女性フリーター

女はフリーターでも大丈夫という考えは少し甘いかもしれない話

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「女はフリーターでも大丈夫っていうし、このままフリーターを続けていようかな」

「フリーターと言えども、女なんだしいずれは結婚して家庭に入るから大丈夫だよね」

そう思っていても、心の中では将来に漠然とした不安を抱えていませんか。

私も過去に在学中就活せずにフリーターになり、宙ぶらりんな状態で働いていました。

大丈夫です。

完璧な人生設計を立てて生活してる人なんて、そう多くはいません。

フリーター生活を脱するチャンスは十分にあります。

この記事では、これからどうすべきかを考えるきっかけを提示していきたいと思います。

「女はフリーターでも大丈夫」と言われるのはなぜ?

なぜ女はフリーターでも大丈夫と言われるのでしょうか?

まず女性に限らず20代前半というのは、周りとさほど差がついておらず、正社員とフリーターの違いに気が付きにくいものです。

一緒に話していても同じような仕事の愚痴話で盛り上がることが出来るでしょう。

下記は厚生労働省の個人調査(平成30年若年者雇用実態調査)によるデータをグラフにしたものです。

男性は年齢が上がるにつれ正社員の割合が増えていきます。

(引用:平成30年若年者雇用実態調査の概況>1 現在の就業状況

反対に女性を見ると20歳からどんどん非正規雇用が増え、30代前半には正社員の数を抜いてます。

これは同棲や結婚により、正社員だった方がパートへ切り替えた、というものが分かりやすく可視化されていますね。

主たる生計者が男性で、女性は扶養に入るかパートで家計を支えているのでしょう。

もしくは実家に帰って両親の手伝いをしながら働いているのかもしれませんね。

そもそも男性より女性の方が非正規雇用の割合がどの年齢でも大きい傾向にあります。

女でフリーターは自分だけじゃない?

一口にフリーターと言っても様々な生活スタイルがありますよね。

働きながら恋人を探し、結婚をゴールに考える方。

体力がありいくつもバイトをかけもちし、要領よくコツコツ働きながら貯蓄を増やす方。

その日暮らしのようにのんびりフリーター生活を謳歌する方。

バイト仲間と遊んだり、友人と買い物へ出かけたり、時には公共料金の支払いに追われたり。

周囲を見ても女性のフリーター(パート)が多いので、フリーター生活を続けていてもあまり違和感を感じにくいのです。

「じゃあ特別大変なわけじゃないじゃん。」

このように他の女性が大丈夫なのであれば自分もフリーターで大丈夫、という考えになってもおかしくはありません。

自分だけがイレギュラーではないのですから。

\就職に不安を抱えているなら/

その考え、少し危険かもしれません。

正社員ゆえの重い責任もなく、ある意味一番自由で楽しい時間を過ごしているでしょう。

しかしそこが罠なのです。

ズルズルとフリーター生活を引きずった結果、自分ではなく周りの環境が変わってきます。

早々に正社員になった友人はどんどん昇給し、ボーナスで大きな買い物をしたり、ちょっと前なら行かなかった高級ビュッフェに行ったり、高い化粧品を使うようになったり……。

フリーターの自分には出来ないことを楽しみ始めるでしょう。

その時思うのは「あ、自分ってちょっと惨めだな。」ということです。

待っているのは周りとの「格差」です。

フリーターでも同じバイト先に在籍していれば昇給はするかもしれませんが、それも雀の涙ほど。

あっという間に開いた「格差」が目に見えて分かるようになります。

「格差」を目の当たりにした時、焦りは少しづつ、確実に膨らんでいきます。

周りに合わせようと無理な出費をすれば、貯蓄は増えるどころかじりじりと減っていきます。

よく聞く話は結婚式ラッシュのご祝儀問題です。

フリーターのお給料はあくまで自分の生活を支えるので手一杯。

その上何万もの出費がいくつも重なったりしたら……想像するのも怖いですよね。

「格差」は金銭だけではない

会社員とフリーター、働いていること以外に共通点がありません。

「それがどうかしたの?」と思うかもしれませんが、昇進した友人に話題を合わせられる程、自分の立場は高くないのです。

会社のシステムがどうとか、新入社員への指導がどうとか、自分が未体験で想像もできない話題を振られたとき、フリーターのあなたはどう返せばいいのでしょうか。

趣味が共通ならまだしも、昔のように「上司が~」「お客さんが~」と仕事の愚痴で笑いあってた友人とは同じようには盛り上がれないでしょう。

それが原因で疎遠になったりしたら悲しいですよね。

「私は結婚するから!」と考えている方

少し冷静になって考えてみてほしいです。

現状身近にいるのは同じく低所得のフリーターの男性ばかりですよ。

バイトの合間に出会いの場を自ら探して積極的に動くことになります。

こんなはずじゃなかったのに!と思ったところで手遅れ……なんてことになったら目も当てられません。

「売れ残り」なんて失礼極まりないレッテルを貼り付けられることも少なくありません。

その他にも病気を患い入院したり、急な引っ越しが発生したりなど、万が一に備えるという意味でも貯蓄は本当に大事なのです。

なので、女だからフリーターでも大丈夫!なんてことは一切ありません。

これほどまでに格差が大きくなって取り返しがつかなく前に、手を打ちましょう!

\就職に不安を抱えているなら/

大丈夫じゃないならどうするべき?

何をするにもまず行動が早ければ早いほどチャンスはめぐってきます。

惨めな思いをする前に、脱フリーターを目指しましょう。

「そう言われても何から始めればいいのかわからない……」

「そもそも何を用意すればいいの?」

「バイトしながらでも出来るものなの?」

「はっきり言って就活は面倒!」

実際、就活に疲れたり、面接に落ちて自信を無くしたり、余裕がなくなってしまった末にフリーターになってしまった方がたくさんいる世の中です。

ですから、しっかり準備してから就活に挑み、確実に正社員の座を取りに行きます。

まず「プロ」へ相談をしましょう。

就活の第一歩として、就活の「プロ」に相談することがなにより大事になってきます。

一人で闇雲に就活をして失敗してしまったら、心が折れてしまうかもしれません。

ハローワークや転職エージェントを利用し、担当者とともに二人三脚で自分の目指したい正社員へのビジョンを固めていきましょう。

特に転職エージェントは20代向け、キャリアを積みたい方向け、もちろん女性の方向け等のカテゴリごとに存在するのでオススメです。

面接ではなく担当者との面談となるので、親身になって現状を聞いてくれることが最大のメリットです。

自分の苦手な分野、未経験の業種、そしてこれからどうなりたいのかを話しましょう。

そこから自分にあった企業を紹介してくれます。

就活に自信がなくとも、履歴書についての相談や、面接対策なども行ってくれます。

これを利用しない手はないでしょう。

会社に就職し職歴を作る、という意味でも正社員になることは非常に有利なのです。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

とにかくやるなら「今」です!

20代から人生を謳歌したいのであれば、フリーターであるよりも断然正社員になった方が良いのは目に見えています。

「今」この瞬間が一番若くチャンスにあふれているのです。

周囲との「格差」に怯える前に先手を打ちましょう。

その一手は必ずあなたを明るい未来に導いてくれます。

20代でじゃんじゃん稼いで、どんどん貯蓄も増やしましょう。

フリーターでしか出来なかった事よりも、正社員として働いて得るもの・出来る事は比較にならないほど大きなものです。

結婚して子供が出来たら育休が使用できます。

真面目に頑張ればボーナスが発生して好きなことに利用できます。

有給を利用すれば遊びながらもお給料が発生します。

もし自分には合わない会社であって辞めてしまっても、それは「職歴」となり転職活動に有利に働きます。

これらはフリーターでは成しえないものです。

この記事があなたの未来を変える小さな一歩になることを願っています。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ