フリーターの生活

辛い…フリーターが惨めで情けないと現実を感じる7つの瞬間

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターだけど最近なんかすごく惨めに感じる…

フリーターを続けていくのがつらい…この情けない現実から抜け出すにはどうしたらいいんだろう…

と悩んではいませんか?

学生時代、就職活動をしてなんとか内定はもらえたもののその企業は超どブラック。

早々と退職はしたが次の就職先が見つからずとりあえずのフリーターでもう数年…。

どんどん周りに年下が増えていき、惨めな思いはしてませんか?

サイト管理人

私も大学を2留した挙句中退してフリーターになっていたことがありますので気持ちは痛いほどわかります。でもそんな私でもホワイト企業の正社員になって惨めで情けない現実から抜け出すことができたので大丈夫です!

この記事では

  • フリーターが惨めに感じる瞬間
  • なぜフリーターは情けないと思われるのか
  • そんな辛い現実から抜け出すにはどうすればいいのか

などを私の経験をもとにご紹介していきたいと思います。

\辛い現実から抜け出すには/

フリーターの惨めで情けない生活から抜け出すには正社員になることが一番の近道です。

正社員になれば、給料も安定し、周りからの信頼も得られます。そこからスキルアップしていけば将来的に独立することも可能です。

もし「正社員にどうやってなればいいかわからない」「ブラック企業に就職してしまうのが不安」という人はフリーター向けの転職サービス『ジェイック』を利用しましょう。

ジェイックは今まで23000名以上のフリーターを就職成功させてきており、なおかつブラック企業を徹底排除しているので今からでも優良企業の正社員になることが十分に可能です。

ちなみに私もここを使って正社員になることができました。まずは相談してみて、情けないフリーター生活から堂々とした正社員の第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\60秒で簡単登録『ジェイック』/

フリーターの時に惨めで情けないと感じた7つの瞬間

サイト管理人

フリーターだったころ私が経験した「惨め」「辛い」「情けない」と感じた7つの瞬間を紹介します。

  • 最初は自分が年下の立場、今はもう逆転。
  • 年下社員にこき使われる
  • 20代も後半に差し掛かり、もう後がないと枕を濡らす
  • 生活がままならない
  • 自由なようで自由がない
  • 経験が役に立たない
  • 友達と疎遠になっていく

今ではこれを懐かしいなぁと感じながら笑い話として受け止められますが、当時の私はそんな余裕がありませんでした。

この中で一つでも体験した方も多いのではないでしょうか。

今は惨めで情けない思いをしていてもいつか笑い話として話せる日が必ず来ますから安心してくださいね。

最初は自分が年下の立場、今はもう逆転

早期に退職したおかげで入ったアルバイト先はみんな年上の先輩ばかり。

最初は

まだまだ若いから大丈夫だよ!

と持て囃されていたものの今は立場が逆転。

後輩たちは学生ばかりでキラキラしており、話についていけなかったこともあります。

サイト管理人

就活をして無事内定が決まり、卒業していく後輩たちを見守っては心の中では焦りを感じている部分もありました。

なんとか周りには明るく振る舞っていましたが、正直、後輩を将来が輝いていて羨ましいと嫉妬に似た惨めな感情を持ったこともあります。

そうこうしているうちに年下のアルバイトがどんどん増えていき、なんだか今では若干煙たがられているかもしれない…という情けない思いもありました。

年下社員にこき使われる

年齢も重ねてくるとアルバイト先に新しく配属されてくる社員も年下ということが増えていきます。

年齢的には年下ですが、立場的には社員の方が上なので指示には従わなければなりません。

サイト管理人

こっちの方がこの職場で働いている年数は長いのに何も知らない年下の社員にいろいろとこき使われるのは苦痛でもありました。

しかも、やり方が間違っているのにも関わらず指示をこなさなければならないのでモヤモヤした気持ちで働かなければならないこともありました。

さらには世間的にも正社員である以上、フリーターより信用があるので

当時の自分

この年下の社員よりも劣っているのか俺は・・・

と劣等感にもさいなまれることもありました。

20代も後半に差し掛かり、もう後がないと枕を濡らす

まだまだ自分は若いから大丈夫だと楽観的に構えてはいたもののすっかり月日が過ぎもう20代後半になる…。

なにも代り映えしない毎日でただただ機械的で退屈な毎日を過ごすだけでした。

ただただ漠然とした不安と焦りを感じながらも自分の中で

当時の自分

まだ、大丈夫だ。

と言い聞かせていたものの気づけば20代後半に差し掛かり

当時の自分

もう駄目なんじゃないか

と思い始めたこともあります。

そんな心の声を当初は無視していましたが、いつしか

当時の自分

こんなはずじゃなかった…

と夜一人になる時に、枕を濡らしていたこともあります。

サイト管理人

自分には「将来がない」「どうすればいいのか」という漠然とした不安を抱えながら生きていくのはつらかったですね。

生活がままならない

フリーターとして居酒屋でアルバイトしていた時は当時時給1000円で働いていました。

しかし週5日で8時間近く働いとしても月給が16万円程度です。

そこから家賃や光熱費、スマホ代、保険料などを払っていたら手元にはほとんど残りませんでした。

贅沢もできず、趣味もお金のかからないスマホゲームばかりで質素な生活を送っていましたね。

飲み会や旅行なんてもってのほか、行けたとしても旅先ではお金のことを気にしてあまり楽しめず、惨めな思いをするばかりでした。

サイト管理人

いつもギリギリな生活を続けていていつお金が無くなるかわからない恐怖でつらい毎日を過ごしていました。

自由なようで自由がない

フリーターは一般的に見たら時間的に制約がなく、自由であるように見えます。

しかし実際には自由かというとそうでもありません。

なぜかというとフリーターは働かなければ給料が入ってこないからです。

自分が休んだ分だけ給料は減っていくので、自由を求めると生活ができなくなってしまいます。

アルバイトという安い賃金では正社員並みかそれ以上に働かなければ生活を維持できる分を稼げません。

私の場合は、時給が1000円でしたので1日8時間を週5日働くのが生活できる最低限の労働時間でした。

もし、これ以上を求めるとそれ以上働かなければならないのでフリーターは自由と思われつつも実際には自由なんてものはほとんどないのです。

サイト管理人

フリーターだった立場からすると休みが保証されていて給料もボーナスも出る正社員の方がよっぽど自由に感じました。

経験が役に立たない

フリーターはアルバイトです。

従って責任のある仕事は一切任せられませんので毎日単調な仕事をたんたんとこなしていました。

責任のない仕事というのは、つまり誰でもこなせる仕事

のことです。

誰でもこなせるということはその後の経験として全く役に立ちません。

サイト管理人

今考えれば凄くもったいないことをしていたなと思っていますが、当時はほとんど思考停止状態でアルバイトをしていたので貴重な時間を無駄に使っていました。

友達と疎遠になっていく

学生時代の友達はみんな正社員としてバリバリ働いていました。

最初の内は大丈夫だったのですが年齢も重ねて仕事にも慣れてくると話す内容が仕事の話や将来の話に変わっていきます。

そうするとフリーターである私はどんどん話についていけなくなって、輝いている友達とフリーターとして生活している自分を比較するようになってしまって劣等感が大きくなっていってしまいました。

サイト管理人

結果、あまり友達と遊んでいても楽しくなく気まずくなっていく一方だったのであまり連絡を取らなくなって疎遠になっていきました。

あまり人と関わりたくないという気持ちも大きくなっていき趣味も一人でできるものが多くなっていって人とかかわるのを避けるようになってしまいました…。

サイト管理人

今ではまた友達とよく連絡を取るようになっているのですがその当時の自分を友達は「なんだか卑屈な感じがして絡みづらかった」と言っていましたね。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターはなぜ情けないと思われてしまうのか?

フリーターは自分自身で惨めで辛いと思うだけでなく周りからも「情けない」と思われてしまいがちです。

なぜそんなにフリーターに対する世間の風当たりは強いのかを紹介していきます。

  • 生活レベルが変わらない
  • 社会的信用がない
  • 責任感がないと思われている
  • 貯金ができないと思われている
  • その日暮らしでふらふらしていると思われている
  • 就職ができないと思われている

生活レベルが変わらない

正社員の給料は年々、上がっていきそれに比例して生活水準もあがっていきますがフリーターの場合は昇給しても100円か200円程度ですので、ほとんど給料があがりません。

出典:厚生労働省(平成30年賃金構造基本統計調査

こちらは厚生労働省が調査したフリーターと正社員の年収の格差になります。

ご覧の通り正社員は年齢を重ねるにつれぐんぐんと給料があがっていきますが、フリーターはほとんど変わっていません。

50歳になると

  • 正社員は439万9千円
  • フリーターは237万2千円

約200万円以上も給料に差が出てしまいます。

そして最終的に貰える生涯賃金の差は

6000万~1億円以上

も違ってきてしまうんです。

正社員になって給料があがっていけば

  • 結婚

などで生活のレベルもどんどん上がっていきますが、フリーターは今の暮らしを一生続けなければならないのです。

サイト管理人

フリーターの収入について詳しくは「フリーターの方が稼げるから勝ち組か?いやいやむしろ負け組かも…」で解説しています。

社会的信用がない

フリーターには安定した収入がないとみなされるので社会的信用がありません。

正社員と違って何の補償もなくいつ解雇されるかわからないのです。

ですので

  • 住宅や自動車などのローンを組むこと
  • クレジットカードなど金融に関するもの

厳しい審査があるのでフリーターとなると落とされる確率が高くなってきます。

アパートやマンション借りるときの賃貸契約も親が保証人になってくれれば、結んでくれますが親が仕事を引退し収入がなくなった時は自分にある程度の貯蓄がないと借りることができなくなります。

サイト管理人

つまり高価な買い物をするときは現金で支払わなければなりません。

責任感がないと思われている

フリーターは社会的信用もなければ社会的責任もありません。

アルバイトは誰でもこなせる責任のない仕事で、もし仕事でミスをしたとしても全ての責任は正社員が持つことになっています。

つまり、いつ辞めてもらっても構わないということなのです。

辞めたところでさしたる影響がない仕事をしているということで

きっと責任感もないんだな

と周りから思われている可能性も高いです。

自分では

一生懸命やっている

と思っていても世間の目からすると

所詮はアルバイト

と思われてしまいます。

サイト管理人

残酷ですが、現実はそのような目で見ている人も多いのです。

貯金ができないと思われている

フリーターの平均の月収は約17万円程度と言われています。

その中から生活費を差し引くとほとんど貯金をすることができなくなってしまいます。

ここでフリーターの支出を見てみましょう。

支出金額
健康保険料や各種税金3万円
家賃7万円
水道光熱費1万円
食費3万円
通信費1万円
支出合計15万円

これは住んでいる地域や人によって違いますが、ざっと平均的に計算するとこのくらいの支出が毎月かかってきます。

大体残るお金は1~2万円程度と雀の涙ほどです。

この中から交際費や趣味などにお金を使ってしまったら貯金なんてとてもじゃありませんができません。

サイト管理人

実際私もフリーター時代は生活するだけで一杯一杯でほとんど貯金ができていませんでした。フリーターの生活の現状については「フリーターは生活できない?!できるけどかなりきついかもしれない…。」で詳しく解説していますので興味があればご覧ください。

その日暮らしでふらふらしていると思われている

フリーターは基本的に生活に安定感がありません。

安定感もなければ夢もなく目標もなくただふらふらと生活しているだけだと思われがちです。

たしかに夢を追ってフリーターになる人はたくさんいますが、そのようになんとなくフリーターになったという人も多いのも事実です。

毎日を自堕落に過ごしてその日暮らしで計画性もない人間

だというイメージがついてしまっているのです。

就職ができないと思われている

フリーターは就職はできないと思われてしまっています。

サイト管理人

一度レールを外れてしまった人は元に戻るのが大変だというイメージは誰にでもあるのではないでしょうか。

しかしそれはただのイメージに過ぎず、実際には思っているよりも簡単に正社員に就職することができます。

サイト管理人

事実、私も大学2留、そして中退してフリーターというなかなかひどい経歴をもっていますが、ちゃんとホワイト企業の正社員に就職することができました。

就活に苦労していたり、なかなか正社員に就職できない人たちは就活のやり方が間違っているのかもしれません。

正しい就活のやり方を学び、コツを掴めば誰でも正社員に就職することができます。

サイト管理人

フリーターの正しい就活方法については「フリーターの就活方法。はじめ方や効率の良いやり方を徹底解説!」にて解説しています。少しでも就活に意欲が湧いてきたのなら一度読んでみてください。

\就職に不安を抱えているなら/

惨めで辛い現実から抜け出す3つの方法

ここではそんな惨めな生活や情けないフリーターから抜け出すための考え方や行動を3つご紹介します。

まず前提としてお伝えしたいのは夢や目標を持ったほうがいいということです。

夢や目標ができれば計画を立てて希望を持って行動することになるので今までただだらだらと過ごしていた毎日が一変します。

サイト管理人

しかしそんな簡単に夢や目標なんて持てないですよね。

だからこそまず第一にしたほうがいいことは正社員に就職することです。

正社員に就職することで、仕事に責任感が出て毎日にメリハリがつきます。

そして責任のある仕事をこなしていくうちに自分の将来の目標や夢が自然と思いついてきます。

私もフリーター時代だった頃はなにも目標や夢もなく過ごしていたのですが、正社員として就職して、やりたいことや叶えたいものが見つかり今もそれに向かって日々精進しています。

もし、

なにかを変えたい

こんな生活嫌だ

という人は参考にしてみてください。

とにかく一歩を踏み出す

とにかくなんでもいいから行動して一歩を踏み出してみるということです。

フリーターだから俺はもう駄目だ…

諦めてしまい、なにもしないことが一番いけません。

なにか行動してみることで変わることは必ずあるはずです。

今は時期じゃない

気分が乗らない

といって先延ばししていると掴めるチャンスも掴めるチャンスも掴めなくなってしまいます。

早く始めれば始めるほど就職しやすい

ちなみに就活に関しても早めに始めることが一番の近道になっています。

こちらの表は労働政策研究・研修機構が調査したフリーターの期間と就職率の関係です。

見てわかる通り、フリーターの期間が長ければ長いほど就職するのが難しくなってしまいます。

サイト管理人

ですのでまずはその第一歩を早めに踏み出すことから始めましょう。

逆算思考で考える

自分がいつまでにどうなっていたいか

期限を決めて考えることが重要です。

期限を決めずに就活をすると

まぁ今度でいっか!

行動を先延ばしにしたり、だらだらと就活をして結局、就職できないなんてこともあります。

就活をすると決めたら

~月までには絶対就職するぞ!

と考えることで計画が立てやすくなります。

サイト管理人

その期限までに就職するにはどう行動していくべきかを考えましょう。

転職エージェントに頼ってみる

転職エージェントとはあなたの就活を1から10までマンツーマンで徹底的にサポートしてくれる就職支援サービスです。

サイト管理人

就活となると自己分析やら自己PRやら、面接やら・・・とやることがたくさんありますよね。

というか

就活ってどうやるの?

と思っている人も多いはず。

サイト管理人

私も一切就活のやり方も知りませんでした。

そこで頼ったのが転職エージェントです。

転職エージェントはそんな就活の

  1. やり方や流れという基礎の基礎から
  2. 内定を獲得するまで

プロの就職アドバイザーがあなたについてサポートしてくれるのです。

これほど頼もしいところはありませんよね。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

惨めで辛い生活から抜け出そう!

フリーターのままだとこの先、一生、辛くて情けない生活を送らなければなりません。

もし、あなたが少しでも

この現実をどうにかしたい

と思っているなら一度、就職して職歴を付けましょう。

職歴を付け、スキルさえ身につけることができたらあとはあなたの力量次第で自由な生活ができます。

そのためにはまず、先ほど紹介した転職エージェントを頼ってみるところから始めましょう。

特に『ジェイック』という転職サービスはフリーターの就職率が81%というな数字を挙げているフリーターから好評な転職エージェントです。

フリーターに特化して就活支援を行っているのでフリーターでもここを使えば、ほぼほぼ就職することができます。

サイト管理人

私もここを使って1ヶ月で就職することができました。今は独立して仕事をしていますが。

利用料金は完全無料ですのでまずはここに気軽に相談してみて始めの第一歩を踏みだしてみませんか?

あなたが輝かしい人生を送るための一助となれたら幸いです。

\60秒で簡単登録『ジェイック』/

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ