ニートの就活

ニートが働きたいけど働けないと感じる理由と3つの対処法とは?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「ニート生活も3年目。本当は働きたいけど、働くのが怖い。」

「こんなニートを雇ってくれるとこなんてないだろうな。」

ニート生活が長くなっている人は、だんだんと働きたいけれど働けないといった状態に追い込まれてしまう可能性が高くなります。

しかも、働きたいけれど働けない理由が自分にとっては大きな壁に感じられて身動きが取れないという人も多いでしょう。

実は、その壁は思い込みや考えすぎといった可能性も往々にしてあります。

私は、これまで就職カウンセラーとして主にニートの皆さんの相談を受け、述べ500名近くの悩みを解決へと導いてまいりました。

その経験から見えてきた、ニートが働きたいけど働けない理由やその解決策をこちらの記事にてご紹介しています。

少しの行動でニート脱却への扉は開きます。

ぜひ参考になさってみてくださいね。

働きたいけど働けないとニートが感じてしまう理由

ニートが働きたいけど働けないと感じる理由は、一つではなく複数あることを理解することは大切です。

理由がわかるとその解決策は自然と見えてくるものです。

中にはわかっているけどその理由を認めたくないと目を伏せている人もあるかもしれません。

しかし、悩んでいるのはあなただけではありません。

多くのニートが同じような理由を抱えているのですから、安心してニート脱出の一歩目として自分と対峙する時間を持ってみましょう。

自信がない

ニートになった理由は人それぞれですが、前職やこれまでの人生における挫折経験が理由となりニートとなったという人も多くあるでしょう。

心の奥底ではなんとか動いて次の仕事を見つけなきゃと思っていても、やはり心に刻まれた傷は大きいと言えます。

さらに、なかなか動けない自分に対して悲しい気持ちや自分を責める気持ちが湧き上がり、なおさらに自信を失っていくという負のループに巻き込まれていくのです。

こうなると、なかなか抜け出せず働きたいけど働けない、働くのが怖いといった現状に陥ってしまいます。

ニートは雇ってもらえないと思っている

特にニート歴が長いという人は、自分の社会経験の乏しさなどを憂いて、こんな自分を雇ってくれる企業はないだろうと思い込んでしまっている節があります。

例えば面接においてニートであったブランク期間を突っ込まれた際に、どんな風に説明すればいいのだろうかと想像すると、ますますニートなんて働けるわけないという概念の迷宮に迷い込んでしまうでしょう。

このようなニート特有のコンプレックスは、ニートの肩に重くのしかかり働きたいけど働けないという現状を作り上げてしまいます。

人付き合いが得意ではない

ニートの中には、もともと人付き合いが得意ではないという人も多くみられます。

さらに、ニート期間中は家にこもっていたり、ひどい人になると自室にこもりきりであるという人も多いでしょう。

そうなると、友人はもちろん家族ともほとんど関わりを持っていないパターンもあり、まさか就職して他人とコミュニケーションをとるなんて想像もつかないという状態にまで陥ることも少なくありません。

また、以前はコミュニケーションがさほど嫌いでもなかったけれど、前職において上司や同僚からのパワハラなどを受け人間関係を構築するのが怖くなったということもあり得ます。

このように一度でも辛い人間関係を体験してしまうと、再び働いても同じことが起こるだろうというトラウマにより働きたいけど働けなくなると言えます。

体力に自信がない

例えば、前職が思い切り体力勝負な仕事だったという人が、自分のキャパ以上の仕事をしてしまい自信を失うというパターンもあります。

1日でバテてしまったり、足腰をやられてしまったというような経験が、結果的に失敗体験として心に残ってしまうのです。

そこまで体力勝負ではない仕事なら難なくこなせた可能性もあるのに、この経験が心の中を支配してしまうと、結果的には働きたいけど働けないという事態を引き起こしてしまいます。

ハードルをあげすぎている

働きたい気持ちは強くあるけど、なんとなく高すぎるハードルの求人ばかりみてしまっていませんか?

これは、自己分析がしっかりできていないことが原因となります。

世の中の目線が気になって、これくらいの仕事をしないと認められないんじゃないかといった不安や、自分の年齢ならこの程度のことをしないとだめだろうなどという勝手な思い込みから、自分の現状よりもかなり高いレベルの求人を見て、その難しさに愕然としてしまうというわけです。

そうなると、チャレンジしてみたい仕事はあれど自分にはやはり働くのは無理だろうという気持ちが訪れ、働けないという結論に至ってしまいます。

\就職に不安を抱えているなら/

働きたいけど働けない…そんな不安を克服するための3つの対処法

就職のプロに相談する

転職エージェントという職業をご存知でしょうか。

彼らは就職や転職のプロとして、働くことに対して自信を失っている人や、どんな仕事が自分に合っているのだろうかと悩んでいる人にとってとても心強い存在となってくれます。

転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けることで、自分自身がどんな不安を抱えているかを明確に知ることができ、その上でどのような強みを持っているかにも気がつくことができます。

そして、カウンセリングの結果をもとにピタリと合った職業や企業を選び紹介してくれるのが転職エージェントなのです。

プロのアドバイザーによって、しっかりと自分を見つめることは不安を克服するための効果的な手段となります。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

働くことに対する見方を変える

ニートの多くの人は、下記のような気持ちを抱えていることを理由に働きたいけど働けないという不安に苛まれています。

  • 仕事は辛い
  • 人間関係は難しい
  • ニートは雇ってもらえるわけない

しかし、これらの気持ちは実は思い過ごしであることがほとんどなのです。

この不安を克服するために必要となってくるのが、思い込みを外すことです。

つまり、働くことに対する見方を少し変換してみるのです。

働くことは本来は充実感にあふれ、人や社会の役にも立ち、そして収入を得ることができます。

これらの達成感は働いているからこそ得られるものなのです。

なかなか一気にこんな気持ちに変換することは難しいでしょうけれど、少しでもそのイメージを持つように心がけていくだけでも、気がつけば不安から脱出しているという状態になる可能性があります。

職業訓練を受けてみる

ニートだけではなく、働き先を見つけたい人にとって役に立つ公的機関がハローワークです。

ハローワークは仕事の斡旋だけでなく、働きたいけど働けない、自分に自信がないといった人のための職業訓練を支援の一つとして行なっています。

例えば、ビジネスマナー講座や各種資格取得を目標とするような講座が用意されています。

職業訓練を受けることで、少しずつ不安を解消し自分のスキルを見つめながら自信を持ち直すことが期待できます。

もちろんあなた以外にも職業訓練を受ける人がいるため、自分だけでなく多くの人たちが自信のない中で頑張っているんだという現実を知ることも、不安を克服するためのきっかけとなるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが働くためには小さな行動からやっていこう

働きたくても働けなかった人が、この先働くことを目指すためには小さな一歩を積み重ねることが確実にニート生活から脱出するための秘訣と言えます。

焦る気持ちに押されてしまって、あまりにも突然に正社員になろうと動き出すような大きな行動をすると、結果的に心が追いつかず再びニートに逆戻りする可能性が高いことが理由に挙げられます。

それでは、どんな行動をしていけばニート脱出に繋がるのでしょうか。

散歩から始めよう

ニートの多くは、家の中にこもりきりでほとんど外へ出ないという生活を送っています。

外界との接触が減れば減るほど、働くことは遠ざかっていきます。

そんな時に、今すぐできる小さな行動として、5分でも10分でもいいから散歩をしてみてください。

散歩がどうして働くことに繋がるのかと疑問に思う人もあるでしょう。

しかし、この小さな行動が非常に大切です。

外の空気を存分に吸い込んで、車の音や人の声、風の音などを聞いてください。

誰もがそれぞれに生きていることに気づき、外の空気に触れることで少し心が軽やかになっていることがわかります。

その一歩が次の一歩を生みます。

家事を手伝ってみよう

家の仕事をこなす家事も立派な社会活動です。

お風呂掃除をしたり、玄関掃除をしたり、洗濯をしてみたり。

どんな小さなことでもいいので、家事を一つやってみましょう。

特に、実家暮らしの人は家族のための行動となりますよね。

この行動が積み重なると、少しずつ家族以外の誰かのため、社会のために動くことができるようになります。

つまり、家事から発展して社会復帰へと進むことができるのです。

バイトをしてみよう

求人を色々みている人ならわかると思いますが、世の中には1日だけのバイトや、期間限定のバイトなど短期で働き、その日に給与がもらえるといった仕事がたくさんあります。

まず、はじめの一歩は1日だけの超ド短期バイトで構いません。

そういったバイトなら、人間関係を気にすることもなく、たとえ完璧な仕事が成し遂げられなかったとしても正社員と比べればそこまで落ち込む必要もありません。

ましてや、うまく1日を乗り越えることができれば、一つの仕事が成功したということになります。

このような小さな成功体験を積み重ねることで、結果的に大きな自信へとつながっていきます。

ここまできたら、もう社会復帰そのものですね。

\就職に不安を抱えているなら/

思い込みループから抜け出して着実な一歩を!

働きたいけど働けなくて悶々と悩んでいた日々。

しかし、思い切って自分の気持ちを分析してみると、実はそれらの不安は単なる思い込みだったとに気づくことがお分かりいただけのではないでしょうか。

とはいえ、一人で自己分析をしてしまうと、ついつい自分の不甲斐なさに落ち込み暗くなってしまって、結局不安のループから抜け出せないものです。

そこで転職エージェントのようなプロに頼ると、冷静に的確に自己分析のサポートをしてくれます。

さらには、就職までの間、専任のアドバイザーがついてくれるため信頼関係が生まれ、あなたを不安の渦から救い出してくれるのです。

初めは転職エージェントに登録することすら緊張する人もあるでしょう。

しかし、その一歩が働くためへの一歩に繋がっていることは間違いありません。

着実な一歩なのです!

ぜひチャレンジすることをおすすめいたします。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ