高卒

19歳の高卒ニートに知ってもらいたいココだけの話【限定公開】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「19歳の高卒ニートだけどこのままでいいのだろうか」

「大学行かなくても就職出来るのだろうか」

高校を卒業して19歳でニートになってしまい、人生詰んだのかと不安になっている人は多いのではないでしょうか。

19歳でニートであっても全く問題なく、普通に就職して昇進していくことは可能です。

しかし、そのままの状態を続けるのはダメです。

この記事ではその理由とニートを抜け出す方法を紹介します。

高校卒業後、なぜニートになってしまうのか

まずは高卒ニートになってしまう理由を紹介します。

高校を卒業したあとニートになってしまうのは色々な原因が考えられ、当てはまる人も多いのではないでしょうか。

大体は自分への甘えから来ることですが、主な理由は以下のとおりです。

親が働き盛りで元気

結婚適齢期の30歳前後で出来た子供だと19才になる頃、親は50代で下手したらまだ40代という家庭も多いでしょう。

50代というのはいわゆる普通の人生を歩んできた人にとっては人生で一番豊かな時期である人が多いです。

会社で50代ともなればそれなりの役職につき、収入もたくさんあり、まだ体力もあります。

50代だけではありません。

60代ともなれば退職金が一気に入り、人生で一番お金を持っている時期に突入します。

そのような親をもち、生活に何の不自由も無いと働く必要性を感じないのも無理はありません。

このような傾向は特に長男、長女などの第一子にこのような傾向が多く、末っ子はあまりこのようなことはありません。

理由は簡単で第一子が成人した時、親はまだ若くて元気であったものの末っ子が成人した時、親は年老いて定年を迎えており、何とかしなければと思えるからです。

少子化が進み親戚の遺産がおりてくる

少子化が進んでいることが原因で子供がいない老夫婦というのも増えています。

これに加え、ひとりっ子同士が結婚するということもあります。

ひとりっ子同士が結婚した結果どうなるかと言うと、お互いの両親がなくなった時、家が2つ手に入ってしまうのです。

このように遺産が自動的におりてくるということを考えると無理に就職して働く気がなくなるかもしれまん。

またこのような状況にある家庭では子供に厳しく働くように言わないでしょう。

働くのがめんどくさい

健康で全然働けるにも関わらず、働くのがめんどくさいという人もいます。

これは生活するのが厳しい家庭環境であればたとえめんどくさくても働かざるをえないのでニートにはなりません。

やはり、ある程度家庭の環境に余裕があるとめんどくさいから働かないという状況が生まれるのです。

働きたくないと思っているニートの方は「働きたくない!仕事をしたくないニートは何から始めればいい?」に解決方法が載っていますのでぜひご覧ください。

ヒモになる

家庭環境が豊かではないにも関わらず、ニートになってしまうパターンとしては「ヒモ」になってしまったということがあります。

どこかで知り合った年上である程度お金に余裕があり、面倒見の良い女性と仲良くなった場合は生活費の面倒を見てくれる場合があります。

しかし女性は妊娠してしまうので、最終的に結婚を考えるのであれば男性が働いて妊娠して動けない妻を支えるということをどこかのタイミングでしなければなりません。

女性の社会進出が進んで来てもこればっかりはどうしようもないのでやはり、男として生まれた以上、女性に支えられるのではなく自分の力で働くということをしなければなりません。

\就職に不安を抱えているなら/

そのままニートだとどうなるかは知っておこう

ニートはこのようにある程度周りの環境に余裕がないとそもそもなることは出来ません。

しかしこの余裕のある環境はいつまでも続くわけではないのです。

周りに支えられるという環境は必ずどこかで終わりを迎えます。

そこでニートの状態だと果たしてどうなるのでしょうか。

経験が蓄積されないまま歳を取る

人生は何が起きるか分かりません。

災害大国の日本に住んでいる以上、突然近くの山が噴火したり、大地震が起こったり、巨大台風が直撃したり何らかのリスクはあります。

過去30年間で何の災害も起きなかった日本の地域というのは北海道のオホーツク海沿岸部などの一部を除き日本にはほぼ存在しません。

このようにいつ、自分の家が破壊され、日常生活が奪われるかは誰にも分からないことです。

そうなった時、ずっとニートでやっていると何の職業経験もないまま就職活動をしなければなりません。

しかもそのような災害があった後だとただでさえ就職活動は厳しいものとなっているはずなのでニートの就職先はよほど誰もやりたがらない仕事しか残っていないでしょう。

親はいつまでも元気ではない

自然災害は運がよければ一生巻き込まれずに過ごすこともありますが親の老化は確実にやってきます。

今まで面倒を見てもらっていた親に余裕が無くなり、逆に介護が必要となった時手助けをしなければなりません。

その状況になって初めて働く決意をした時がすでに40代だと就職活動は大変です。

今までニートだった40代を採用してくれるような職場は無くはないですがよっぽど誰も働きたがらない職場であることは間違いないでしょう。

若いうちに社会での生き方を身につけておかないと・・・

例え、家庭に余裕があって特に働く必要が無くても社会に出て何らかの活動をしておくことをおすすめします。

例えば若い人が少々マナーに反することをやったり言ったりしても周りの大人達からしっかりと叱ってくれます。

周りの同年代の人達も同じような状況なので失礼なことをして人間関係が大きく崩れることはないでしょう。

しかしこれをいい歳した大人がやってしまうとそうはいきません。

周囲からは引かれ、年下からは軽蔑されます。

たとえ一生働かなくても良い状況であってもみんなに嫌われて、軽蔑される人生は嫌だと思うので最低限のマナーや一般常識は社会で働きながら若いうちに身につけておきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートが働く意欲を持つためには

ニートというのは余裕があるから出来ることではありますがそれは長く続かず、気づいた時には取り返しのつかないことになっています。

そのためすでにニートになってしまっている人は出来るだけ早い段階でその状況を脱しなければなりません。

そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

危機感を持とう

ニートというのは自分を取り巻く環境に余裕がないと出来ないことです。

しかしこれは一部の超大金持ちを除き、長くは続かないことです。

しかも職歴が全く無い状態で歳を重ねるといざ働かなければならない時に大変な目に合います。

その未来への危機感をしっかり意識出来れば自然と働く気になれることでしょう。

ひとりっ子でも実家がそのままもらえるということではない

19歳の高卒ニートが勘違いしている事として遺産相続に関しての誤解があります。

確かにひとりっ子であれば親が亡くなった時、遺産は相続されます。

しかし、日本には相続税というものがあり、何も対策せずにいると親子三代で全て無くなってしまうと言われています。

相続税の計算はややこしいので詳しくは省きますが大体、地域によりますが家一軒残っているとそこに引き続き住むのに数百万円かかります。

実家に引き続き住むのにお金が必要??


なぜ自分の家なのにお金を払わなければならないかと言うと、生命保険や預金などすでに現金となっている遺産は受け取る額から少し抜き取られるだけですが、不動産や金塊などの固定資産は土地の一部だけ持っていかれるということは出来ません。

遺産となった不動産の価値をお金に変えてそこにかかる税金を支払うことで相続することが出来るのです。

東京の高級住宅地にある豪邸が売却されて土地が細かく分断されたりアパートが立ったりするのはこの相続税を子供達が払えないからなのです。

じゃあ事前に土地の権利を移したらいいかと思いきや、そこには贈与税というものがかかります。

親の貯金をちょっとだけ自分の口座にうつすくらいなら国税局にバレないかもしれませんが、不動産の贈与は額も大きく、手続きは行政で行うので確実にバレます。

結局実家は親の物であって自分の物ではないのです。

ニートに人間的な魅力無し

やはり1人の人間である以上、異性との恋愛や人との交流を楽しみたいものです。

よほどのお金持ちであれば別ですが、高卒ニートという人に人間的な魅力を感じる人はいるでしょうか。

たとえ効率の悪いひどい仕事であっても何か仕事をしている人の方が魅力的に見えるはずです。

若いうちは高校の同級生などまだ一緒に遊んでくれるかもしれませんが大人になるにつれて価値観が合わなくなり徐々に周りから人がいなくなってくるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

大丈夫。19歳という若さが武器になる

高卒ニートのままではやばいということに気づいて就職活動をしなければならないと思えさえすればもう大丈夫です。

30代や40代のニートと違い、若さという武器があります。

それに他の19歳はまだ学校に行っている年齢です。

むしろ早く仕事を始めるということになります。

若くて健康というだけで優位

若くて健康だというだけで魅力的な人材だということはお気づきでしょうか。

これは何も体力勝負のキツイ仕事だけではありません。

若い人というのはまだ何にも染まっておらず、素直な存在で非常に指導がしやすい、と多くの企業が思っています。

何か資格が必要であれば働きながら資格取得の勉強をさせようと考えている企業もいれば研修を長期間やってじっくり育てていこうと考えている企業もいます。

これがある程度経験がある人だと余計な考えを持ってしまい思ったとおりの人材には育ちにくい、と多くの企業は考えているので若いというだけで非常に有利です。

19歳は何も出来なくて当たり前!

19歳ニートで、今までろくに勉強をしてないので何も自信が無いと考えている人がいたら安心してください。

19歳の人に即戦力を求めている企業はほとんどありません。

何も出来なくて当たり前で、仕事に関する勉強もこれからやっていけばいいのです。

むしろ大学に行き、幅広く色々なことを勉強するよりも、本当に仕事に必要なことだけ勉強出来るので効率よく自分に必要な勉強だけをすることが出来ます。

進学も就職もどちらも出来る!

19歳という年齢は普通ならまだ学校に行っている年齢なので今から進学を考えることも出来ます。

もちろん良いところに就職出来れば一番良いのですが、さらなる飛躍のために働きながら資格取得のための講座などに参加したりするのも良いでしょう。

19歳という年齢は可能性に満ち溢れているので高卒ニートという選択は非常にもったいないです。

\就職に不安を抱えているなら/

19歳の高卒ニートが優良企業に就職するためには

今からちょっと遅れて大学に行ったりするのは嫌だという人は今すぐ就職したいと考えていることでしょう。

19歳であればよほど景気が悪く無い限り、必ずどこか採用してくれる企業はあらわれますが貴重な時間をブラック企業に使いたくないので出来るだけ良い企業に就職したいものです。

そのような優良企業に就職するにはどうしたらいいのでしょうか。

若さとやる気をアピール!

どんな企業であっても高校を卒業したばかりの19歳に今までの実績や経験は求めていません。

これから指導をして育てていくという前提で採用するので、その研修期間を耐えて一人前になれるかどうかをみています。

したがって大事なのは好奇心旺盛で学習意欲があるということをアピールするということです。

履歴書にそのようなことを書いてもいいですし、面接の時にその職種に非常に興味があると目を輝かせながらアピール出来ると採用の可能性は高まります。

経験が無くて当たり前!重要なのは人間性!

高校を卒業したばかりの19歳だと今まで何のバイトもしていないから不安だと思うかもしれません。

安心して欲しいのは企業側は19歳にそのような経験を求めていません。

優良企業で経営が安定している企業であるほど社員には辞めてもらわず定年まで働いて欲しいと考えているので長く付き合いが出来るような人間性を求めています。

もちろん特殊な技能があったり会社にとって役立つ経験があれば多少の人間性の欠如には目をつぶりますが、19歳にはそのような技能や経験は当然ながらありません。

即戦力の経験者や技術者だけが欲しいという場合は書類選考の時点で落とされているはずです。

したがって書類選考に通り、面接までいった時は何が出来るとアピールするよりも態度良く接するなど、人間性を好かれる方向を目指す方が採用の可能性は高まります。

転職エージェントに相談!

19歳の高卒ニートだと就職指導もされていないので何が失礼なのかも分からないことでしょう。

また、優良企業なのかどうかも分からないという人は多いのではないでしょうか。

もちろんインターネットで自分で調べてみるのもいいですが、それには時間もかかるので転職エージェントに相談してみるのが一番良いでしょう。

ネットで調べただけでは自分はこのケースに当てはまるのか分からない事でもそれぞれの事情に合わせて適切なアドバイスをしてくれます。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

19歳高卒ニートは実は企業にとっては逸材!

かつて高卒は企業にとって金の卵と言われていたように19歳の高卒ニートも同じくらいの逸材と言っても過言ではありません。

やはり指導がしやすいというのと、可能性が満ち溢れているという事で優良企業で安定して長期経営出来ている企業ほど若い人材は求められています。

しかし中にはブラック企業もあり、貴重な若い時の時間をそのような企業に使ってしまっては下手したら一生が台無しになってしまいかねません。

まだまだ19歳だと世間の事もよく分からないと思うのでブラック企業で働いてしまう事がないように転職エージェントに相談するのが最も確実でしょう。

下手したら一生が台無しになってしまうというリスクがあるので転職エージェントに無料で相談して慎重に行動しましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ