フリーターの生活

フリーターの実家暮らしはやばい?【精神的に自律しているなら大丈夫】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

大学卒業して2年経つけれども、まだ実家暮らしのフリーター。このままでいいのかな?

今はフリーターで悠々自適な実家暮らしだけれども、こんな自分ってやばいのかな?

こんな悩みを抱えているフリーターの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

森本

私も同じような経験があり、結局、正社員に転職して一人暮らしを始めましたが今になって考えると、実家暮らしが全て悪いわけではないけれども、あのままでいたらやばいことになっていたかなと思います。

この記事では

  • フリーターの実家暮らしは本当にやばいのか
  • このままでいたら最終的にどうなるのか

について説明します。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

実家暮らしのフリーターのメリット

実家暮らしのフリーターにはもちろんメリットもあります。

森本

金銭、時間、精神の3つの角度から確認していきます。

  • お金にはゆとりがある
  • 時間的余裕がある
  • 孤独になることはない

お金にはゆとりがある

そもそも実家暮らしのフリーターの場合、家賃を払う必要もなく食費もそこまで必要ありません。

つまり、金銭的な悩みは一人暮らしのフリーターよりも少なく、場合によっては正社員で働く人よりもゆとりがあると言えます。

しかも、ほぼ家にいるということになれば貯金もそこそこ溜まっているという人も多くあるのです。

金銭的角度からみれば、両親に甘えることができるフリーターは十分豊かに生きることができるでしょう。

時間的余裕がある

時間的な角度から見ても、正社員でバリバリ働いている人や、結婚して家庭を持っている人よりも余裕がある場合がほとんどです。

その反面、周りの友人の多くは自由な時間が少ないため、あなたの相手をしてくれる機会が減ります。

学生時代なら、みんな時間があったのでいつものメンツが集まるという毎日でしたが、徐々に集まる人が少なくなり、結局一人で家で過ごすことが増えたというケースも往々にして存在します。

森本

正社員として働いていれば、仕事の付き合いなどで人とのコミュニケーションを取ることが必須となりますが、フリーターならばそこまでのコミュニケーション能力も必要ありません。

孤独になることはない

フリーターになり、家にこもることが増えて人との関わりが減っていくと引きこもりになりやすいという現実は否めません。

そして、一人でいることの孤独や先の見えない焦燥感に追い込まれて、精神的に潰れてしまうとうつ病になりかねないのです。

しかし、精神的に自立ができており、孤独に対しても耐性があったりむしろ人と関わらない方が自分を保てるという人や、フリーターという無力感や焦燥感に苛まれないような人なら、フリーターで実家暮らしはかなり恵まれた状態だと言えるでしょう。

実家暮らしのフリーターはやばいのか?

あなたが実家暮らしのフリーターがやばいと感じるのにはいくつか理由があるのでしょう。

森本

実際、私も同じように感じていたのでその理由はわかります。

そこで、なぜ実家暮らしのフリーターがやばいのかについて説明します。

  • 実家の家族に生活のことをやってもらうため生活力がない
  • 収入を上げようという意欲がなくなり、ずっとフリーターのまま
  • 精神面と経済面で自律しているなら大丈夫

実家の家族に生活のことをやってもらうため生活力がない

実家暮らしをしていると身の回りの生活のことは家族、特に母親がやってくれることが多いですよね。

母親が毎日3食の食事を用意してくれて、自分の洗濯物も母親が家族の分をまとめて洗濯して畳んでくれる等、学校は卒業しているけれども、学生の頃と変わらず家族が生活のことをなんでもやってくれている。

大人になると自分で家事をこなす人が増えていきますが、この状態が続くと、自分のことは自分でやろうという気持ちがなくなっていき、家族に任せっきりになってしまいます。

そうなると、自分から行動しようという意欲がなく、消極的になっていき、自分で生きていくために必要な生活力がなくなります。

収入を上げようという意欲がなくなり、ずっとフリーターのまま

学校を卒業した後も実家暮らしが続くと、実家の家族が学生の時と変わらず、金銭面で援助しやすい環境になりやすいです。

家族の金銭面の援助の例としてこのような場面が挙げられます。

  • 学生の時と変わらず両親が家族全員分の食費を負担しているから、自分は食費を支払っていない
  • 一軒家に暮らしているので家賃が払ったことがない、または、両親が家賃を払ってくれているので自分は払っていない
  • 携帯電話の料金は家族が全員分まとめて支払ってくれているので自分は払っていない
  • 洗濯物は家族全員分の洗濯されるので自分は洗濯洗剤は家族のお金で買っている

このような状態が続くと、自分にかかっている生活費も家族が支払ってくれるため、収入を向上させなくてはならないという危機感が薄れていきます。

そうなると、このままの収入でも良いと満足してしまい、ずっとフリーターのままです。

精神面と経済面で自律しているなら大丈夫?

実家暮らしでフリーターだとしても全ての人がやばいというわけではありません。

実家暮らしのフリーターでも自分の身の回りのことをやろうとしている人はいますし、自分にかかる生活費を家族に渡している人はいます。

このような人は自分のことは生活力がありますし、金銭面でも家族に援助してもらおうという気持ちはないため、今の自分の収入に対する危機感も感じることもあるでしょう。

家族にやってもらおうと依存せず金銭面でも自分の生活費は自分で負担しようという意識を持っていれば、やばい人と見なされることはないでしょう。

\就職成功率80%以上/

実家暮らしのフリーターは世間からどう思われている?

精神的に強い人にとって、実家暮らしのフリーターはある意味最高です。

とは言え、世間からはあまりいい印象を持たれていないということは知っておく必要があります。

  • 甘えだと見られがち
  • 親に頼りきっていると見られる
  • 将来性がない
  • 職場では印象が悪い
  • 異性から結婚相手として見られない

甘えだと見られがち

だいぶ柔軟性を持ち始めた日本社会ですが、まだまだ社会人ならば自立して働くべきという考え方が主流となっています。

フリーターはニートと違って、アルバイトで生計を立てるというのがベースにあります。

実は一生懸命働いて稼いでいたとしても、正社員ではないフリーターという立場にあるだけで親に甘え、自分にも甘えて生きていると見られがちなのです。

正社員としてやりたくもない仕事をし我慢しながら人付き合いをしている人から見れば、フリーターなんて甘いと思われるのも無理はないでしょう。

親に頼りきっていると見られる

フリーターといえども、実際うまく資産運用をして一般的な社会人より稼いでいる人も多くいます。

そういう人は実家にもお金を入れ、フリーターながら自立して生活をしていることがほとんどでしょう。

しかし、フリーターで実家暮らしというだけで世間の人は親に頼りきっているのだろうという偏見を持ってしまいがちです。

多くの人がフリーターに対して家賃も払わず食費も親が払い、バイト以外は家で寝ているかゲームをしているという印象を抱いているためです。

またフリーターだと保険もききませんから、親の扶養に入っているという形も親に頼っていると見られる原因になります。

将来性がない

フリーターというと毎日がその日暮らしで日々生活することに追われていたり、だらだらとなんとなく1日を過ごしているという印象があります。

本人的には実家暮らしのフリーターをしながら、少しずつ貯金をし将来の計画を立てていたとしても、世間から見ると将来設計もせずに、何かに追われることもなく、のうのうと生きているというようなレッテルを貼られてしまう可能性が高くなります。

職場では印象が悪い

職場というのはお金を稼ぐ場所であり、いかにして利益を出すかを考えて行動する場所です。

自分で利益を出す手段を考えられる人は職場でも評価されて重宝されますが、自分で考られず「甘えている人」は評価が低く冷遇されることもあります。

実家暮らしのフリーターは精神的に自律できていないため、稼ぐ手段を自分で考えられないと思われがちです。

また、金銭的にも自分で稼ごうという意欲がない人が多いため、職場に利益をもたらす存在ではないと思われます。

森本

そのため職場ではフリーターの実家暮らしと聞くだけで印象が悪いのです。

異性から結婚相手として見られない

結婚して将来子どもが生まれると、家計の支出も増えるのは至極当然のことです。

(参考:厚生労働省「令和元年国民生活基礎調査」)

平成26年から平成30年の時点で「児童のいる世帯」の平均所得金額は700万円台をキープしています。

700万円台というのは会社員として働き続けている人が昇給を経て、やっと支給されるようになったくらいの金額でしょう。

そのため、人は配偶者の条件として少しでも所得の高い異性を求め、特に女性は子どもを産み育てるためその傾向が強いです。

結婚後も昇給が見込めないフリーターは、子どもが産まれた後の所得にも不安があることから異性から結婚相手の対象になりづらいです。

また、結婚生活では家事等の生活に関することは自分たち夫婦で協力してやっていかなければなりません。

そのため、男女ともに生活力のある異性を結婚相手として求めますが、実家暮らしだと生活力がないというイメージを抱かれやすいため、結婚相手としてみられない傾向があります。

\就職成功率80%以上/

フリーターが実家暮らしを続けていると最終的にどうなる?

実家暮らしをしながらのフリーター生活が続くと、この先一体どうなるんだろうかという不安はつきものですよね。

実際、今現在が何不自由ない暮らしだとしても、この状態が永遠に続くわけではないことは知っておく必要があります。

  • 結婚できなくなる
  • 親が亡くなった時が問題
  • 老後の生活に影響がある

結婚できなくなる

上述しましたがフリーターは正社員よりもモテないという傾向にあります。

特に男性の場合、しっかりと収入があり安定していることが結婚の条件になることも多いですし、また、彼女がいる人でもフリーターというだけで彼女の両親から結婚を反対される可能性もかなり高いといえます。

また、実家に引きこもっているフリーターの場合、人との出会いも極端に少ない状態にありますから、新たな出会いを求めるのは非常に難しいです。

森本

結婚願望のない人なら問題ありませんが、いずれは結婚したいなと考えている人にとっては、フリーター脱出も計画しておく必要があります。

親が亡くなった時が問題

今は親も若く元気で食費のことはもちろん、家のことも全般的に親がしてくれているというフリーターも多いでしょう。

しかし、親が亡くなった時のことを考えたことがあるでしょうか。

それまで、頼りきりだった生活のこと、お金のことが一気に自分にのしかかってきます。

そうなって初めて、いかに自分が実家に頼りきっていたかを知ることになるのです。

もちろん、実家暮らしのフリーターをしながらも家のことをきちんとしてきたという人なら対処できることもありますが、家事などもせずにほぼ自室にこもっていたというケースならば、かなりの痛手を被ることになります。

親はずっといるわけではないということを心に置いて、今後の自分の身の振りを考えるのも大切です。

老後の生活に影響がある

多くのフリーターは厚生年金はもちろん、国民年金も滞納したり払っていないというケースに当てはまるのではないでしょうか。

日本の高齢者のほとんどは年金暮らしをしています。

まだ若いと言っても、月日はあっという間に流れて年金を受け取る年齢になるのです。

そうなった時に、年金がもらえないとなったらどうでしょうか。

親が資産家で遺産が多くあるとか、実はフリーターをしながらコツコツと貯金をしてきたという人ならいいですが、なかなかそんなパターンは少ないでしょう。

フリーターとして働けるうちは良くても、働けなくなった時にどうやって暮らしていくのかという問題は長い期間あなたにつきまとうのです。

\就職成功率80%以上/

将来のことを考えると、フリーター脱出が得策!

フリーターで実家暮らしだとしても、精神的にタフで自立していれば若いうちはなんの問題もありません。

しかし、歳を重ねていくうちに問題が出ることは否めないのです。

そのことを踏まえると、フリーターから脱している方が得策だともいえます。

とはいえ、なかなか正社員にはなれないし、どんな仕事をしたらいいのかわからない人も多いでしょう。

そこで頼りになるのが、就職のプロである転職エージェント(就職支援サービス)なのです。

将来も見据えつつ、長く続けられる仕事をあなたの特性も踏まえて紹介してくれます。

すぐにフリーターを脱しないにしても、今から少しずつ相談しておくのもいいでしょう。

森本

長い人生が、豊かなものになるようにプロに頼るのも一つの作戦です。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる