女性ニート

30代女性ニートの将来と現実。最短で正社員に就職するためには?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「なかなかやる気が起きなくて、気がつけば30代の女ニートになってしまった。」

「この先、私は一体どうなるんだろう。ずっと不安は募ったまま。正社員になった方がいいのかな。」

ズルズルとニート生活を続けた女性にとって、30代という世代に突入することは結構厳しい現実を目の当たりにすることになります。

当然、20代の頃よりも不安は大きくなり、この先の人生に悲観する気持ちもわかります。

私は、キャリアアドバイザーとして述べ300名を超える方々の就活サポートをしてきました。

その中には、ニート生活を長く続けていた女性も多く見られました。

この経験を生かし、30代の女性ニートが生きる現実と将来をまとめています。

ニート生活に悩むあなたは必見です。

30代女性ニートの現実

女性ニートも、30代になってくると20代には感じなかったような辛い現実にぶち当たります。

日々の生活に追われ、未来が見えなくなるため悩みも深刻化するのが30代でしょう。

30代ニートが体験する現実とはどんなものかを確認していきましょう。

結婚が難しい

30代だと中には結婚を考えるような人も増えてくる年代です。

しかし、現実的にニートは結婚が難しいという実情があります。

定職につかない不安定な状態の女性は、なかなか男性からも結婚相手として見てもらえず、たとえ本人同士がそれでもいいと思っていたとしても、両親から反対を受けるということも大いに考えられるのです。

結婚の話題が出るまでは、楽しく恋愛をしていたとしても、30代になりニートという立場が大きな壁として立ちはだかります。

実家に居づらくなってきた

ニートは、実家暮らしだというパターンが多くみられます。

20代のうちは、まだまだ甘くみてもらえたため実家暮らしでニートをしていてもそこまでの居心地の悪さは感じないでしょう。

しかし、30代となると話は変わってきます。

多くの家庭では、働きもせず結婚もしないで、家のこともしない娘が、女性ニートのまま実家で暮らし続けることに対して、家族からは煙たがられるようになるのです。

両親には不安も与えるでしょうし、同級生の結婚の話題などが出てくれば尚のこと家に居づらい状態に追い込まれます。

友人間にもヒビが入り始めた

かつての女友達は、正社員としてバリバリ働き結婚もして、公私ともに充実し始めるのが30代です。

キャリアも積んでいますから、当然ですが収入もニートの女性とは雲泥の差。

若い頃は気にかけてくれていた友人も、住む世界が違いすぎてついには話題にすら出なくなり、すっかり忘れられた存在となってしまいかねません。

そのままニートでいるとどうなるか?

30代で女性ニートという立場は、かなり厳しい現実があるのとともに、このままニートを続ければさらなる辛い未来が待っているのは確かです。

もしもニートを続けた場合、どのような結果が待ち受けているのかを見ていきましょう。

就職ができなくなる

そもそも20代に比べ30代の就活は難しくなっていきます。

しかも、何年もニートを続けてきた女性は経験値も低ければ、スキルもありません。

30代の女性ニートは、一般的な角度から見れば年齢の割に社会経験が少ないという風にとらえられ、就職においても非常に厳しいけっかと

もしこの先社会復帰がしたいと思ったとしても、一筋縄では行かなくなってしまう可能性があります。

両親が老いていく

20代の頃はまだ両親も若く、自分がニートをして家に引きこもっていても生活に何の師匠もないということがほとんどです。

しかし、自分が30代になれば両親も等しく歳をとっていきます。

定年を迎え年金暮らしをする親もあるでしょうし、体調を損ねて入院するということだってあり得るのです。

そうなると、自分だけ家の中でただゴロゴロと日々を送っているわけには行かなくなります。

むしろ、若手としてしっかりと働き収入を得て家族を支えなければならなくなるのです。

また女性ならば、料理や洗濯など家事を任されることも増えていくでしょう。

これまで金銭面も生活面もサポートしてくれていた両親が老いていくことは、合わせて将来の不安が降りかかってくることにもつながります。

体力が落ちていく

20代と違い、30代は体力やホルモンバランスが少しずつ変化していきます。

特に女性の場合は顕著で、ホルモンバランスの乱れなどでますます不調な日が増えるという人もあるでしょう。

しっかりと普段から正社員として働き、規則正しい生活をしていればバランスも取れるでしょうけれど、ニートのように不規則な生活をしていると体力や体調を維持することが困難になり始めるのです。

精神的にも追い込まれる

20代にはなかった環境や体の変化が起こり始めると、次に追い込まれるのは精神です。

人と接することも少なかったニートですから、相談する相手もいないままに、ただただ不安に苛まれてしまう可能性があります。

外にも出ず家の中でぐるぐると訪れる不安を眺めているだけの日々は、かなりきついものがります。

考えなくてもいい不安までにも目が行き、結果的には精神を壊してしまうということもあり得るのです。

30代女性ニートは人生諦めるべきか?

焦る気持ちはあるけれど、なかなか勇気が出ずに結局何年も引きこもり生活。

そんな暮らしはあまりにも不安で、お先真っ暗だと考えている30代の女性ニートも多いのではないでしょうか。

しかし、30代の女性ニートだからといって人生を諦める必要どこにもありません。

誰だって、いつだってやり直しは効くのです。

人生諦めるべきなんて誰が決めた?

一般的な考え方や見方から、30代の女性ニートは人生を諦めるべきだと思っているとしたらそれは大きな誤解です。

小さな視野だけで見ていると、世間的な考え方だけに目が行きだんだんとニートである自分の人生に希望が持てなくなるのもわかります。

しかし、世界はとても広く考え方もどんどんと柔軟になってきています。

自分の人生は自分のものであり、誰かと比べるようなものではないし、他人のものさしで図られるようなものでもありません。

人生を諦めなければならないと思い込んでいるのは自分自身ではないでしょうか。

視野はいつでも広く持っておくことをオススメします。

ピンチはチャンス!

ニート生活に憂いて人生を諦めるべきだろうかと考えている人は、ピンチはチャンスと言う言葉を思い出してみてください。

どん底に見えるこの現実を逆手に取ってみると、誰もが体験できるわけではない出来事から大きな学びを得るチャンスでもあるのです。

そう考えると、このチャンスを生かさずに人生を諦めるなんて、とてももったいない気がしてきますよね。

ぜひ、ニート生活で得た教訓をこれから先の人生に生かしていきましょう。

まだまだ働ける可能性は十分にある!

30代だし女性だからもう就職もできないだろうという観点から、人生を諦めるべきなのではと考えている人もあるでしょう。

しかし、まだまだ30代ですから就職できるチャンスは十分にあります。

安心して就活を始めることをオススメします。

30代女性ニートは資格を取ってから就活するべき?

職歴の無いニートとしては、少しでもスキルをつけて就職を有利にしたいと思う気持ちもわかります。

実際のところ資格を取ってから就活をする方がいいのでしょうか?

資格を取ることについての実情をしっかりと把握してから行動することが大切です。

時間がかかる

それなりの資格を取ろうと思うと、数日で取れるわけでは無いことを肝に命じておかねばなりません。

場合によっては、合格までに何年もかけて勉強をしなければならない資格だってあるのです。

そもそもニートは、就活に対してのスタートが随分遅れている現状にあります。

その上30代女性となると、時間のかかる資格を取るよりも今すぐにでも就活をした方が得策とも言えるでしょう。

お金がかかる

資格を取るのには時間もかかればお金もかかります。

受験のためのお金だけではなく、それまでに使う資料やテキストなどにもたくさんの費用がかかるのです。

さらに言うと、資格を取ってから就職をしようと考えている人は、受かるまでの生活費だって必要になってくるのです。

今すぐに就活をし始めればすぐにお金が手に入るようになることを考えると、資格取得にかけるお金がどれだけ無駄になるかがわかりますよね。

誰もが同じことを考えている

就職のために資格を取ろうと考えている人は自分だけではありません。

当然、多くの人が同じことを考えて資格取得を狙っています。

と言うことは、資格を持っていたところで付加価値が上がることがなくなるわけです。

つまり、就職において資格が有利になることはあまり無いと言うことに繋がります。

働きながらでも資格は取れる

職種によっては、未経験のまま就職して働きながら資格を取ることも可能です。

どんな仕事を選ぶかにもよりますが、結果的に仕事をしながら取得できるとすれば、就活前に資格を取ろうと躍起になるのは非常に無駄な行為と言えます。

30代女性ニートからでも就職しやすい仕事とは

いざ就職をしようと思っても、30代の女性ニートを雇ってくれるような職種がわからなくてなかなか動けないでいる人もあるでしょう。

確かに、妊娠や出産、ホルモンバランスなど男性よりも様々なライフイベントや体調のことが関わってくる女性は選べる仕事も限られてくるという現実はあります。

しかし、30代の女性を重宝するような職種もあるのです。

もちろん、資格も必要なく未経験でもOKな仕事ばかりです。

そういった職種をピックアップしていますので、就活の参考になさってみてください。

事務職

女性に人気のある仕事の一つが事務職です。

事務職の仕事内容は様々で、書類の作成や整理、電話対応、来客対応などが挙げられます。

また、一般事務、営業事務など企業によって求められる仕事内容は変わってくるのも特徴ですから、就活時にはどんな事務内容かを確認することが大切です。

とは言え、基本的には学歴も必要ありませんから誰でもできる仕事でもあります。

細やかな作業や、サポートをすることが得意な人にオススメな仕事と言えるでしょう。

介護職

慢性的な人手不足を抱えているのが介護職です。

そのため未経験の人でも比較的簡単に採用をしてもられる可能性があります。

要介護者を抱えるなどの実働も多くあるため、ある程度の体力が必要となりますが、女性ならではの面倒見の良さは介護職に必要な要素と言えます。

また、就職した後に資格試験を受けることができるのもこの仕事のメリットでしょう。

人生の先輩たちとの会話を楽しめる人は、やりがいを感じられる仕事になります。

接客業

人と話すことが苦ではない人にオススメの仕事です。

こちらも人手不足が理由で就職のハードルが低い業種の一つと言えます

アパレルショップなどをイメージする人も多いと思いますが、美術館の案内役やホテルのフロント、受付業務などなどそのジャンルは幅が広いです。

落ち着いた30代女性が選ばれる現場も多くあるのが特徴といえます。

基本的にはマニュアルがあることが多いため、覚えてしまえば意外と簡単な仕事でもあります。

営業職

意外とコミュニケーションを取るのが好きだと言う人にオススメの職種です。

営業職を必要としている企業は多岐にわたり、商品やサービスを販売するものもあれば、ルート営業といって取引先を回って御用聞きをするものもあります。

女性ならではの気配りが営業職にも功を奏すでしょう。

入社後は、先輩のルートについて回って知識や経験を得ることができますから、未経験でも十分に仕事をすることができます。

清掃業

主婦の再就職などでも人気があり、中途採用も多い職種です。

主に、オフィスビルや商業施設などが現場になることが多く、ほとんど他人と接することもないためコミュニケーションが苦手な人にオススメです。

特に高度なスキルを求められることもなく単純作業ではありますが、綺麗ずきで几帳面な女性にも大変向いている仕事と言えるでしょう。

製造業

単純作業が得意な人にオススメの仕事です。

多くの場合が工場勤務となります。

工場勤務といえば男性をイメージする人もあるでしょう。

しかし、細やかなパーツを作る業務や、梱包業など女性ならではの細やかな感性が活かせる職場も多くみられます。

日本自体、製造業が盛んな国でもあり求人も豊富で安定している仕事と言う点も特徴でしょう。

倉庫作業員

ネット通販が盛んとなった昨今人気が出てきている仕事です。

流通の拠点となる地域にて募集が多くみられます。

仕事内容としては、倉庫内で商品の整理や検品をするといったもの。

女性ならではの細やかさや気配りも大いに生かされる職業と言えます。

コールセンター

室内で座りながらできる仕事のため、体力のない女性にも向いている仕事と言えます。

クレーム処理や質問への回答といった仕事ないよですから、一見面倒に感じてしまいますが、マニュアルがしっかりと完備されているため意外と問題なく仕事ができるといった特徴があります。

これから最短で正社員になるには?

そもそも就活に関してはかなり遅れをとっている30代女性ニートですから、とにかく時間がありません。

今すぐに行動をして即座に就活をすることが大切ですが、出来るだけ効率よく正社員になれれる方法があれば助かりますよね。

その方法はただ一つ転職エージェントを活用することです。

それではなぜ、転職エージェントが最短で正社員になれる方法なのかをご紹介しましょう。

専任のアドバイザーによるサポート

転職エージェントの一番の魅力は、専任のアドバイザーがついてくれる点にあります。

登録から内定まで同じ人が担当してくれるため、引き継ぎなどでブレることなく就職までスムーズに導いてくれます。

丁寧な自己分析が受けられる

30代までニートを続けていると、一体自分が何をしたいと思っているのかを見いだすことが非常に難しくなっています。

また、自分の長所や得意なこと、弱みといった部分すら見失っているパターンも多くみられます。

そんな中、就職のプロの目線で自己分析を受けることで抜かりなく自分自身の深いところまで見ることができるのです。

マッチした企業へと繋いでくれる

30代の就職において何より大切なのは、続けられる職に就くことです。

転職エージェントでは自己分析で得られた結果をもとに、できる限りマッチした企業を繋いでくれるというメリットもあります。

例えば、自分一人で就活をするとなると結局マッチしない企業に就職してしまい、すぐに辞めてしまうこともあり得ます。

そういった無駄な就活をしないためにも、転職エージェントは非常に助けになる存在と言えるのです。

面接対策もバッチリ

ニートにとっても就活の最大の難関が面接です。

せっかく面接までたどり着いても、実力が出せずに不採用となってしまっては元も子もありません。

転職エージェントではニートでも面接にしっかりと対応できるように、面接対策を行ってくれます。

ニートだからといって卑屈にならず、堂々と面接を受けてスムーズに内定を得られるようになります。

https://syu-katsugura.com/job-search-services-and-agents-for-neets-in-their-30s/

これからでも遅くない!いますぐに行動して速攻正社員になろう!

30代女性ニートの就活において、スピードはいかに大切がお分りいただけたかと思います。

最短で就職をするためにも、自分一人で無駄な時間やお金をかけて就活をすることは辞めて、今すぐに転職エージェントを活用することが得策と言えるのです。

転職エージェントを利用すると、スピーディーで正確な就活に感動すること間違いなしです。

そして、晴れてニートを脱出し正社員として新たな人生を歩む時がやってきます。

まさしく第二の人生といっても過言ではないでしょう。

近い将来「あの時人生を諦めなくてよかった」とつぶやいている自分の姿がイメージでき流のではないでしょうか。

ぜひ、就活への行動を進めていってください。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる