お役立ちコラム

正社員になりたくない、働きたくないという人が覚悟しておくべき7つのこと。

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

正社員で働きたくないから、他の選択肢があるか知りたい

以前勤めていた会社がブラックで、もう正社員になりたくない!

今、そう思いながらこのページにたどり着いたのではないでしょうか。

中村

私も一番初めに就職した会社で正社員をしていましたが、ブラック企業で最長42連勤を経験しました。そのあと、20代前半で会社を退社、転職をしてフリーランスになったという経験があります。

私ももうブラック企業の正社員になりたくなかったんですね。

しかし正社員以外で生きていくのは思いのほか厳しく、最終的には正社員に転職し、現在はホワイトな企業で働かせてもらっています。

そんな私だからこそ、伝えられる選択肢と覚悟があります。

この記事では正社員で働きたくないあなたに、

  • 正社員になりたくない理由
  • 正社員以外の選択肢はなにがあるのか
  • どういう覚悟を背負わなければならないのか

などについて紹介しています。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

今の時代、正社員で働きたくないと思うことは普通

今の時代は働き方が多様化してきています。

今までは会社に所属し、正社員として一生を終えることが普通でしたし、それが唯一の道であると思われていました。

しかし、このインターネットが発達した時代、個人個人が自分の意見を発信することが自由にそして驚くほど気軽に行うことができます。

国内はもちろん、海外のあったこともない人と意思疎通ができるようになり、自分の意見を共有することができるようになりました。

正社員になりたくない理由とは

正社員で働きたくない理由として多く上げられるのは、

  • 自分の時間がない
  • 勉強する時間が確保できない

など、時間に関連した理由がほとんどです。

正社員で働きたくないのは自分の時間が削れるから

正社員は時間に縛られてしまうという側面があります。

正社員は週5日一日8時間のフルタイムで勤務をします。

9時までには必ず出社して、17時まで働く。

この時間は仕事以外になにもすることができません。

中村

自分がやりたいことは仕事が終わってからしかできないというのが正社員が敬遠される理由の一つです。

残業が重なるともっと時間に縛られることも

さらに残業が重なったりすると、仕事がある日は帰って寝るだけ…なんてことも。

私が正社員をしていたときは、1日12時間は拘束されていました。

朝は6時30分から出勤、夜は10時前後に退勤になるため早く寝なければ翌日の仕事に支障が出てしまう。

そのため普段から家は寝るだけで、残業のある日はさらに最悪でした。

中村

職業柄仕方がなかったのですが、今思えば相当ブラックですね…。

冒頭でも書いたとおり、これが42連勤も続いてしまっては自分の時間なんてとうてい作れません。

このように、仕事に自分の時間を削られてしまうという理由で正社員で働きたくないのです。

会社命令には逆らえない

正社員は会社から給料をもらっているので基本的には会社命令に逆らうことができません。

異動や転勤があれば、それにしぶしぶ従うしかないですし、休日に出勤しなければならないということもあります。

慣れ親しんできた土地から離れて心機一転新しい土地で過ごさなければならないというのは人によってはかなりストレスに感じる場合も多いでしょう。

もし、家族を持っていて家などを購入していれば一人でその土地に単身赴任しなければならないということもあります。

責任が重い

正社員にはそれなりの責任をもって仕事をしていかなければなりません。

ミス一つで数百万円、数千万円という損失が出る可能性だってあります。

正社員で働いている以上は所属している企業に利益をもたらすような働きを常に期待されています。

中村

そのプレッシャーに耐え続けていかなければならないというのもあまり正社員になりたくないという理由の一つです。

正社員になりたくないのは他にやりたいことがあるから

他にやりたいことがある場合、正社員で時間を縛られて働き続けるのが嫌、というのもお判りでしょう。

20代であれば、ワーキングホリデー(海外で働きながら勉強すること)のために語学勉強をしたいという人も多くいます。

ほかにも、

  • 今の給料よりも高い給料の望める仕事に就くために、資格の勉強をしたい
  • 将来フリーのプログラマーになるために、プログラミングを勉強したい
  • 起業したい

などそのための準備や勉強時間の確保をしたいからこそ、正社員になりたくない理由に上げられます。

正社員以外の選択肢はなにがあるのか

フリーターや派遣、フリーランスなど日本の雇用形態はここ数年でかなり変わりました。

そのため正社員以外の選択肢としても多々あることも事実です。

中村

一つひとつ説明していきましょう。

  • フリーターとしてアルバイトをこなす
  • 派遣や契約社員としてはたらく
  • フリーランスでスキルを売る
  • 起業する

フリーターとしてアルバイトをこなす

正社員で働きたくない場合、フリーターとして働くことが一番に思い浮かぶのではないでしょうか。

自分が働きたいときに働くことができ、休みも自由に取ることができます。

先ほど「正社員になりたくない理由」で上げたように、自分の自由な時間を得たいと考えている人にとって働く時間を自分で決められるということは最高の状況ではないでしょうか。

またアルバイトの掛け持ちをすることも可能な場合が多く、高時給のアルバイトであれば月10万円以上稼げることもあります。

派遣や契約社員としてはたらく

仕事は好きだけど、正社員にはなりたくない。

そんな時は派遣社員や契約社員という働き方があります。

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で勤務する形態です。

一方の契約社員は職場となる企業と有期雇用契約を結び、働く期間と給与を決めて勤務する形態です。

どちらも正社員と比較すると、残業が少なく希望の日にちに休日がとれたりします。

またスキルがあれば、正社員よりも高単価な場合もあるので短期間で稼ぎたい人が契約社員を行うこともあります。

\就職成功率80%以上/

フリーランスでスキルを売る

フリーランスとは、自身が持っているスキルを使って企業から仕事をもらう人のことを指します。

厳密に言うと少し違うのですが、フリーランスと言えばこのようなイメージで先行しています。

Webデザイナーやプログラマーなどが会社に属さずに自分で仕事を取ってきて生計を立ててる人が多いです。

最大の魅力は自分の好きな時間、好きな場所で仕事ができるという点。

会社と雇用契約を結ぶのではなく、一つ一つの案件ごとに企業と契約していくスタイルになります。

仕事をする時間も休む時間も、仕事の内容でさえも自分自身で決めることが可能です。

正社員の場合、会社まで通勤をしなくてはなりませんがフリーランスの場合自宅でもカフェでも仕事ができるため、好きな場所で作業ができます。

中村

今ではクラウドワークスなどの案件のマッチングサイトがあり、そこで比較的簡単に案件の受注できたりします。

起業する

最後に自分で事業を起こして起業することです。

正社員になりたくないのであれば、自分で仕事を生み出してしまいましょう。

起業では新たなサービス、ビジネスを起こすことで成功できれば莫大な資産と名声を得ることができます。

また新たなサービスが生まれることにより、多方面に利益が生まれます。

どういう事業を興すかは全てあなた次第。

あなたのアイディア次第で生計を立てることができるかどうかが決まってきます。

さらに法人化することもでき、そうするとフリーランス含め個人事業主とは取引しない企業との取引ができたり、税金対策を組むことも可能です。

今は個人で起業する人が多いので昔よりは、手軽に起業する人が増えています。

中村

例えば、Youtuberやインスタグラマーなども企業方法の一種です。

\就職成功率80%以上/

正社員で働きたくない人が背負う7つの覚悟

ご紹介したように、正社員以外での働き方は沢山ありました。

しかし、いくら正社員になりたくない、働きたくないからといってフリーターを一生続けていくのはかなり危険です。

それなりに覚悟をもってフリーターを続けるのならいいと思いますが、将来の展望なんとなくフリーターを続けていると30代を過ぎたあたりから確実に絶望します。

このまま正社員として働かない選択肢を考えてもいいですが、覚悟しておくべき7つのことがあります。

中村

時に「正社員ではOKだけどフリーターやフリーランスだと駄目」といった場面も出てきます。

  • 貧乏暮らしを覚悟した方が良い
  • 社会的信用が低いということ
  • 収入が安定しない
  • 面倒な手続きは全て自分で
  • 労働時間が長い
  • とつぜん仕事がなくなる可能性がある
  • 気が変わったときにはもう遅い

貧乏暮らしを覚悟した方が良い

フリーターの給料というものは変わることはまずありません。

もし、あなたが時給1000円で1ヶ月22日間フルタイムで働いたとしたらその給料は

時給1000円×1日8時間×22日間=17万6000円

17万6000円です。

これ以上あがることはないです。

たまたま時給の良いバイトを見つけた場合は違うと思いますが、基本的には給料はあがらないです。

逆に高齢になってくると時給のいいバイトにも受からなくなるのでどんどんと下がっていく場合もあります。

フリーランスは実力社会

ではフリーランスはどうなの?と思うかもしれませんが、フリーランスは「完全実力社会」です。

あなたが特定のスキルを磨くことができなければ、一生貧乏暮らしになりますし、突出した技術を身につけることが出来れば、そこら辺の正社員よりも稼ぐことが出来るでしょう。

ただ、確実に言えるのは技術が身につくまでは到底食べていけるだけの収入は稼げないということを覚悟しておきましょう。

老後には備えておこう

フリーターやフリーランスは国民年金しか払っていない人が多く、その場合、老後にもらえる1カ月当たりの年金は5.5万円前後です。

もちろんフリーターやフリーランスは退職金などは一切もらえないのでそのお金で日々をやりくりしていくしかありません。

一般的には老後は2000万円程度の貯蓄が必要だと言われていますのでフリーターやフリーランスはを続けるならそのくらいのお金は貯めておく必要があります。

社会的信用が低いということ

フリーランスやフリーターは、

  • 安定した定期的な収入が見込めない
  • 仕事の責任が少ない

とみられがちです。

そのため正社員と比較したときに、社会的信用が低くなります。

社会的信用の低さは車や家のローン購入、果ては結婚まで影響を及ぼします。

理由は最初に述べたとおり、収入面の不安定な部分やアルバイト・派遣社員などに振られる仕事の責任の低さがあげられます。

車や家のローン購入の際、必ず社会的信用は見られます。

正社員なら難なく通るはずだった審査が、アルバイトや派遣社員がために落ちる場面も多くなります。

今後年齢が上がり、大きな買い物のシーンのたびに「社会的信用がない」ことを理由に、購入ができないってかっこ悪いですよね。

さらに結婚となったとき本人同士は良かったとしても、相手のご両親に許可をもらえないなんてことも。

中村

正社員と同等か、それ以上の収入が毎月安定して入ってくるのであれば別ですが、そういう場面で苦労することは覚悟しておかなければなりません。

収入が安定しない

働く時間も働く場所も、仕事でさえも自由に選べるとの話をしましたが、逆にいうと仕事がなければ職を失うことと同等です。

毎月、または毎日仕事があるわけではないので月によって収入も変動します。

月の収入が0円の場合もあります。

起業家は成功すれば正社員よりも莫大な資産を稼ぐことができると言いましたが、失敗すれば相当なリスクを生じます。

金銭面でのリスクはもちろん、前者の社会的信用も落ちます。

こうなってくると、将来に向けた貯金どころかまともな生活を送ることでさえも難しくなってしまう場合があります。

中村

潤沢な貯金がある場合をのぞき、正社員以外で働いていく場合、節約を強いられる生活を覚悟してください。

\就職成功率80%以上/

面倒な手続きは全て自分で

フリーターやフリーランスは確定申告や国民年金、所得税の納付など、すべて自分自身で行わなければなりません。

正社員は額面の給与から以下の項目が天引きされます。

  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 健康保険
  • 源泉所得税
  • 住民税(2年目以降)

正社員の手取り額は、これらが差し引かれた金額です。

正社員以外ではたらく場合、これら全てを収入の中から捻出し、納めなければなりません。

起業家はさらに大変です。

上記の手続きのほか起業する際に必要な書類や、法人化する際の手続きも自分でおこなわなければなりません。

司法書士などを雇って全て任せてしまえば楽にはなりますが、何か問題があったとき対応できない場面も出てきます。

中村

面倒だからと放っておくと、あとあとさらに面倒なことになるのでしっかりと手続きをおこないましょう。

労働時間が長い

週5日一日8時間のフルタイムで縛られるから、正社員になりたくないと思っているそこのあなた。

確かに多くの時間が縛られることは否めませんが、正社員以外だからと時間をすべて自由に使えるわけでもありません。

むしろ、労働時間は正社員以外の方が長いです。

正直私も、正社員として働いているときは

「自由に働けるフリーランスはいいな」

と思っていました。

「自由に働ける」分、労働時間は伸びるということを知らずに。

アルバイトの場合、時給は最低賃金のところも少なくありません。

フリーランスで仕事を請け負うにも、ある程度のスキルがなければ1件1件の単価が低いです。

1件に対して2日かけたとしても、その1件が1000円にも満たないこともざらです。

最低賃金よりも安いんです。

そのため、正社員と同様に稼ごうと思うと、正社員の倍の時間働かなくてはならないこともあることを覚悟しましょう。

とつぜん仕事がなくなる可能性がある

正社員で働きたくない人は、とつぜん仕事がなくなるかもしれないということも覚悟しておきましょう。

派遣社員や契約社員は就業期間が決まっている、有期雇用という働き方です。

期間が更新されない場合、そこで仕事が終了となります。

「正社員が足りなかったから派遣を入れていたけど、新しく入ってきたからもういらないや。」

という理由でクビを切られることも、 間々あります。

働いている側からすると今まで仕事に尽くしてきたのにと思うことでしょうが、これが現実です。

さらに一つの契約が終了した後、すぐに次の派遣先や契約先が決まるということもなく、決まるまで何か月も仕事がない状態もあり得ます。

フリーランスも、自分で仕事が選べますがそもそも選べるほど仕事がない時期もあります。

仕事がない間はもちろん無収入です。

このように仕事が突然なくなってしまうことがありますので、生活していくためにも貯金を作っておくことや失業保険の申請方法など、リスクヘッジをしっかりとおこなっておかなければなりません。

気が変わったときにはもう遅い

もし、あなたフリーターやフリーランスであることに疲れてしまって「正社員になろう」と思った時には「時すでに遅し」のことがあります。

フリーターはその歴が長くなればなるほどどこの企業も雇ってくれなくなるというデータがあります。

少し考えればわかることなのですが、

  • 今まで正社員として働かずになにもスキルも持っていない人
  • しかもそこまで若くない人

どこの企業もとりたくないのが本音です。

またフリーランスはいわゆる「会社勤め」と見なされないので組織で動いている企業にとっては敬遠されがちになります。

俺はフリーランスで技術を磨いてきたから大丈夫!

と思うかもしれませんが、

  • 「組織で働くこと」
  • 「個人で働くこと」

全くの別物です。

その組織で働くことのスキルが備わっていないと、ただの「自分勝手な厄介者」扱いされてしまうことは覚えておきましょう。

もし採用するとしてもより若く、将来性のある20代の若者を取りたいと思っています。

\就職成功率80%以上/

正社員になることのメリット

潤沢な貯金がある場合または高度なスキルがある場合をのぞき、正社員以外ではたらくのはかなりリスキーであることがわかりました。

正社員で働きたくない、だけど安定した生活を送りたい

大きなリスクを背負うことなく、自分の時間をちゃんと確保したい

そうなってきたとき、正直「正社員」としてはたらくことが一番でしょう。

中村

ここでは、そんな正社員のメリットについてお伝えしてきます。

  • 安定した収入が得られる
  • 社会的信用
  • 雇用の安心感

安定した収入が得られる

フルタイムで勤務するからこそ、毎月安定した収入が確保できます。

正社員とそれ以外の非正規雇用の賃金格差を見てみましょう。

厚生労働省の令和元年の調査によると

  • 正社員:32万5400円
  • 正社員以外:21万1200円

とその差は6万4900円となっています。

参照:令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

フリーターやフリーランスとして働く場合、働いた時間や上げた成果により収入が変動します。

仕事がない月、仕事に入らなかった月は当然収入が減りますし、最悪の場合無収入の月さえ出てきます。

一人暮らしの場合、無収入でも生活費や家賃は変わらずかかってくるので相当つらいです。

また収入金額に関しても、フリーターやフリーランスと比較し高額なため生活費をのぞいて余った分は貯金に回すこともできます。

中村

貯金ができれば、将来車を買ったり旅行ができたりと夢を持つこともできます。

社会的信用

正社員の場合、毎月安定した収入があります。

その安定した収入は、社会的信用度の高さも証明してくれます。

車や住宅のローン購入での審査はもちろん、クレジットカードの審査にも通りやすくなります。

返済能力がないくらいの収入のフリーターと、大きな金額も見込める正社員とでは信用度の高さが違うのは必然といえば必然です。

社会的信用の高さは、終身雇用世代の親にもしっかりとアピールができるため結婚などもスムーズにいくことでしょう。

雇用の安心感

派遣社員や契約社員と違い、いきなりクビを切られることもありません。

正社員は会社が倒産しない限り、定年まで雇用され続けます。

そのため期限が決まっている派遣や契約社員とは違い、いきなり仕事がなくなるということもありません。

それまでしっかりと給料が振り込まれるのも保証されていますし、長く勤めることによって給与が上がっていくことも見込まれます。

\就職成功率80%以上/

ホワイト企業での正社員であれば、自分の時間だって作れる

雇用形態の多様化により、正社員になりたくない、正社員で働きたくない人も増えてきています。

「正社員になりたくない」「正社員で働きたくない」というのは個人の自由で自分がどうするかは自分で決めることです。

しかし、しっかりと考えて頂きたいのは正社員にならなかったときには生活に関わるリスクがたくさん潜んでいるということです。

それらのリスクを考えずに正社員にならずにその日暮らしで生活していると必ずや後々後悔します。

高度なスキルやきちんとしたビジネスモデル・リスクヘッジができているのであれば、正社員以外でも良いかもしれません。

貯金が存分にあり、生活に困ることがなければフリーターでも生きていけるでしょう。

しかし、それらが無ければ正社員以外で生きていくのはあまりにもリスクが大きいです。

今までブラック企業で嫌な思いをしてきたのであれば、ホワイト企業であればそんな思いをせずに仕事ができます。

ホワイト企業での正社員であれば、「転職エージェント(就職支援サービス)」の活用で就職することが可能です。

転職エージェントでは、転職の支援制度はもちろん、企業の内部調査もおこなわれているためしっかりとした企業を紹介してくれます。

闇雲に一人で仕事を探しても、ブラック企業に当たってしまう確率が上がってしまうだけです。

中村

正社員で安定した収入を得て、自分の時間を有意義に過ごしましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる