女性フリーター

実家暮らしの30代フリーター女性の現実。結婚や就職はできるのか?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターで生活して、もうすぐ30代になるけど、このままで結婚できるのかな

実家暮らしで30代のフリーター女性として生きてけるの? 将来ずっとフリーターだったらどうなるんだろう

フリーターで働いている女性の中には、こんな悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

30代というのは人生の分岐点となる時期です。特に子どもを望んでいる場合など、様々な分かれ道であることは間違いありません。

高田

実は私もフリーターでしたが、正社員になり、現在は契約社員で働いていた女性を正社員へと転職させるカウンセリングや、新卒から職に就くことができなかった女性へアドバイスを行なっています。

そういったすべての方がそうではないですが年齢が30代に近づくにつれ、焦りで空回りしている方も多いです。

しかし、どちらの女性も結果的に職を掴み取ることができています。

もちろん就職ではない道を選択される方もおられるでしょうし、幸せの形は人それぞれです。

ですがいま、あなたがご覧になっているということは、30代の結婚についての現実も知りたいし、実家暮らしの女性フリーターも知りたいということだと思われます。

この記事ではそんな心配を抱えた方のために、

  • 30代フリーター女性はこれからどうなっていくのか
  • 結婚や就職はできるのか
  • どうしていくのが正解なのか

などを解説していきます。

こちらのページだけに書かれている情報も多くありますので、参考にしてください。

高田

30代の女性の不安について正しい知識を持って臨みましょう。

\実家暮らしの30代女性フリーターの将来/

まず、お伝えしたいのは30代を過ぎて「フリーター」で居続けると女性が結婚できる確率はかなり低くなります。なぜなら、男性も昨今、女性に「経済性」を求めており、自立した女性と結婚したいと思うようになってきているからです。

今の時代は「女性が専業主婦になる」という風潮はかなりなくなってきています。

そして今は親がいるので、生活していく分には困らないかもしれませんが、悲しいですが親はいつか必ずいなくなります。そういったときにフリーターという不安定な立場だと今後の生活もかなり怪しくなってきます。

そして、その時、いざ就活を始めてもほとんど手遅れの状態だったという可能性も高いです。

そうならないようにも今のうちに就活をして正社員になっておくのが賢明です。

正社員になれば

  • 経済的安定が得られる
  • 男性との出会いも増える
  • 周りから自立した女性だと思われる

などの将来を明るくするために不安材料を消すことができます。

とはいいつつ30代でフリーターという立場だとその経歴ゆえになかなか企業に採用されないということも十分あり得ます。

そういったハンディキャップを克服するためにも「転職エージェント(就職支援サービス)」に頼るのが一番の方法となります。

転職エージェントとは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職や今後のキャリア相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれるサービスです。

中でも『ジェイック』というサービスはフリーターなどの社会人経験が浅い人を専門に就職支援を行っています。

この『ジェイック』というサービスは

  • 『30代カレッジ』
  • 『女子カレッジ』

などの女性や30代の就職に特化したサービスも展開していますので、30代で初めて就職するという方でも正社員になるチャンスがかなりあります。

逆に言ってしまうと『30代・職歴なし』という経歴で利用できるサービスは『ジェイック』をおいてほかにありません。

実際に私もここを利用して正社員になることができました。『ジェイック』を利用したことが私にとって大きなターニングポイントだったと今では感じています。

このまま実家暮らしのフリーターを続けていても将来への不安は消えることはありませんのでまずは相談からでも始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

実家暮らしの30代女性フリーターの現実

30代の女性フリーターとして生活している人たちは世の中に100万人以上存在しています。

高田

今回は実家暮らしをしている30代女性フリーターが、どんな現実に直面しているのか、どんな悩みを抱えているのかを見ていきましょう。

焦りを感じている

男性でも女性でもそうですが30代ともなってくると、親から「自立しないの?」といわれることが多くあります。

特に女性の場合は、親が老いてくると自分の資金力のなさに不安を覚えるようになるのです。

いままで、あなたを支えていてくれた親はいなくなってしまいます。

30代になった頃には親は早くとも50〜60代になっているため、仕事の退職を考えたり持病や子どもの将来が気になるでしょう。

そんな時に実家に暮らすフリーターは肩身が狭く、親からの小言などにより段々と焦りを感じる回数が増えるのです。

取り残されることへの不安

「晩婚化」というキーワードに聞き覚えはあるでしょうか。

結婚することに対して消極的になっているため、結婚する時期や適齢期が年々後退している現象のことです。

下記の図は男女別の成婚率の割合です。

(参考:内閣府「令和2年版_少子化社会対策白書」)

男女ともに2000年以降になると未婚の人が増えていくことが調査されています。

そして、上記の図から分かるように女性の30〜34歳は30%台の人が未婚の状態です。

およそ10人に3人が結婚せずに取り残されていることになります。

周りの友人たちから招待状が届き、結婚式に呼ばれることもあるでしょう。

結婚式に呼ばれると、友人に「次は○○の番だね」など言われることも大きな悩みのひとつです。

30代は周りが幸せになっていく中で、取り残されることへの不安を抱えていくことになります。

\就職成功率80%以上/

30代女性フリーターは結婚できるのか?

結論から述べると、30代女性フリーターでも結婚することは可能です。

結婚することに悩んでいる、結婚できるのか不安な人にとっては朗報と言えるでしょう。

しかしながら、正社員と比べると驚きの事実が分かります。

高田

まずは、30代女性で初婚の人はどのくらいいるのか一緒に確認してみましょう。

データから見る30代女性の初婚の割合

「年齢なんて関係ない、愛があれば結婚できる」

これはもちろんそうです。

ですが、現実的には30代で初婚の人が、どのくらいいるのかを見ることが大事です。

自分のいまを知ることができ、どんな状態なのか客観的に見ることができます。

下図では「年齢別初婚率」のグラフになります。

(参考:内閣府「令和2年版_少子化社会対策白書」)

男性は30代でも年代ごとの初婚にばらつきは大きくありません。

しかし女性は年々結婚することが難しくなっていることが分かります。

いまは婚姻のピークが25〜29歳ということが客観的に理解できるでしょう。

つまり30代以降になればなるほど、結婚することが難しいのです。

さらに次の項目で正社員とフリーターなどの非正規社員を比較したデータをご紹介します。

正社員と比較すると驚きの事実が見える

正社員とフリーターの違いは、正社員の方がより責任があり仕事の内容も将来を見据えたものになってきます。

そういったしがらみが嫌でフリーターの人も多くいると思います。

しかし、ここでは正社員とフリーターという条件の違いが、結婚することに対してどれだけ影響しているのかを説明します。

こちらは男女別にみた時の就業形態別にみた結婚意欲の状況をグラフにしたものです。

正規というのは「正社員」、非正規というのは「フリーター」と考えてください。

この表からわかるように、結婚意欲があるのは「フリーター」よりも「正社員」であることが分かります。

また、同資料の中に「結婚意欲がある独身者の性、就業形態別にみた交際状況」というグラフもあるのですが、こちらも「正社員」の方が高いことが調査の結果でわかっているのです。

つまり男性も女性も、結婚することに対して前向きなのは「正社員」として働いている人ということになります。

高田

辛い現実ですがフリーターを理由に結婚を考えられない男性も多いのです。

\就職成功率80%以上/

実家暮らしのフリーターを続けるとどうなる?

先にお詫びしますが、実家暮らしが悪いというわけではありません。

しかし、男性からの目線で「実家暮らしの30代のフリーター女性」がどのように見られているのか理解することが今後のあなたにとって大切なことです。

高田

まずは結果的にどんな末路が待っているのか、目を背けたくなる事実をご紹介します。

  • 結婚できない可能性が高くなる
  • 生涯独身を選択した際に生活することが難しい

結婚できない可能性が高くなる

先ほどのグラフからもわかるように、

  • 晩婚化
  • 初婚のピーク
  • 正社員かどうか

など、女性において結婚を早める条件は「年齢」と「正社員」です。

ここでは実家で暮らしている30代フリーターの女性がどのように男性から見られているのかの意見を書き出してみます。

  • 定職についていないため、将来を考えていなさそう。
  • 30代まで実家にいるということは、家事など自立した行動は期待できないだろう
  • 貯金などの金額がすくないし、お金に対してだらしないかもしれない
  • 共働きすることになった時に、対等な関係を築くことができないだろう
  • 自分が倒れてしまった場合、正社員で働いたことのない人では支えきれないだろう

こちらは実際に男性にフリーター女性に対してどう思っているかをアンケートした結果になります。

女性が男性に対して求めることがあるように、男性も女性に対して求めることがあります。

高田

あなたは現在どのように見られているのでしょうか、一度見直してみてください。

生涯独身を選択した際に生活することが難しい

女性の社会進出を考えて、政府は2015年に「女性活躍推進法」を施行しました。

男性のように女性にも仕事に対して活躍の場を作り出し、

  • 積極的に社会進出をしてもらうこと
  • 重要なポストについてもらうこと

などを希望しました。

(参考:男女共同参画局「男女共同参画白書 平成29年版」)

上記のグラフから確かに女性の雇用は増えています。

しかし、問題は「非正規の職員・従業員」の数が多くなっているということです。

つまり生涯独身を選択した際に女性は「正社員」ではなく「フリーター」にならざるを得ない状態にあると言えます。

\就職成功率80%以上/

30代女性フリーターでも就職できる?

ここまでさまざまなデータから30代女性フリーターの人生が難しいことを解説してきました。

実家暮らしで、30代の女性フリーターはもう諦めるしかないの?

そう思っているかもしれませんが、実際は諦める必要は「まったく」ありません。

30代女性でも職歴がフリーターでも、いまから就職することは可能です。

高田

さっそく、逆転するための内容を見ていきましょう。

  • いまが1番若いことを忘れずすぐに就活を始めよう
  • ひとりで悩まないこと
  • 転職エージェントを利用しよう

いまが1番若いことを忘れずすぐに就活を始めよう

良くも悪くも、いままで不安になるようなことを多く話してきました。

それは危機的状況であると言うことを理解していただく必要があったからです。

いまから就活をするべきなのはわかったけど、どうすればいいの?

職歴がフリーターでも、とってくれる場所なんてあるの?

こんな風に思っているからもいると思います。

女性のフリーターがこれから就活を始めると言っても、今までと同じ感覚で進めることは正しい選択とは言えません。

フリーターとしての就職の対策と、正社員になるための就職の対策はまったく別のものだと考えるべきだからです。

つまり、すぐに始めるべきは「正社員に就職するための方法」を知ることです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

ひとりで悩まないこと

こういう時に間違ってしまうのが、ひとりで考えて空回りしてまうことです。

まずは信頼できる家族や友人に相談しても構いません。

実際いまから始めると思うとフリーターから前に進めない場合が多いです。

そういう時は信頼できる人に頼ることを迷う必要はありません。

しかし、その人も「プロではない」ので正しく導いてくれるとは限りません。

あくまで「背中を押してくれる存在」として信頼できる人に相談しましょう。

もし、そういった相談を行うのが恥ずかしいと感じる場合はすぐにでも次の項目へ着手することをおすすめします。

高田

今まで様々な方の就職のサポートをしきた「転職エージェント(就職支援サービス)」を頼りましょう。

転職エージェントを利用しよう

正社員に就職をする方法といっても、いまから就職のための資格をとることや、ひとりで自己分析をするとなると難しかったりやめてしまうことが多いです。

さらにはせっかく時間をかけ、苦労して資格を取得したとしてもそこまで就職活動にあまり有利に働くことはありません。

そういう時のために職業安定所(ハローワーク)や転職エージェントが有効です。

特に、先ほど信頼できる人に相談することも迷ってしまった人は、職業安定所にいくのは逆効果になってしまう可能性が高いです。

どうして職業安定所はだめなの?転職エージェントがいい理由ってなに?

そんな悩みを持っているあなたへ、理由としては以下が挙げられます。

  • 職業安定所などでは、希望を言っても叶わなかったりフリーターから抜け出せない
  • 転職エージェントには未経験やフリーター、30代でも対応可能な転職エージェントがある
  • 転職エージェントでは豊富な転職希望先を提示してもらえる
  • 職業安定所よりサポートが手厚く、正社員の就職対策をしっかりと組むことができる
  • まずはカウンセリングだけなど、相談から始めることができる

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

相談から始めて利用することは話を聞いてからでもいいです。

不安なことをすべて相談することから始めれば、ひとりで悩まずに進むことができます。

ゴールが結婚の人であれば、その可能性を1%でも上げるために就職をするべきでしょう。

また、これから自分の将来を安定的にしていきたい人であれば、ずっとフリーターでいることはマイナスにしかなりません。

大事なことは、いま行動を始めることです。

\就職成功率80%以上/

30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選!この記事では30代フリーターでも使える人気の転職エージェントや就職支援サービス、使い際のポイントや注意点などをここにきてくれたあなただけに解説していきます。...

実家暮らしの30代女性フリーターはここからが始まり!

実家暮らしの30代女性フリーターでいることの焦りや悩みについてお話をしてきました。

30代だからもう遅いと諦めていませんか。

いまから行動を開始すれば、

  1. 貰えるお給料が変わり
  2. 結婚を意識している人へのアプローチにプラスの変化が起こる

ことは明らかです。

あるいはひとりで生きる中で、我慢していたことに挑戦することができるかもしれません。

どちらにしても安定した未来を手にするには、いま行動を始めることです。

就職することでフリーターと全く違う仕事に就くかもしれませんが、それもそれで新しい風を吹き込んでくる良い流れになります。

  • このままフリーターで生活していくことの未来
  • マイナスなままの将来

を比較して想像してみてください。

30代女性も、いまが1番若いことを実感してください。

いますぐ行動することで、この先の未来を変化させることができます。

踏み出すことに不安な気持ちはとてもわかります。そういった方はまずは20代・30代フリーター向けの転職エージェントに相談してみましょう。

30代女性フリーターではまともな職に就くのは難しいと思っているかもしれません。

ですが転職エージェントはその悩みにも対応し、希望の企業への架け橋を用意してくれます。

高田

楽しみな未来を考えて、勢いよく就活を始めてみましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる