女性フリーター

女性は一生フリーターでも結婚すれば問題ないは本当か?【限定公開】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「女であれば、一生フリーターでも結婚すればなんとかなると思う。」

「早く結婚して、安定した生活を送りたい。」

そう思いながら、仕事を続けている女のフリーターは多いのではないでしょうか。

しかし、まだ予定のない結婚を当てにしながらフリーターを続けるのはリスクもあります。

この記事では、大手金融機関でファイナンシャルプランナーを勤めていた私が、女性フリーターのお金と結婚事情についてお話ししていきます。

結婚願望のある女性フリーターにおすすめな婚活方法についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

女は結婚すれば一生フリーターでも問題ない?!

20代までの一人暮らしであれば、フリーターの女性は特に問題なく日々の生活を過ごすことができるでしょう。

しかし、30代に近づくにつれて、結婚費用や育児費用、住宅ローンなど、この先のお金の心配は増えていきます。

フリーター生活を一生続けていても、女性は結婚をすれば、問題なく生活していけるのでしょうか。

結婚相手が裕福であれば一生フリーターでも問題ない

フリーターの女性といっても、置かれている状況はさまざまです。

たとえば、親の援助を受けることができる、結婚相手の家庭が裕福である、結婚相手が歳上で高収入であるなど、恵まれた環境であれば、女性が一生フリーターでも生活することは可能です。

しかし近頃では、結婚後も金銭的理由で共働きをしなければいけない家庭がほとんどです。

総務省統計局「平成29年就業構造基本調査

図のように、昔は育児をしながら仕事をしていた人は半分ほどでしたが、今は6割以上の女性が仕事を続けています。

ということは、男性も女性に働いて欲しいと思っているということです。

そんな男性にとって、フリーター女性よりも、産休育休制度が取得できる会社で働いている正社員の女性と結婚する方が経済的に安心できます。

あなたがフリーターを一生続けるつもりであれば、結婚相手はかなり金銭的に余裕がある人でなければ安定した暮らしを送るのは厳しいでしょう。

ふつうの暮らしをするためには女性も正社員を目指そう

あなたが描く結婚後の将来はどのような人生でしょうか。

子どもを産んで、住宅を購入して、たまに家族旅行をして、子どもを大学に通わすことなど、当たり前の日常が目に浮かぶでしょうか。

しかし、このような普通の生活には、お金がとても必要です。

子どもひとりを幼稚園から大学まで全て公立に通わせるためには、トータル約1,000万円必要です。

全て私立であれば、約2,500万円必要となります。

それだけの費用を夫1人で負担できるでしょうか。

それ以外にも、最近では住宅ローンを正社員同士の男女ペアローンで組むケースが増えています。

あなたが描くふつうの暮らしが、先ほどのような内容であれば、女性が一生フリーターを続けていると実現するのは難しいでしょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーター女性が結婚できない理由とは?

結婚相談所では近年、アラサーのフリーター女性からの相談が増えています。

フリーター女性が結婚できない理由とはなんなのでしょうか。

ポイントごとに見ていきましょう。

正社員との出会いが少ない

正規雇用の場合、特に大手企業は同僚が多く、異動も多い傾向があるので社内での出会いが多いです。

社内の同期を通じて、他社に勤める友人を紹介してもらう機会もあります。

しかしフリーターの場合、同じ職場には自分と同じフリーターの男性が多く、正社員の人と接する機会は少ないでしょう。

フリーター同士での結婚となると、ますます金銭的に厳しくなるので、結婚に踏み切れないことも多いです。

また同じ職場から同年代が転職などで退職すると、新入のフリーターが入ってきて周りがどんどん若くなっていきます。

そんな新人男性フリーターが高収入な正社員を紹介してくれる希望も薄いでしょう。

このように、フリーター女性は正社員女性と比べて自然な出会いは少ないばかりか、どんどん出会いは減っていきます。

自分の年齢があがるほど理想が高くなる

年齢があがると、フリーター女性が男性に求める理想は高くなります。

しかし、将来有望な男性は早いうちに結婚している人が多く、婚活は厳しくなっていきます。

正社員女性は自分の収入もあがってきているので、結婚対象の男性の年収は最低限あれば生活できます。

例えば年収400万円同士で結婚したとしても世帯年収は800万円になります。

手取りが毎月20万円ずつだとしても、2人合わせて毎月40万円です。

夫婦で頑張れば、子どもを育てたり、住宅購入するなどの暮らしは特に問題ないでしょう。

しかし、フリーター女性が年収400万円の男性と結婚すると、そういうわけにはいきません。

毎月20万円とフリーター女性の収入で子ども1人養うのはなかなか難しいでしょう。

そうすると、フリーター女性が男性に求める理想は高くなり、出会いも限られていきます。

相手の親から反対されることも

もし理想の男性と出会うことができ、結婚間近となった場合でも、男性の親から反対される場合があります。

特に医師や弁護士など、しっかりとした家系の家柄では、フリーターという職業に不信感を抱かれる場合があります。

その点、正社員女性の方が相手の両親にはしっかりとした良い印象を与えるでしょう。

正社員の男性とフリーター女性では価値観が合わない

フリーター女性の方が労働時間が長いとしても、経済的に男性の方が優位であれば、徐々にお互いの価値観にズレが生じる可能性があります。

正社員の男性は「自分が常におごらないといけない。」「家事は全部してほしい。」と思っているかもしれません。

フリーター女性からすると「自分の方が労働時間は長いのに、彼は家でだらだらしている。」「いつも奢ってもらってる分、文句が言えない。」など、お互いストレスが生じてしまうこともあるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーター女性が結婚するためにはどうしたらいい?

結婚するのに重要なポイントは2点です。

出会いを多くすることと、正社員になって自分の価値を高めることです。

今すぐ結婚したいという方は、この2点のポイントを抑えて行動していきましょう。

若いうちに婚活アプリなどで出会いを増やそう

女性フリーターは歳を重ねるごとに、正社員女性より結婚の条件が不利になっていきます。

30代になってフリーターを継続している女性は、同年代の正社員の女性と比較すると経済力も低いですし、出産後に転職できる幅も狭まります。

それを考慮して、20代の若いうちにいろんな出会いを増やして婚活を行いましょう。

学生時代の友達に紹介してもらったり、マッチングアプリの活用も良いでしょう。

若いうちから出会いを増やすことで、将来有望な結婚相手に出会える可能性も上がります。

正社員になって最高の結婚相手を見つけよう

正社員になると自然と出会いは増えます。

しかも、フリーターとして働く環境よりも、周りの経済レベルは高くなります。

また自分自身の貯蓄が増えるので、結婚資金をためることもできます。

休日に習い事をしたり、ボーナスでお洒落な服を買って自分磨きをするのも良いでしょう。

自分の貯蓄に余裕があると、素敵な出会いがあるまで結婚相手を妥協せずに済みますし、選択肢も広がります。

自分の年収があがると、今まで高望みだと思われていた理想の男性と近づくハードルも低くなるでしょう。

結婚はゴールではない!結婚後の生活を考えよう

フリーターから抜け出したいあまり、妥協して結婚して数年後離婚してしまっては意味がありません。

しかもそのとき自分に職歴がない状態で、幼い子どもを育てなければいけないとなると、再就職はかなり厳しいです。

もし結婚前に正社員として働き、そのまま継続していれば出産時に産休育休を取得することができます。

もし復帰できずに退職をしたとしても、再就職する際、職歴のある方が断然有利です。

現実的に結婚後の生活まで考えると、正社員を一度経験しておくことのメリットは大きいです。

結婚して今のフリーター生活を終えるつもりなのであれば、一度正社員になってから結婚する方があなたの人生には大きなプラスとなります。

\就職に不安を抱えているなら/

正社員になって幸せな結婚生活をおくろう!

20代での結婚を目指すために、20代のうちに正社員への転職することはとても大事です。

正社員になると、職場や仕事関連での出会いが格段に増えます。

結婚後の将来も安心できます。

穏やかな家庭を築くために、お金の余裕は不可欠です。

「この子と結婚したら、素敵な家庭が出来そうだな。」と男性に思ってもらえるように自分磨きをしましょう。

転職活動のスタートとして、社内結婚が多い企業や業種などで自分の興味ある業界に絞るのも良いかもしれません。

久しぶりの転職で何から始めたら良いかわからない、という方はまず20代向けの転職エージェントで相談してみましょう。

素敵な結婚相手と幸せな結婚生活を送るために、今のフリーター生活から一歩動き出しましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ