フリーターの生活

フリーターを抜け出したい?抜け出せない原因と抜け出すための5つの方法

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

すぐにでもフリーターから抜け出したいのに、なかなか行動に移せず抜け出せない

就活頑張っているけどなかなか内定が決まらない…フリーターから抜け出すには、どうすればいいんだろう

抜け出したいと思っても抜け出せない、先の見えない未来はとても不安になりますよね。

サイト管理人

その気持ちはよくわかります。実際私もなかなか抜け出せず困っていました。しかしフリーターの現実を知って焦るようになり行動し、無事フリーターを抜け出すことに成功しました。

でもそこは決してあきらめないでください。私も最初から順調に就職活動が進んだわけではありません。

そこで今回はフリーターを抜け出したいけどなかなか抜け出せないあなたのために前半で

  • フリーターを抜け出したいけど行動に移せず抜け出せない原因
  • 行動に移すためにはどうすればいいか

そして後半で、

  • 就活を始めたはいいけど内定が決まらずなかなか抜け出せない人の特徴と対処策
  • フリーターからスムーズに正社員になるためのコツ

を紹介していきます。この記事を読み終えて、行動すればきっとあなた1ヶ月後にはフリーターを抜け出すことができるでしょう。

\今すぐ抜け出したいなら!/

この記事はかなり長いので結論を先に言うとフリーターを今すぐ抜け出すには「転職エージェント」を利用することが一番の近道です。

転職エージェントでは

  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 内定獲得後のフォロー

など就活の全てをマンツーマンでアドバイスしてくれます。その中でも『ジェイック』という転職エージェントは

  • フリーターに特化したサービスを提供し15年以上
  • これまで23000名以上のフリーターの就職を支援
  • フリーター歓迎の優良企業の求人を豊富に所有

などフリーターに対してかなり手厚いサポートを行ってくれます。ちなみに私もここで就職を決めることができました。

相談からでも始められるので、まずは気軽に利用してみてフリーターを抜け出す第一歩を踏み出してみませんか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

Contents
  1. フリーターをなかなか抜け出せない原因とは?
  2. 抜け出したい理由をもう一度考え危機感を持とう
  3. 行動に落とし込むための方法とは
  4. 就活を頑張っているけどなかなか抜け出せない人の特徴とは
  5. フリーターを抜け出すための5つの秘訣
  6. フリーターを抜け出すために就活で意識すること
  7. 1か月以内にフリーターを抜け出すためのたった一つの方法
  8. 転職エージェントを利用してフリーターを抜け出そう

フリーターをなかなか抜け出せない原因とは?

フリーターを抜け出す決意をして

よし!抜け出そう!

と思っても、つい後回しにしたりしてなかなか行動に移せず時間だけが過ぎてしまったりしてしまいますよね。

また、せっかく就活を始めたとしてもなかなか内定がもらえず、やる気がなくなってしまうパターンもあります。

そんな人には共通の特徴や原因があります。

  • 就活の仕方がわからない
  • バイト先の居心地がいい
  • やりたい仕事がない
  • 危機感がない

当てはまっている方も多いのではないでしょうか。

就活の仕方がわからない

フリーターは学生と違い基本的には一人で行わなければなりません。

周りに同じ就活仲間もいなければそれを相談できる相手もいないのでどうやって就活を進めていけばいいのかわからない人が多数です。

一人で行う場合アドバイスしてくれる人もいないのでブラック企業や自分に合わない会社に入る可能性が高くなります。

それが嫌だったり、億劫だったりしてなかなか行動に移せないこともあるのではないでしょうか。

\就活のやり方を教えてくれる/

バイト先の居心地がいい

長くアルバイトをしていると仕事も覚えていき周りの社員や後輩からも頼られ

俺がいないとこの職場はまわっていかない

と思ってしまい抜け出したいけど抜け出せなくなってしまうことです。

しかし、現実は違います。アルバイトは末端の仕事しか任せられないので代わりはいくらでもいます。

だからアルバイトなのです。

もし、あなたが本当に必要な存在ならばそのバイト先の正社員になっているはずです。

サイト管理人

また、今のアルバイト先から正社員を狙おうとする人もいますが、それは難易度が高く、なれなかったときのリスクが大きいのでやめておいた方が賢明です。

やりたい仕事がない

やりたい仕事がないんだよね…

という理由から、フリーターを抜け出せない人もいます。

しかし、世の中、最初からやりたい仕事を見つけて一本道でその仕事に就いている人はほとんどいません。

仕事の経験を通じて本当に自分のやりたいこと、人生を通じて達成したいことがわかってきます。

そしてわかってきたころには、あなたにはやりたい仕事をするだけのスキルが身についています。

また最初は全く興味がなかった仕事でもやっていくうちに好きな仕事に変わっていくことは往々にしてあります。

サイト管理人

私もITエンジニアとして就職しましたが、最初は全く興味がありませんでした。やっていくうちにだんだんと興味が湧いてきて、それに比例して、スキルも身についてきました。今ではそこで得た経験とスキルを掛け合わせて自分で会社をやっています。

自信がない

学歴がない、就活で失敗してしまった経験から自信を失くしてしまった人が多く、フリーターから抜け出せない原因にもなります。

自信がない、というのは転職だけでなく人生においても不利になってしまいます。

私も長らく大学を中退し、高卒のコンプレックスが原因で、自信を持つことができませんでした。

それ故に就活を始めようと思っても

内定が決まらなかったらどうしよう…

きっとやってもうまくいかない…

と疑心暗鬼になってしまい、なかなか動き出せなくなってしまいます。

また、周囲の人と比べてしまい自信を失っている人もいます。

サイト管理人

しかし、動き出せばなんとなるものです。私は大学を2留して、結局大学中退したという結構ひどい経歴を持っていますが、ちゃんと就職が決まりましたので自信を持ってください。

危機感がない

フリーターは20代のうちは危機感を感じることは少ないでしょう。

なぜならそこまで周りとの格差がないからです。

そこでフリーターと正社員の月収の格差を見てみましょう。

年齢フリーター正社員
20歳~24歳17万3,400円20万円
25歳~29歳19万2,400円24万円
30歳~34歳20万600円28万円
35歳~39歳20万4,800円32万円

20~29歳の間はあまりフリーターと正社員の差がありません。

30代、40代になってくると正社員との格差も開き始め、危機感を覚え始めてきます。

しかし、30代、40代になってから行動を始めても遅い危険があります。

なぜなら30歳を過ぎると求人が大幅に減るからです。

30歳を過ぎてようやく正社員への道を歩こうと思ってもその時には抜け出そうとしても抜け出せない環境になっているのです。

\就職成功率80%以上/

抜け出したい理由をもう一度考え危機感を持とう

フリーターから抜け出そうとする前に、今一度、抜け出したい理由を考えてみましょう。

ここは行動する意欲を出すための大事なフェーズです。

サイト管理人

これから話すことは当時の私ももちろんですが、多くのフリーターの方が悩まれている不安の種になります。主に

  • 生活がきつい
  • 周りから冷たい視線を浴びる
  • 恋愛や結婚がしにくい
  • 友だちと話が合わなくなってくる
  • 将来がない

などのことでフリーターを抜け出したいと思うようになるようです。

生活がきつい

フリーターは基本的に生活が厳しいです。

なぜかというとフリーターの時給1000円で8時間週5日働いたとしても月収16万円にしかなりません。

そこから各種税金、国民年金、保険料が合わせて約4万円、さらには家賃5万円、食費3万円、スマホやPCなどの通信費が1.5万円とすると残ったお金は2.5万円程度にしかなりません。

そこから貯金をして…となると趣味や交際費に使うお金はかなり限られてきます。

どれだけ節約できるか、どれだけ働けるかはあなた次第ですが、その部分を
頑張ったとしても手元に残るお金には限界があります。

さらにフリーターは基本的に給料があがらないので30代、40代になっても抜け出すことはできず同じ生活を続けることを覚悟しなければなりません。

周りから冷たい視線を浴びる

フリーターは社会的信用も低く、世間体からのイメージも悪いので周りから

いい年こいてフリーターか

あの先輩、フリーターやってて将来とかあんのかな

と周りから後ろ指を刺されてしまう可能性があります。

自分の信念に従って夢や目標を‘‘本気‘‘で追いかけてる人は別ですがそうではない場合、ふらふらしてるイメージを持たれてしまうことは致し方ないことでしょう。

\就職に不安があるなら/

恋愛や結婚がしにくい

フリーターは将来性が低く経済的安定もありません。

そのような男性にはあまり女性が惹かれることはありません。

女性は安心感を与えてくれ、相手との将来を考えられる男性に惹かれますのでどちらも持っていないフリーターが女性に好意を持たれるということは少ないでしょう。

結婚にもかなり費用がかかってきます。

  • 結婚式自体に平均で350万円
  • その他費用に150万円程度。

さらに子供を作るとなると教育費等が上乗せしてかかってくるのでかなり厳しいものとなると思います。

人間、性格や中身が大切だし!

と思うかもしれません。

しかし、夢や目標もなく、将来をまじめに考えていないフリーター(あくまでもそういうイメージを持たれているということです)のどこに女性が惹かれるでしょうか。

サイト管理人

フリーター男性に対して女性がどう思っているか直接聞いてみた結果が「フリーターとは付き合えない?!女性の本音を聞いてみた!」に載っていますので気になる方はご覧ください(ただし、かなりシビアな意見もありますので閲覧注意です)。

女性も油断できない

女性だったら大丈夫かな…

と思っている女性フリーターの方もいるかもしれませんが、今の時代、フリーター女性も結婚が危うい可能性があります。

昔は女性は家庭に入ってもらえれば、フリーターでいようが構わなかったのですが今の時代の男性は「女性も働いて経済的支援をしてほしい」と思っているという共働きの考え方が主流になっています。

そのため、パートナーがフリーターだった場合、付き合うまでは問題はないと思いますが、結婚の話になると露骨に避けられてしまうという事態が出てくるかもしれません。

出典「WebマガジンNOEL

こちらは実際に男性に「フリーター女性との結婚はどう思うか」をアンケートした結果で、74%の男性が「結婚は考えられない」と回答しています。

サイト管理人

フリーター女性の結婚については「女性フリーターは結婚できないかも…後悔しないためにすべき5つのこと」で詳しく解説しています。

友だちと話が合わなくなる

フリーターの場合、20代前半まではいいですが、20代後半にもなってくると友達と話がだんだんと合わなくなっていきます。

正社員の友達が20代後半にもなると話題はもっぱら

  • 仕事の話
  • 結婚の話
  • 家族や子供の話
  • 家や車の話
  • 将来設計の話

などになってきます。

そういう点でどんどんと話が合わなくなり、疎外感を感じてしまうときが必ず来るでしょう。

サイト管理人

私は25歳でフリーターから抜け出したのですが、正直、大学時代の友達とはこの年齢あたりから話のズレが生じ始めたのを覚えています。

将来がない

上記で言った通り、フリーターは社会的信用も低く、給料も上がっていくこともありません。

将来的な人生設計をうまくたてることは難しいと思います。

\動き出せないなら/

行動に落とし込むための方法とは

ここまででフリーターを抜け出すには抜け出したい理由を考え、それをモチベーションにしていくことが大事だと解説しました。

サイト管理人

ここでは具体的に行動に落とし込むためにはどうすればいいかを解説していきます。

どうしていくべきかは以下の4つ。

  • 就職活動することを決める
  • 周りに就職活動することを宣言する
  • 自分の未来を想像してみる
  • 転職エージェントを使う

就職活動することを決める

心の中で就職活動をする固く心の中で誓ってください。

そしてそれを紙にでも書き出しておきましょう。

その時に何月までに就職をすると期限を決めておくと効果的です。

その紙を自分の部屋にでも貼り付けて毎日見れるような環境に置くことで自然と自己暗示がかかって就職活動する気になるのでおすすめです。

周りに就職活動することを宣言する

周りに自分は就職活動すると言っておくのもいいと思います。

言っておくことで就職活動をしていると周知させることで後に引けなくなる状況を作り出し、自分をあえて追い込むこと一つの手です。

自分の未来を想像してみる

フリーターのまま生きているとどうなるのか想像してみてください。

周りが結婚、車や家、子供などの話をしているときに自分がいったいどのような状況になっているのかを考えてみましょう。

このままフリーターを抜け出せずにいるとなりたくない自分になってしまうことを想像して就職活動への意欲を高めましょう。

転職エージェントを使う

一番手っ取り早いのは転職エージェントを使うことです。

転職エージェントとはあなたの就職活動を全てサポートしてくれる就職支援サービスです。

一人で就職活動を行うとどうしても怠けてしまったり、悩みを話せなかったりして行き詰ってしまいます。

そこで転職エージェントを有効利用することで就職活動をスムーズに進めていきましょう。

\フリーター特化サービス『ジェイック』/

転職エージェントとは?メリット・デメリットも解説!この記事では就職/転職エージェントとはなんなのか、ハローワークや求人サイトと何が違うのか、そのメリットデメリットをここにきてくれたあなただけに解説していきます。...

就活を頑張っているけどなかなか抜け出せない人の特徴とは

ここまでで「就活」という行動に落とし込むための方法を解説してきました。

ただ、せっかく就活をしたとしてもなかなか内定が決まらないなんてこともあります。

そういった人には共通する特徴があります。

サイト管理人

今、就活をしている人は自分に当てはまってないか

これから就活を始める人はそういう風にならないように注意して読んでみてください。

  • プライドが高すぎる
  • 社会人マナーが身についていない
  • なんでも一人でやろうとする

プライドが高すぎる

自信がありすぎる、つまりプライドが高すぎてもフリーターを抜け出すことは難しいでしょう。

プライドが高すぎることによって自分を過信すると、求める条件も多くなってしまいなかなか企業を絞ることができなくなります。

さらにそのような企業は既卒・新卒問わずとても人気が高く、必然的に競争率が上がります。

そのため新卒や経歴が豊富な社会人経験者に負けてしまうケースがよくあります。

プライドが高い人のおごった態度は、企業からの印象もよくありません。

サイト管理人

プライドを持つことは大切ですが、同時に謙虚さを持つことを忘れてはいけませんね。

社会人マナーが身についていない

ここでいう社会人マナーとは、

  • 報告・連絡・相談がしっかりできる
  • 時間を守る
  • あいさつをする

など、人が社会で生活していくうえでの基本的なマナーでもあります。

基本的マナーが身についていないとどうなるのでしょうか?

報告・連絡・相談は「報連相(ほうれんそう)」ともいいます。

たとえばあなたが仕事でミスをしたとき、すぐにこの報連相がおこなわれれば金銭的被害や追加の労働時間は最小限にとどめることができます。

しかしこの報連相を怠ってしえば各所に多大な被害をあたえてしまうこととなります。

勤める会社はもちろん、先輩や同僚、取引先にも迷惑がかかり内容によっては会社をクビになることも考えられます。

サイト管理人

このように、基本的なマナーが身についていない人は企業からも謙遜されてしまうためフリーターを抜け出すことができないのです。

なんでも一人でやろうとする

一から十まで全部ひとりでやろうとするのは、無謀かつ非効率です。

しかし、責任感が強い人などはなんでも自分ひとりで解決しようとします。

「転職をおこなう」ということのみにスポットを当てても、仕事探しからまですべて自分でこなします。

サイト管理人

とても立派なことだとは思いますが、かなりの時間と労力を要することはカンタンに想像が就きますよね。

社会人経験のない人やインターネットの偏った知識のみですと、ブラック企業を選択してしまう確率もぐっと高くなってしまいます。

その結果またフリーターに逆戻り…なんてことも起こってしまうのです。

\転職アドバイザーに手伝ってもらおう/

フリーターを抜け出すための5つの秘訣

フリーターから抜け出すには一人でやろうとするとかなりの困難をきわめますし、時間もかかります。

だからこそ頼れるところに頼りつつ、必要な練習やスキルアップをおこなう必要があります。

サイト管理人

フリーターを抜け出すための秘訣は全部で5つありますので、この秘訣を通して万全の体制で就活を戦い抜きましょう!

  • 一人で解決しようとしない
  • 自分のスキルを確認する
  • 就職するまで諦めない
  • 転職支援を活用する
  • 必要なスキルを取得する

一人で解決しようとしない

「なんでも一人でやろうとする」でもご紹介したように、ひとりだととても時間がかかるうえブラック企業に就職してしまう確率も上がります。

ぜんぶ他人に放り投げてというのもまた問題ですが、頼れるところは頼りましょう。

たとえば志望動機の記入や自己PRを実際「おこなう」のはあなた自身ですが、「考える」ことは誰かに頼ります。

自分以外の人と一緒に考えることで、一人だと見えない潜在的なスキルや周りからの見え方だったり、第三者からみても納得のいく志望動機を作成できたりします。

サイト管理人

このほかに仕事探しや面接の練習など、二人三脚で就活をおこなうことにより一人で行う場合に比べてもはるかに短期間で、なおかつホワイトな企業に就職することができるはずです!

自分のスキルを確認する

フリーターだからといって

転職で活かすことができるようなスキルは持ってないよ…

と思っていませんか。

フリーターにはアルバイトで培った経験があるはずです。

面接時や履歴書作成の自己PR、志望動機につなげることができます。

接客業、非接客業別に例をあげてみてみましょう。

接客業のひとつ「飲食店」でのアルバイト経験があれば、

接客やスタッフ間での連携プレーにより培われた「コミュニケーション能力」が十二分にスキルとして活かせます。

非接客業の「工場勤務」「事務」でのアルバイト経験があれば、

1つの作業をコツコツとこなすことができる「集中力」がスキルにとして挙げることができます。

以上にあげたスキルは、ほんの一例です。

フリーターでの経験は決して無駄にはなりません。

あなたのこれまでの経験を通し、どのように頑張ったか・どういった結果を残したかなどをしっかりと確認していきましょう。

\就職に不安があるなら/

就職するまで諦めない

当たり前ですが、諦めてしまったらそれ以上進むことはできません。

現実は甘くないです。

これは新卒も既卒も共通していえることですが、就活をして一発で就職できることはほぼ無理だと思っておきましょう。

2回、3回、4回とずっと失敗が続くかもしれません。

しかし、それでも就職するまでは諦めず立ち向かってください。

失敗するたび、何につまずいたのか・なぜ失敗したのかを研究します。

そしてどうすれば成功するのか考えることにより、その失敗はしにくくなり少しずつかもしれませんが就職という成功に近づいていくはずです。

ここで折れてしまっては、厳しいことをいうようですが一生正社員就職は厳しいでしょう。

転職支援を活用する

今はハローワークのほか、転職サイトや転職エージェントなど転職支援はたくさんあります。

転職支援サービスでは仕事紹介から、面接練習や講習など転職にまつわるサポートを受けることができます。

ハローワークや転職エージェントは、無料で使うことができるので気兼ねなく利用できるのも魅力のひとつです。

就活をおこなうはじめの一歩として、転職支援を活用していきましょう!

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

ただし、ハローワークに関しては地方で就職する際には有用ですが、デメリットなどもあるので注意してください。詳しくは「職歴なしの人がハローワークを使ってはいけない3つの理由」で解説しています。

必要なスキルを取得する

もしあなたにやりたい仕事や就きたい仕事があるのであれば、それに向けた必要なスキルを取得しましょう。

資格の取得であれば、その資格を持っている人しか就職できない仕事に就くことができるようになります。

しかし業界によっては就職後、会社が費用負担などで資格取得を応援してくれる場合もあります。

  • なんの仕事に就きたいのか
  • なんの資格が必要なのか

またそれは

  • 今取得しなけばならないのか
  • 就職後でも良いのか

よく吟味して行動することが大切です。

フリーターを抜け出すために就活で意識すること

新卒の就活と違い、フリーターを抜け出すための就活はより綿密な準備が求められます。

面接練習はもちろん、そのための志望動機や自己PR意識して考えることが重要です。

自分が納得できる転職理由と自己PR

転職理由と自己PRは、就活をおこなう上でもっとも重要な部分となります。

この2つは自分が納得できる内容を意識して構築しましょう。

自分が納得できない転職理由では、相手(企業)を納得させることはできません。

自分も相手も納得のいく転職理由・自己PRを構築するためには、

  1. 自己分析…自分を把握
  2. 業界研究…この業界は今後どのようになっていくのか把握
  3. 企業研究…どのようなことに取り組んでいるのか把握

この3つをおこないます。

はじめに自己分析を行い、「自分のスキルを確認する」でもご紹介したように、これまでの経験を振り返り得意なことや自分のスキルを確認します。

つぎに業界研究で全体のおおまかな仕事内容、給与、休日日数などを把握します。

業界研究を行うことで、その業界の平均的な概要や今後どのような動きをしていくのかを確認することができます。

最後は企業研究です。

企業研究は公式サイトや求人ページの企業概要に目を通し、情報収集を行いましょう。

この企業はどのように成長していきたいのか、そのためにどのようなことに取り組んでいるのかなどを把握することができます。

面接は伝えたいことを伝わるように意識する

正社員面接は、アルバイト面接よりもちろん厳しいです。

面接の時間も質問もアルバイト面接より多く用意されており、その質問内容においても準備を怠ると本番で慌ててしまうような内容ばかりです。

  • なぜこの企業に就職したいのか
  • 就職して今後どのようになっていきたいのか
  • 今までフリーターだったのに、このタイミングで正社員になろうと思ったのはなぜか
  • 今までの経験で、この企業で活かすことのできるスキルはあるのか

実際はこれに加え、

なぜフリーターになったんですか?

などの質問をされることも予想されます。

練習はこれらを書き起こし、実際声に出して

  • 伝わりにくい表現はないか
  • ちゃんと言いたいことが伝わるか

を確かめるためでもあります。

あなたがいくらその企業に対して、熱い思いを持って面接に挑んだとしても相手に伝わらなければ意味がありません。

だからこそしっかりとした面接の練習を行い、本番できちんと伝えられるようにする必要があります。

\就活に不安があるなら/

履歴書はごまかさずに事実を書く

面接練習に合わせて、履歴書の記入も意識して丁寧に記入しましょう。

字に自信がなかったとしても、丁寧に書いた字というのは伝わります。

経歴もごまかさず、事実を書くことが大切です。

フリーターの期間、つまり空白の期間が恥ずかしいと思うこともあるかと思います。

ですが面接や志望動機の欄にあなたの熱意を書くことで、いくらでもカバーはできます。

逆に嘘は必ずばれます。

事実のみを記入しましょう。

就活期間を決める

だらだらと就活を続けるのはとても非効率です。

そのために、転職活動の期間を設けましょう。

期間を設ける理由としては、フリーター歴は長くなればなるほど就職に不利になっていくからです。

また就職期間を決めることには

いつまでに就職する!

という目標設定にもつながります。

人は目標を掲げることで、モチベーションを保ち続けることができます。

サイト管理人

しかし、目標までの道のりが遠ければ遠いほど時間がかかりますよね。

モチベーションは時間が経つにつれ下がっていってします。

そのため長すぎる就職期間はモチベーションを下げてしまい、さらにフリーターを抜け出せなくなっていきます。

1か月を目安に、長くても3か月を期間と定め就活をおこないましょう。

\就活に不安があるなら/

1か月以内にフリーターを抜け出すためのたった一つの方法

「フリーターを抜け出すための5つの秘訣」でもご紹介した、転職エージェントを利用することがより早期にフリーターを抜け出すための方法です。

転職エージェントなら、1か月でフリーターを抜け出すことも可能です。

1か月の短期間でフリーターを抜け出すことなんて、できるはずがない!

サイト管理人

と思われている方も多いと思いますが、実際に私は3週間で就職することができました。同じ時期に使っていた人は2週間で内定を獲得できた人もいました。

その理由は、ほかのハローワークや転職サイト、一般求人誌などとは異なる充実した転職サポートがあるからです。

だからこそ1か月という、一見短いと感じる期間でもフリーターを抜け出すことも可能ということです。

それでは細かいサポート内容をご紹介していきましょう。

スタッフはみんな転職のプロ

ハローワークを利用したことがある人は分かると思いますが、対応するスタッフによってサポートがかなり異なってきます。

「仕事紹介」がメインとなるハローワークでは、

  • 知識がある人とない人の差が大きかったり
  • 高圧的な対応のスタッフが担当になりそれ以降トラウマになってしまった

という人もいます。

サイト管理人

私も過去にハローワークも利用したことがありましたが、対応してくれたスタッフの方が高圧的で恐怖を感じたのを覚えています。仕事を探しに行ったのにスタッフに恐怖を感じて帰ってくるって、おかしな話ですよね。

もちろん誠心誠意対応してくれるスタッフも中にはいます。

一方で、転職エージェントは、「利用者の転職成功」がメインとなるためスタッフはみんな転職支援のプロです。

転職相談からアフターフォローまで二人三脚で就活を進めることができます。

もともとフリーターだったスタッフもいるため、気持ちに寄り添ってくれるから相談しやすいという点も挙げられます。

非公開求人が多い

転職エージェントが独自に保有している求人のことを「非公開求人」といいます。

企業が他社競合で新たにプロジェクトを立ち上げる場合や、厳選した人材を採用したい際に非公開求人として出されます。

非公開求人には、大手企業や有名企業などが多く存在しています。

その中には、あなたのスキルや経験を活かしたいという企業も沢山あります。

サイト管理人

一人で探すときには決して見つけることのできませんが、転職エージェントを利用することで、よりあなたにあった企業を選ぶことができます。

ブラック企業が少ない

転職エージェントが利用者に紹介する企業には、スタッフが直接足を運んで実際の現場を取材しています。

そのため内情を隠したがるブラック企業を排除し、よりあなたにあったホワイトな企業が紹介されています。

また転職エージェントに登録している企業は、無料で掲載できるハローワークと異なり転職エージェントに対してお金を出しています。

だからこそブラック企業が少なく、ホワイト企業に就職することができます。

就職後のアフターフォローがある

ハローワークや転職サイトは、就職できたらそこで支援は終わります。

一方で、内定後からしばらくの間、アフターフォローをしっかりしているのが転職エージェント。

内定後は面接時聞きづらい給与額の調整や、入社日の調整に加え内定取り消しや辞退に関する対応までおこなってくれます。

入社初日や一か月後など、定期的な電話やメールでの定期的な連絡をとってくれるため万が一就職した会社での不安や不満があったとしても相談することができます。

転職エージェントによってアフターフォローの期間は変わりますが、長いところで1年ほどフォローしてくれるところもあるため、安心して働くことが可能です。

\就活に不安があるなら/

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

転職エージェントを利用してフリーターを抜け出そう

年齢を重ねるにつれ、フリーターから抜け出すのは難しくなります。

早いうちに行動を起こすことで、稼げる収入も社会的地位も変わってきます。

フリーターと正社員との年収の差は、1億円以上ともいわれています。

正社員転職を後回しにすればするほど、収入は減っていってしまいます。

家を購入する際のローンも、フリーターのために通らないこともあります。

いつまでも

  • 買いたいもの
  • やりたいこと

をフリーターのために制限される生活を送っていたいですか?

20代のあなたなら、まだまだやり直すことは可能です。

サイト管理人

転職エージェントで正社員転職をして、後悔のない人生を送りましょう。

\フリーター特化型サービス/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる