フリーターの生活

フリーターは生活できない?!できるけどかなりきついかもしれない…。

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターは生活できない?できるけどかなりきついかもしれない…。

「フリーター生活も3年目に突入。初めの頃は実家暮らしだったけど、一人暮らしを始めて、生活がきつくなってきた。」

「このままだと来年くらいは生活できないかもしれない。。」

気ままなフリーター暮らしは楽しいけれど、一人暮らしとなるとだんだんきつくなってきますよね。

生活できないかもしれないという不安にも苛まれることも多いでしょう。

私は、キャリアカウンセラーとして主にフリーターの就活をサポートしています。

フリーターの厳しい生活を目の当たりにする中で得た情報をもとに、フリーターの生活についてまとめてみました。

今現在、フリーターとして生活できないかもしれないと感じている人は必見です。

フリーターは生活できない?

実際のところ、フリーターとして生活していくのは非常に厳しいものがあります。

特に、一人暮らしをしているフリーターは家賃もかかってきますし、生活費を踏まえると一般的に家賃の3倍は収入が必要です。

フリーターの収入はどれくらい?

フリーターが生活できるかどうかを見るために、そもそもの収入を考えてみましょう。

時給1000円・8時間労働・週5日勤務の場合

しっかり働くフリーターで上記のようなシフトになるでしょう。

ここまで働こうと思うと、フルタイムでびっしりバイトに入るか、短時間のバイトを掛け持ちするなど相当頑張らないといけません。

この場合の収入を計算してみると次の通りになります。

1,000円×8時間×20日間160,000円

ここから国民健康保険と国民年金を引いたらどうなるでしょう。

国民健康保険は所得や自治体によっても異なりますが大体12,000円くらい、国民年金は基本的に掛け金が決まっているため、16,000円程度です。

これらを収入から引いてみると、手取りはしっかり働いている人でも132,000円程度になってしまうことになります。

フリーターの支出を考えてみる

実際生活をしていくとなると、一般的に下記の費用がかかってきます。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 交通費

当然ですが、これらの費用を全て収入の中で賄っていかなければなりません。

首都圏で暮らそうと思うと、家賃だけでも収入の大半を使ってしまうことになるでしょう。

これに加えて、交際費やイレギュラーな病院費、冠婚葬祭費なども掛かってきます。

生活できないわけではないが・・

これらの収入と支出を踏まえると、なんとか生活はできなくはないけれどギリギリであることは間違いありません。

少しでもゆとりある生活をしようと思うと、家賃をやすくするために駅から遠い家に住むとか、食費を考えるなど、何かを切り詰める必要が出てくることも否めません。

とはいえ、切り詰める生活をいつまでも続けるのは非常にきつい状態だといえます。

また、フリーターの場合ほとんどの人が時給計算で給料をもらっていますから、体調を崩すようなことが起こり1日でも仕事を休めば、一気に収入は減ってしまいます。

たった1日仕事を休むだけでも生活に影響するような状態ですから、かなり厳しいことがわかるのではないでしょうか。

さらに言うと、この状態で貯金をしていくことは不可能に近いと言えます。

また、若いうちはまだ頑張れますが、年齢を重ねれば休むことも増え、仕事も減っていく可能性も高くなります。

そうなった時には、もはや生活できない状態に追い込まれると言っても過言ではありません。

実家暮らしでも安心はできない

フリーターの中には実家暮らしをしている人も多いでしょう。

親が若いうちは、自分の生活費も賄ってくれて食費や家賃もかからないため、不自由なく暮らすことができます。

しかし、親はいつまでも若いわけではありません。

あなたが歳をとるのと同時に、親もどんどんと老けていくのです。

若い頃は親も働いていたけれど、親にも定年が訪れます。

そんな中、親の年金をあてにして生きていく事がいつまでできるでしょうか。

場合によっては、親が入院をしたり早くに亡くなる可能性も視野に入れておかなければなりません。

そうするとむしろ、自分が必死に働いて親をサポートしていかなければならい可能性があるのです。

そうなったときに、フリーターの状態で生活できるかというと、なかなか厳しいものがあるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーター生活がきついと感じる瞬間

フリーター生活をしていると、楽しい時は自由に過ごせるので生活のきつさに気がつかないと言うこともあるでしょう

しかし、ふとした瞬間に生活がきついと感じる瞬間が訪れます。

体調不良でも仕事を休めない時

フリーターは基本的に収入も低く、時間給で働いているため有給休暇がありません。

貯蓄でもあれば別ですが、ほとんどの場合はギリギリの状態で暮らしているため1日でも休むと致命的になってしまいます。

とはいえ、体調が悪くなる時は誰だってありますよね。

無理してバイトを掛け持ちしたり、連勤で働いていたりすると疲れが溜まっていきなり調子を損ねることも起こりかねません。

それでも欠勤することに恐怖感を感じているフリーターですから、この先大きな病気をしたり怪我に見舞われたりしたらどうしようと不安になるでしょう。

冠婚葬祭に呼ばれた時

20代を超えると、冠婚葬祭の招待を受けることも増えていきます。

例えば結婚式に呼ばれると、ご祝儀の他にも交通費や宿泊費、二次会への参加費だけではなく衣装代までかかってきます。

一人くらいならばいいですが、何人も続いたりすると非常にきつい状態になっていきます。

欠席することも増え、もはや呼んでほしくないと思うこともあるでしょう。

フリーター仲間の解雇を目の当たりにした時

現在は景気がいい時代とは言い切れません。

そんなか企業の経営が悪化した場合、一番先に切り詰められるのは人件費です。

当然正社員よりもアルバイトの方が先に首を切られるのは目に見えています。

しかも、解雇の日は突然やってきます。

昨日まで一緒に働いていたアルバイト仲間が解雇されたなんて話聞いたら、いやでも現実を思い知らされます。

いつ自分の番になるかとヒヤヒヤしながら働くのは非常にきつい状態と言えるでしょう。

周りの友人と比べた時

20代前半の頃は、なんの不安も感じずにフリーターをしていた人でも、20代後半になってくるとだんだんきつさを感じてきます。

その理由が、周りの友人との格差を感じるためです。

多くの友人は正社員としてバリバリ働き、収入もあり貯蓄もしている様子を見て、20代前半には意識していなかった生活の差に気づき始めるのです。

すると、友人ともステイタスが合わなくなり、結果的には距離が開いてしまうようなことも起こります。

年齢を重ねた時

フリーター生活も30代、40代に突入していくとだんだんとフリーターのきつさが増していきます。

体力的な問題もそうですし、金銭的にも周囲の友人とは明らかな差が開いていることも原因となります。

また、20代の頃はいくらでもあったバイトが、30代を超えた頃から選択肢が狭まっていきます。

まさしく、食いぶちをなくすと言うような状態に陥りますので、非常にきつい現実が待ち構えていると言えます。

借金をした時

人生は何が起こるかわかりません。

バイトに入れる日数がいきなり減ることもあるでしょう。

そうなると途端に生活がきつくなるのがフリーターの悲しい現実です。

なんとか暮らしを回していくためにも、不本意ながらキャッシングやローンを組まなければならないことも起こらないとは言い切れません。

ふと気がつくと、数十万、数百万という借金を抱えてしまうことも起こり得るのです。

そうなると実際フリーターの収入では到底暮らしていくことができない状態に陥ります。

もちろんここまでの借金をしなくても、フリーターの一人暮らしにはお金の悩みはつきものです。

貯金を切り崩す時

フリーターの収入をなんとかやりくりして貯金をしてきたとしても、病気や冠婚葬祭など様々な理由で貯金を切り崩さなければならない時も訪れます。

とにかく切り詰めて貯めてきたお金を、仕方なく切り崩すというのは非常に辛いことです。

\就職に不安を抱えているなら/

厳しい生活から脱出するためには

フリーターとしての未来に悲観し、きつい生活からいますぐ脱出したいという気持ちが沸いたらチャンスです。

今すぐに脱出するための行動を起こすことをおすすめします。

起業してみる

最近は会社を立ち上げるのもハードルが低くなっています。

フリーターの中には、意外と野心を持っている人もあるでしょう。

そういう人は、長いフリーター生活で培った知識や経験を生かして、事業を立ち上げ会社を設立するのも一つの手段です。

とは言え、起業するとなると営業活動から経理、法務など様々な業務をしていかなければなりません。

その覚悟を決めた上で動くことが大切です。

フリーランスになる

プログラミングやデザインなどクリエイティブな才能に長けている人はフリーランスになるのもいいでしょう。

最近はソーシャルワーキングサイトも多くありますから、フリーターをしながら少しずつ実績を積み、スライド式にフリーランスへと移行するという方法も一つの手段です。

正社員になる

きつい生活から脱出するための方法として一番おすすめなのが正社員として就職することです。

そして、正社員を目指すなら、出来るだけ早い段階で行動を移す方が得策です。

なぜなら、フリーター期間が長ければ長いほど、フリーターから正社員への就職難易度が上がっていくからです。

正社員になるには転職エージェントがおススメ!

転職エージェントでは就職のプロが就活のサポートをしてくれます。

フリーター歴の長い人にとって、新たに正社員に向けて就活をすることは非常にハードルが高いことです。

場合によっては就活に対して悶々と悩み、金銭的どころか精神的にもきつい状況に陥りかねません。

そんな状況で一人での就活は、効率が悪く的外れな企業に就職してしまう可能性も大いにあり得ます。

そこで、転職エージェントを利用すると、専任のアドバイザーが担当してくれるため二人三脚での就活をすることができます。

もちろんフリーターならではの悩みにもしっかりと向き合ってくれます。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターを脱出して、きつい生活とはサヨナラしよう!

フリーター生活がきついことは、フリーターのあなたこそが一番よく知っているのではないでしょうか。

このまま同じ生活を続けていても、きつい生活は変わらないどころか悪化する可能性も十分にあります。

そんな人生を選ぶか、思い切って転職エージェントを活用してゆとりある生活を選ぶかはあなた次第でもあります。

ちょっとの行動で、日々に追われるような生活から脱出できるのです。

生活できないかもしれないフリーターの将来を想像すると、動かない手はありませんよね。

いち早く安定した生活を手に入れるためにも、ぜひ動き始めてみませんか?

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ