高卒

19歳の高卒フリーターが正社員に就職するための3つのポイント

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「このまま高卒フリーターとして生きていくのは不安」

「19歳の高卒フリーターが就職するには、どうしたらいいんだろう」

「高卒フリーターでも正社員になれるのかな」

高校卒業後、就職せずにフリーターとして生活しつつも、将来が不安でこのままではいけないと思っているのではないでしょうか。

正社員になったことがないと、これからもなれないのではないかと不安になりますよね。

しかし、19歳の高卒フリーターでも正社員になることは可能です。

むしろ、若ければ若いほど正社員就職は有利に働きます。

私も正社員になろうと就活を行った際、転職支援サービスを利用しましたが1か月程度で就職を決めることができました。

そんな私だからこそ、あなたにが正社員就職する際の不安を払しょくすることができます。

今回はなぜ19歳から就活を行ったほうがいいのかから、正社員に就職するためのポイントをまとめました。

ポイントを抑えて、正社員就職を成功させましょう!

19歳の高卒フリーターは正社員になった方がいい

19歳の高卒フリーターであれば、このままアルバイトを続けるかそれとも正社員になるか迷っているとも思います。

しかし実績を積むことができかつスキルアップにもつながることや、定年や老後とあなたの長い人生を見据えたとき、すぐにでも正社員になったほうがメリットが大きいことが分かります。

スキルを積みやすい

正社員をすすめる理由の一つに、スキルアップが望めるということが挙げられます。

例えばドライバーとして正社員になった場合、第一種普通免許しか持っていなくても企業が第二種免許取得のサポートをしてくれます。

また正社員の場合、仕事をこなしていくことで実績を作ることができます。

企業としても個人としても実績を残すことができるため、昇級や給料のアップを見込むことができます。

フリーターは経験を積むことはできます。

しかし仕事はカンタンな作業が多い為、そこまでのスキルも経験も身に付けることができません。

正社員は仕事の責任がフリーターよりも重くなりますが、その分より多くの経験や仕事を円滑に進めるために努力することによってスキルアップにつながっていくのです。

働く時間が固定できる

一見、正社員はフルタイムで働かなくてはならないため、自分の自由な時間が作りにくいようにみえます。

しかし安い時給で長時間働かなければ稼ぐことができないアルバイトと違って、仕事をする時間が決まっているからこそ、長い目で見ると正社員の方が自分の時間を多く取ることができます。

多くの時間を犠牲にしなければならないフリーターと、時間は固定だがフリーターよりも多くの時間を自分の為に使えるのであれば、後者の方がより魅力的ですよね。

安定した収入が得られる

アルバイトはシフトに入った分、働いた時間分お金が発生します。

そのためシフトが削られたり入れない日が続くと当然収入は減ります。

さらに保険や税金は、手元の収入から捻出していかなければなりません。

正社員の場合は毎月の給料がほとんど変動しません。

しかしもともとフリーターの賃金と比べ高い金額のうえ、安定した収入を得ることができます。

さらに福利厚生がしっかりしており、額面から税金・保険の金額を引かれたものが手元に入ってきます。

若い10代、20代のうちは、正社員もフリーターもそこまで収入の差はありません。

むしろ、高時給のアルバイトや掛け持ちをしてシフトにたくさん入れば、アルバイトの方が多く稼げる場合すらあります。

しかし30代にも突入すると、状況は一変し正社員とフリーターの収入差はどんどん開いていきます。

ほとんど変化のないフリーターにくらべ、正社員はめきめきと上がっていきます。

\就職に不安を抱えているなら/

19歳のうちに就活を!

19歳のうちに就活したほうがいいという理由は、「若さ」が最大の武器になり、多くの求人からより自分に合った企業を選ぶことができるからにほかなりません。

スキルや経験よりも、若さが武器に

19歳の高卒フリーターの最大の武器は「若さ」です。

高校を卒業したばかりの19歳に、企業も経験やスキルは期待していません。

19歳の高卒フリーターは何もできなくて当たり前。

だからこそ、やる気があれば今後の成長に期待を抱くことができます。

求人の多さ

経験やスキルはなくても、やる気があれば企業が育ててスキルを身に着けてもらえればいい。

そう思っている企業は少なくありません。

そのため、年齢が若い19歳の高卒フリーターは求人数も多くなっています。

求人数が多いということは、その分選択肢も多いという訳です。

年齢が高くなっていくにつれ、求人数は減っていきます。

未経験・フリーター向けの求人はなおさらです。

フリーター歴は長くなればなるほど就職に不利になっていくからです。

年齢が上がれば、19歳の高卒フリーターでは重視されなかったスキルや経験が選考対象になります。

だから未経験求人も数が減っていくわけですね。

限られた選択肢の中から選ぶのよりも、多くの選択肢を深く研究し自分に合った道を選ぶことができる今のうちに就活は行いましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

19歳の高卒に企業が求めるものとは?

これまでの経歴やスキルは、19歳の若い高卒フリーターでは求められません。

そのかわり社会人として報連相がしっかりできることや時間を守ることなど、必要最低限のマナーが守れることに加え、やる気がちゃんとあるかという所を見られます。

報連相がしっかりできること

報連相とは報告・連絡・相談の略で、仕事の場においてよく使われる言葉です。

仕事の経過や近況報告、困った時自分ひとりで解決しようとせず上司に相談することは、仕事を効率的かつ円滑に進めるためには必要なスキルでもあります。

この報連相ができないと、自分の職場や会社だけでなく取引先の会社にも迷惑をかけてしまうことになってしまうのです。

最悪の場合、自分や職場の人の雇用が解かれてしまうことも。

そうならないためにも、企業側は19歳の高卒にも報連相をしっかりできる人を求めます。

時間を守れること

いくらやる気があっても、時間を守れない人は求められていません。

終業時間までには職場にいないと、時間通りに仕事を始められませんよね。

取引先との商談があって、遅れていったら印象は悪くなりますよね。

社会人としても、時間を守ることはマナーとして重要視されます。

それは19歳の高卒フリーターでも変わりません。

だからこそ、常識として時間を守ることは求められます。

余裕をもって、5分前行動を心がけるのがおすすめですよ。

やる気があり、行動に移せること

やる気がある若い人材は、企業にとって今後が期待できるとして時間をかけてでも育てていきたいと思われます。

しかし、やる気があるだけで行動が伴わなければあなた自身の成長になりません。

やる気を持ちつつ、それをスキルアップにつなげられるような行動を起こしていく必要があります。

\就職に不安を抱えているなら/

19歳の高卒フリーターが正社員に就職するための3つのポイント

19歳の高卒フリーターが正社員に就職するためには、転職支援サービスを利用することや就職期間を設定することがポイントになってきます。

転職エージェントを利用する

転職支援サービスを利用するのも大切です。

19歳のうちに正社員になろうとしたときに、何から何まで一人でやろうとすると時間も体力も使います。

一から求人を探すよりも、第三者目線であなたにあった求人を紹介してもらった中から選ぶ方が効率的ですよね。

その転職支援サービスの中でも、転職エージェントの利用がおすすめです。

ほかの転職支援サービスとの違いは、サービスの質にあります。

転職エージェントは面接日の調整や給与額の相談、就職後のアフターフォローもしてくれます。

就職後1年ほどは定期的にメールなどで困りごとや相談はないかの連絡をしてくれるところが多いのです。

就職がゴールではなく、就職した後も相談できる環境があるのは安心できるはずです。

主導権はあなたが握る

転職エージェントを利用することは大切ですが、主導権はあなた自身が握らなければなりません。

転職を行うのはあなた自身です。

転職エージェントから紹介された求人に、何も考えずに応募するのはやめましょう。

いくつか紹介してもらい、業界・企業研究を行うなど積極的に就活を行う必要があります。

また、あなた自身が苦手な項目をエージェントに伝え克服しなければならない場面もあります。

高卒フリーターにおすすめの就職エージェント&就職サイト! 「20代の高卒フリーターは就職エージェントや就職サイトを利用できるのか」 「このまま、高卒フリーターから抜け出せないのか」 ...

面接練習はしっかりと行う

面接練習が苦手という方は多いでしょう。

しかしその面接の練習を怠ってしまうと、いつまでもフリーターから抜け出すことができません。

多くの転職支援サービスでは、サービスの一つとして面接指導を行っています。

1人だと苦痛になってしまう面接練習も、誰かと一緒に行うだけでかなり楽になりますよ。

また誰かと一緒に行うことで、自分では気づけないミスも発見することができます。

早期に発見して直し、本番に備えましょう。

よく聞かれる質問や、こちらからの質問は事前に把握・考えておきます。

きちんとした身だしなみと、姿勢が曲がらないようにするのも忘れずに。

就活期間を設定する

就活期間を決めて、就活を進めていくことも重要なポイントです。

期間を決めずに、就職できればラッキーぐらいに考えていると、19歳の正社員就職は難しいでしょう。

おすすめは1か月、長くて3か月を期間として頑張ってみましょう。

短すぎても準備不足で受かるものも受かりませんし、長すぎてもモチベーションが下がってしまいます。

1か月という数字を見て、そんなに長くないと思いませんでしたか?

1か月なら、モチベーションを維持したまま就職活動はできるはずです。

スケジュール管理を行う

就活期間を決めたら、スケジュール管理も行いましょう。

転職エージェントなら、面接日の日程や入社日の日程調整はエージェント側が行ってくれる場合があります。

忘れたり日にちを間違えたりしないためにも、決まったらスケジュール帳やスマホアプリを活用して管理しましょう。

しっかりしたスケジュール管理ができるようになると正社員になった後でも、役立ちますよ。

\就職に不安を抱えているなら/

正社員になって、安定した生活を送ろう

経験がないことやスキル、学歴がないことで正社員就職を諦めてはいませんでしたか?

19歳の高卒フリーターなら、経験もスキルもないことが当たり前です。

それらはこれから身に着けていけば良いものです。

正社員に就職することができれば、安定した雇用・収入があるからこそ今ある不安を払しょくすることができます。

しかし、一人で正社員就職を目指すのは難しい。

そういう時は転職支援サービスの活用がおすすめです。

今では高卒フリーター向けの転職支援サービスも充実しています。

転職支援サービスのなかでも転職エージェントなら、就活に必要な知識が無くてもあなた専任のアドバイザーがつくので1から学ぶことも可能ですよ。

さらに就職した後も定期的に相談にのってくれるため、不安なことが出てきてもすぐに解決することが可能です。

転職エージェントで正社員になって、安定した生活を送りましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ