ニートの就活

働きたい!ニート卒業のための5つのステップとは?【失敗しない就活】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「そろそろニートを卒業して働きたいけど何か良い手段はないだろうか。」

実は20代など若いうちであれば転職エージェントに登録することでニートを卒業することができます。

ネットの情報では「ニートは就職できない」などネガティブなものが多いですよね。

しかし実際に転職エージェントの実績を見るとそれは間違っているとわかります。

就職を成功するにはひとつずつステップを踏むことが大事です。

焦らずにコツコツといきましょう。

失敗だってあってもいいんです。

現状を打破するには一つ一つの行動を単純に積み重ねていくことです。

難しいことではないのでやってみましょう。

ニートでも働きたい!でも不安…

働きたいと思っても不安が邪魔をしてしまうニートの方は多く、空白期間や学歴職歴であったり仕事の責任などをついつい考えてしまいますよね

ついついニートの期間が長引いてしまうことで学歴や職歴にコンプレックスを感じてしまいます。

また就活を失敗することや仮に就職できても失敗や責任といったネガティブな情報ばかりが目についてしまうときがあります。

ニートの期間が長いこと

様々な理由で空白期間が長くなった方も多いでしょう。

空白期間にしていたことを聞かれるのが怖くて踏み出せないという方は多いです。

確かに面接では採用担当者は必ず聞いてきます。

「この期間は何をしていたんですか?」

就職先を探していたり自己啓発本などを読んですごしていたという方もいるでしょう。

また単純に静養のために趣味をしたりのんびりしていたという方もいます。

どちらにしても採用担当者に説明することが不安になりますね。

学歴や職歴に自信がない

ニートという状況からこういった不安を抱えてしまう方は多いですね。

何らかの事情でニートになり働いていないと自然と期間が長引くことがあります。

その際に学歴も職歴もアピールできるものではないとなるのも仕方がありません。

例えば高卒の人であれば大卒の人と比較してコンプレックスを感じてしまうことがあります。

さらに大学卒の人は大学院卒の人にコンプレックスを感じるという…キリがありませんね。

企業についてもやはり高学歴の人と低学歴の人への評価は差をつけます。

そういった中で「低学歴の自分はどのような扱いを受けるのか」という不安が生じてしまうのは不思議ではありません。

失敗することが目に見えている気がする

「就活を始めて面接で落とされたらどうしよう。」

「書類選考も通らないかもしれない。」

こういった不安を抱えてしまうニートの方は多いでしょう。

空白期間や学歴や職歴など採用担当者にどのような評価を受けるのか不安になります。

圧迫面接などを受けると心に傷を負うことも考えられます。

そういった不安がふくらんでしまい就活に対して「就職なんて絶対できないだろう」と悲観的になってしまいます。

また「経験や実績が乏しく仕事で成果を出すことなんてできないなど」とも考えてしまいます。

まだやったこともない仕事をできないと決めつけてしまうのはおかしいのですが不安になってしまうようです。

一人で悩んでしまうとついついネガティブな方向に向かってしまいがちです。

責任が怖い

「自分にこの仕事ができるんだろうか…失敗したら責任をどうやって取れば…。」

仕事をする上で発生する責任への対処に不安を感じてしまう方も多いでしょう。

例えばテレビのニュースで流れるような大問題に発展したらどうしようなどと考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

職歴が少なく仕事をあまりしたことがない人は特にそういうことを感じてしまうかもしれません。

どのような仕事であっても責任はついてくるのでこればかりは仕方がありません。

一般常識や基本的なルールを守るなどができない場合は大問題に発展する可能性はありますね。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートの不安をかき消すための考え方

実はニートの抱える不安は「他人の目」や「自尊心の低さ」であり、本来は企業や社会が「あなたはダメだ」と言っているわけではないのです。

他人は何を考えているかわからないので、それを知ろうとすること自体無駄なのです。

また企業はとにもかくにも仕事をしてくれる人を評価します。

学歴や職歴に不安を持つことも仕方がありませんが、そういった境遇の方は日本全国にたくさんいますよね。

他人の目を気にするのは無駄

他人にどう見られているかを気にするニートの方は多いでしょう。

「ニートをしていた自分をどう思ってるんだろう。」

しかし他人はそこまであなたに興味がありません。

何かを聞かれても単にコミュニケーションを取りたいと思っている程度がほとんどです。

他愛のない会話だと思いましょう。

そもそも他人がどう考えているのかなんてわかりませんよね。

口に出すことと思っていることが同じだとは限りません。

つまり気にするだけ無駄なんです。

企業が求めていること

ニートの方が色々と考えている反面、企業が求めることは一つです。

「会社に来て働いてほしい。」

ただそれだけなのです。

企業にとって必要な業務をコツコツと取り組みましょう。

そこで成果を出すことで企業はあなたを評価します。

「チャレンジしたい」

「成果を出したい」

こういった意欲を持った人間を企業は求めています。

学歴や人柄なども大事です。

しかしやはり「コツコツと取り組む」「問題を起こさない」といった人を企業は好みますね。

低学歴は自分だけじゃない

「自分は高卒でニートだからダメだ。」

学歴をコンプレックスに感じている方は多いです。

しかしながら低学歴で働いている方はいっぱいいます。

下記の統計をご覧ください。

高校新卒者の求職者数:17万6千人

中学新卒者の求職者数:854人

出典:令和元年度「高校・中学新卒者のハローワークに求人係る求人求職状況」取りまとめ

フリーターの方々を含めると高校卒や中学卒で働いている人はともっと多いでしょう。

自分だけではないですね。

あなたを評価をするのはあなたではない

「自分は能力がない、何をやってもダメだろう。」

そんな風に勝手に自分を評価していませんか。

仕事の能力や勤務態度を評価するのは企業です。

自分が判断することではありませんよね。

自分の力や勤務態度などを心配することは大事です。

しかしずっと不安になり続けることは自分が辛いだけなのです。

また企業も採用した人がいきなり業務をテキパキこなせるとは考えていません。

なので失敗していきなり責任を追及することなどは考えにくいことです。

いきなり責任を求める企業はブラック企業の可能性があります。

転職エージェントを利用してホワイト企業に就職しましょう。

きちんと研修をした上で業務に移ることが一般的ですからね。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートを卒業するための5つのステップ

ニートを脱却するためには家事を始めたり運動をして活動的になることと同時に転職エージェントに登録して面接を受けることです。

闇雲に行動するのではなく、着実にステップを踏むことがポイントです。

なぜならニート期間が長いと習慣が乱れていることが多いのです。

習慣を改善しつつ次にやるべきは就活です。

転職エージェントに登録して就活をシンプルに簡単に進めて行くことができるでしょう。

家事をする

実は家事というのは仕事とほとんど変わりません。

取り掛かりやすいものなので始めてみましょう。

自立したときにも役立ちますからね。

ご飯を炊いたり味噌汁を作ったり簡単なことから始めてみましょう。

作ることは簡単ですがおいしいものを作るのは難しいですよ。

また洗濯などもやってみましょう。

「洗って干すだけでしょ。」

そう簡単なものではありません。

洗濯は一緒に洗ってはいけないものがあるなど洗い方も気を付けなければなりません。

干すときにもしわにならないようにするなどの心配りが必要です。

筋トレや有酸素運動をする

ニート期間が長いと顔つきにも出ることがあります。

運動で内面から健康になることを目指しましょう。

いきなりきついことから始める必要はありません。

筋トレなどは楽な方法で腹筋や腕立てをする。

回数は少なめから始める。

継続できるように工夫しましょう。

有酸素運動は散歩から始めてみましょう。

早歩きで一日20分など良いでしょう。

昼に外で日光を浴びながらすると健康にも良いです。

こちらも無理をするのではなく継続できるやり方でコツコツやりましょう。

会話をしたり人混みに慣れる

ニートの期間が長いと家にばかりいることが増えてしまいます。

するとコミュニケーションが苦手になったり人混みが嫌いになったりということがありますね。

なのでコンビニにいって店員さんに自然な声かけをしたり、人混みに行って少しずつ外部の環境に慣らすなどをしてみましょう。

また家族や友人など知り合いと話をするのも良いでしょう。

他愛のない会話をすることが仕事をする上で必要な場面もありますからね。

少しずつでも免疫をつけるように訓練しましょう。

転職エージェントに登録する

大きな一歩がこれです。

ただただ登録するだけです。

そこから道が開けます。

登録後に担当者の方があなたがやるべきことを教えてくれます。

転職エージェントの方はあなたがどんな方か知りたがっています。

正直に話をしましょう。

仲良くなることを意識すると良いかもしれません。

話を進めていく中で自己分析につながり就活の方向性が定まるでしょう。

面接対策もしっかりやってもらえます。

何も知らずにいきなり面接にのぞむのは怖いですものね。

書類の添削などもしてもらえて心強いですよ。

複数の転職エージェントに登録する

1つの転職エージェントよりも3つの転職エージェントに登録しましょう。

すると3倍のサポートを得ることができます。

転職エージェントは優良企業の宝庫です。

なぜなら多くの転職エージェントは企業を調査しているのです。

訪問して残業や職務内容など細かな点を精査しています。

複数登録することでより多くの就職先候補が見つかります。

また1つの転職エージェントだけの意見では不安になることもあるでしょう。

複数の意見を聞くことで安心できますし、より有益な情報を得ることができますね。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

面接を繰り返す

一度の面接でうまくいくこともあるでしょう。

しかしながら失敗することももちろんあるのです。

失敗をした場合は経験値が上がったと考えましょう。

「こんなことを聞かれるんだ」「こういう雰囲気なんだ」と知ることもできます。

次への布石ですね。

面接で何度も失敗してもあきらめずに何度もチャレンジすることは大事な経験です。

そのたびに学ぶこともあり「次の面接ではこうしよう」など改善もできます。

面接は企業と自分のマッチングですよね。

ダメだったときは切り替えて次へ進みましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

働きたいニートに贈る就職成功への道しるべ

働きたいニートが就職成功を成功させるには正社員の魅力に気付き、自己分析や自分で判断するなど自分磨きをすることで20代での正社員内定を目指す気持ちが必要です。

若いうちは自分の可能性などを考え「会社=不自由」と捉えがちです。

正社員になり安定した基盤でコツコツ働くことは将来の自由度が広がります。

そういったことを成就するためにも20代の若いうちから自分を見つめ直し、自分で判断して行動する必要があります。

正社員は意外と気楽だし自由

「会社に縛られるのは嫌だ。」

そう思っているフリーターで若い人は多いですよね。

しかしフリーターでは将来のことが不安です。

キャリアを積んでいるわけでもないし、国民年金のため老後の年金も少ないのです。

正社員はキャリアを積みながら手厚い健康保険や厚生年金があります。

病気になった時も傷病手当金といった補助的な収入もあるのです。

また仮に職を失っても雇用保険もあるので比較的安心ですしキャリアがあるので転職もしやすいのです。

収入も安定しているので趣味を楽しめたりと案外自由です。

フリーターは会社には縛られなくても人生や社会の厳しさに縛られてしまいます。

自己分析をしてみる

「就活へのやる気がない。」

そういった方は自己分析をすることで意欲が沸いてくるきっかけになります。

自分の趣味や特技を深掘りしてみましょう。

「なぜゲームが好きなんだろう?」

「なぜゲームが得意なんだろう?」

実は仕事で活かせるスキルを持っていたりします。

趣味や特技を仕事と結びつけてアピールすることができます。

また自分では難しいと思ったら書籍などを買うのもよいです。

自分の強みを見つけてやる気が沸いてくるでしょう。

自分で判断する

就活を始めるとあなたにアドバイスをくれる人はたくさんいるでしょう。

しかしそれを選択して判断をするのは自分であると考えましょう。

「人のアドバイス=人のせい」ではないのです。

家族や友人や転職エージェントの担当者などなど。

アドバイスを鵜呑みにして失敗したら「○○のせいだ」などと考えてしまいがちです。

自己責任で行動することを心がけましょう。

自分で判断し行動することはしっかりと結果を受け入れることにつながります。

それによって自身の成長につながりますね。

できるだけ若いうちに就職活動する

ニートから就職を成功するためには20代がもっとも有利です。

ずるずると長引いて30代になると一気に不利になってしまいます。

下記をご覧ください。

年齢就職率
20~24歳32.7%
25~29歳25.5%
30~34歳18.1%

出典:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③-平成29年版「就業構造基本調査」72ページ

統計を見ても年齢があがるほどに就職率が下がっていることがわかりますね。

若さは武器になるということです。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートを卒業して働きたいなら転職エージェントに登録しよう

まずは登録をして一歩前進しましょう。

ニートを続けていると不安や悩みが生まれるのは当然です。

それをなくしてくれるのは就職への行動ですね。

転職エージェントが次にやるべきことを教えてくれるので安心です。

自分を客観的に見て良い方向へ導きましょう。

自分の目線で見るとどうしても悲観的になってしまいます。

客観的に広く考えて自分の立ち位置を再確認しましょう。

ネガティブなことがついてまとうのはニートの方だけでなく働く人も同じです。

そうであれば働いている方がまだ気が楽というものです。

一つ一つステップを踏んで就職への道に近づきましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ