です。

アルバイト先で正社員雇用を目指すのも1つの手

今働いているアルバイト先に「正社員登用制度」があれば、そのまま正社員になることもおすすめです。

アルバイトで働いている分、仕事の要領や流れがわかっているので正社員になってもより早く活躍できます。

また、この場合就職活動を行う必要もなく、新しい環境で働くストレスも少ないため、今のアルバイト先が自分に合っていれば目指してみてはいかがでしょうか?

しかし、アルバイトから正社員を目指す際にはそれなりのリスクもありますので注意してください。

詳しくは「アルバイトから正社員は難しい?【なれなかったときのリスクがデカい】」で説明していますので興味があればご覧ください。

未経験歓迎の求人に応募しよう!

専門学校で学んだ分野で就職が難しいのであれば、視野を広げて専門外の分野にも応募してみましょう。

「未経験歓迎」という求人であれば、その業界が未経験でも応募することができます。

なので、自分のやりたい仕事が未経験でも応募できるのであれば、やる気とどのように会社に貢献していきたいかを伝えましょう。

ちなみにフリーターからでも就職しやすい未経験歓迎の多い職種は「おすすめの職種ってなによ?」フリーターから就職できる職種5選!」でまとめています。

しかし、いくら未経験でも大丈夫とはいえ、仕事なので最低限の知識は必要です。

なので、応募前にどの様な業務があるのかしっかりとリサーチしましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

専門卒フリーターでも就職はできる

専門卒フリーターでも入念な準備と正社員になるという覚悟があれば就職できるはずです。

しかし、大卒や社会経験がある転職者と争うと不利になってしまいます。

なので、今の自分にできること、専門学校で学んだスキルを活かし、就職活動することも一つの方法です。

また、完全未経験の業界に就職したいと考えている人やフリーター期間が長い人は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを活用することで、就職活動をスムーズに行うことができ、内定をもらえる確率が上がります。

理由もなくフリーター期間が長くなると就職にどんどん不利になっていきます。

ですので、長いフリーター生活に終止符を打つために、転職エージェントを活用して、安定した生活を送りましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ