ニートの就活

働きたくない!仕事をしたくないニートは何から始めればいい?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「もう働きたくないからニートのままでいよう」

「仕事したくないからといってニートでいたらまずいのかな」

こんな思いを持っている人はいないでしょうか。

ニートのままずっと働きたくないと言っていると将来的にはつらくなるかもしれません。

就職のサポートをしている私のところにもずっとニートだった人がよく相談に来ていました。

仕事したくないからといって就活しなかった自分が愚かだったと言っていた人もたくさんいます。

この記事ではその状況から少しでも改善の方向に進むためのやり方を紹介します。

仕事したくないニートは何から始めたら良いのかを理解して、今から取り組んでみましょう。

働きたくない!ニートが仕事をしたくないと思う原因とは

ニートが仕事をしたくないと思う一般的な原因について知っているでしょうか。

あなた以外にも働きたくないと思っているニートはたくさんいるので、どんな思いで仕事をしたくないと考えているのかを見てみましょう。

人付き合いに懸念がある

人付き合いが苦手だから仕事したくないと思っているニートは大勢います。

ニートになってしまった理由がそもそも就職をして社会生活を送るのが嫌だったからという人もいます。

就活で内定を取るところまで辿り着いたのに、漠然とした不安が生まれてきてしまって辞退したというケースも増えてきているのが現状です。

社会人としての人付き合いでは自分と相手の立場の相対関係を考えて対応しなければならないのが特徴です。

本当に今後ずっと適切な立ち振る舞いができるのかと考えたときに懸念が生まれてきてしまって、ニートのまま働きたくないと考えるケースは多いのです。

失敗するのが怖い

社会人になって仕事で失敗するのが怖くなってしまって就職を嫌がっているニートもたくさんいます。

仕事で失敗したために上司から叱られるのではないか、同僚から冷ややかな目で見られるのではないかと思うと不安になってしまいます。

何度も失敗していると自分はダメな人間ではないかと思い込むようになる場合もあるでしょう。

そのような状況を想像すると失敗で苦しい目には遭いたくないと思いがちです。

仕事をしなければつらい状況にはならないと考えて働きたくないと考えているのです。

責任を取るのが不安

社会人になると業務上の行動について責任が付きまとうようになります。

自分でやったことだからきちんと責任を取って対処しろと言われてもできるかわからないという気持ちになってしまうでしょう。

しかし、仕事をするというのは責任を持って任された業務を適切にこなすことを意味します。

そのプレッシャーが厳しいというイメージがあって仕事したくないと思うニートも多いのが実態です。

本当に重大なミスをしてしまって責任を取れと言われ、せっかく就職したのにすぐにクビになってしまうのではないかと想像する人もいます。

そんなことを繰り返していたらどこへも就職できなくなるから、最初から諦めてしまおうと考えているニートもしばしばいます。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが仕事をせずにお金を得る方法はある?

ニートになるとお金をどうしたら良いかが悩みになることは多いでしょう。

今は預貯金で生活することができても、無収入のままでは先行きが不安になってしまいます。

仕事したくないからといって働かないでいると生活できなくなるリスクがあります。

この際に何とかしてお金を得る方法はあるのでしょうか。

親兄弟にお願いする

自分の両親や兄弟に相談してお金を工面しているニートの人は少なくありません。

親族との付き合いが今までどうだったかによって親兄弟にお願いできるかどうかは違います。

親しい関係をずっと続けてきた場合には就活に失敗して働けないという話をすると当面の生活費を支援してくれることはよくあります。

両親は特に我が子がかわいいので頑張って就職しろというエールを送る気持ちで仕送りをしてくれたり、実家で過ごさせてくれたりするでしょう。

兄弟としても仲が良いと断れないという面もあって少しくらいお金を出してくれることがあります。

ずっと生活費をまかなうことは難しいですが、一時しのぎとしては有効な方法です。

恋人に養ってもらう

もし恋人がいるなら養ってもらう方法があります。

ニートでいる間は助けて欲しいという形で何とかしているニートの人もいます。

女性の場合には結婚して専業主婦になって幸せな生活を送っていることもあります。

ただ、男性の場合にはまだ専業主夫を歓迎してくれる女性があまり多くないので、恋人に頼っても長続きしません。

いつかは見限られてしまう可能性が高いため、本気で仕事したくないと思っている場合にはやめておいた方が良いでしょう。

インターネットでコツコツ稼ぐ

最近のニートの人がよくやっているのがインターネットでコツコツ稼ぐ方法です。

本格的に仕事と言えるほどに取り組んでいるケースも稀にありますが、一般的には本当に小遣い稼ぎ程度のものです。

アンケートサイトで回答したり、ポイントサイトでバナークリックをしたりすることで地道にポイントを稼いで換金すれば毎月数千円くらいは稼げます。

また、商品モニターやインタビュー調査などに当選すると数千円から一万円くらいは稼げるので、うまく獲得できると食費くらいは確保することが可能です。

ただ、本当に生活できるほどのお金を得ようとすると、仕事としてやらなければならないくらいに大変になります。

商品モニターなどは当選率が低いため、毎月安定してお金を手に入れることもできません。

お金が苦しくなってきたときにやってみる人は多いですが、結局はあまり稼げなくて長続きしないのが通例です。

\就職に不安を抱えているなら/

仕事したくないからといってニートのままだとどうなる?

ニートのままでもうずっと生活していこうという気になっている人もいるでしょう。

仕事したくないと思うとこのような気持ちに駆られがちです。

しかし、このままニートを続けると取り返しのつかない状況になってしまいます。

何がこれから訪れるのかを理解しておきましょう。

生活費の限界がやってくる

お金を稼げるかどうかという点で問題があったことから想像できるように、いつかは生活費の限界がやってきます。

預貯金から工面したり、親兄弟や恋人から支援してもらったりしたとしても何年もニートを続けるのは困難です。

生活保護を受けるという選択肢もありますが、実家に住んでいるならまず生活保護は受けられません。

また、独立していたとしてもケガや病気などで働けないか、就職活動中で一時的に生活費に困っているようなときにしか生活保護は受けられないのが一般的です。

そのため、いつかは生きていくためにはもう働く以外には道がないという状況に陥ります。

交友関係がなくなっていく

ニートになってずっとそのまま働かないでいると交友関係も失われていきます。

お金が足りなくなってくるとちょっと一緒に遊びに出かけることもためらってしまうでしょう。

友人たちは仕事をして稼いでいる影響で、遊びに行くときの費用感にも違いが生まれてきてしまいます。

だんだんと付き合いが悪いと思われるようになってしまって、ついには声がかからなくなってしまうでしょう。

もともといた友人が離れていくだけでなく、ニートをしていると新しい友人を作るのも困難です。

仕事もせず、遊びに出かける余裕もないと新しい人と出会う機会がないからです。

そのため、独りぼっちの寂しい生活になってしまうと考えられるのです。

精神的に滅入ってくる

ニートのまま働かないでいると精神的に滅入ってきてしまう人も多いので注意しましょう。

収入がなくてお金の心配もあり、娯楽や趣味を楽しむ余裕もなくなっていきます。

親兄弟からの視線もだんだんとつらくなってくる上に、友達付き合いもなくなってしまった状況を想像してみましょう。

日々の生活に楽しみがなくなり、周囲からはストレスがかかる状況に陥ってしまうのです。

精神的につらくなっても身近な人に相談もできず、頭を抱えてしまうことになりかねません。

このような最悪の事態になってしまう前に状況を打開する必要があります。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが働きたくない心理をどうにかするには

将来的に厳しい状況が見えているとはいえ、やはり働きたくないという気持ちに打ち勝てない人もいます。

ニートがどうしても働きたくない心理をどうにかするには何が必要なのでしょうか。

自分が働きたくない理由をリストアップする

ここまでに他のニートの人が働きたくないと言っている理由を紹介しました。

ただ、あなたがなぜ仕事したくないと思っているかは他の人と同じというわけではないでしょう。

働きたくない心理を何とかするには、まずなぜ働きたくないかを自分で理解するのが大切です。

自分が働きたくないと思っている理由を考えてリストアップしてみましょう。

ただ書き出しただけでは解決にならない場合も多いのは確かです。

しかし、具体的に書いてみようとしてもあまり数が出てこないこともよくあります。

実は無性に働きたくないという気持ちがある気がしていただけで、大して根拠はない場合もあるのです。

働きたくない理由がほんの少ししかなかったなら解決できるかもしれないという気持ちも湧いてきます。

まずは自分を見つめ直してみるのが大切なのです。

働くことの意味を考え直す

働くことに対して前向きな姿勢を持てるようにするのも気持ちを切り替える上では重要な考え方です。

働く意味について自分なりに考え直してみましょう。

お金を稼ぐために働く、自分のやりたいことを楽しむために仕事をする、社会貢献のために働くなど、色々な考え方があります。

一つに限る必要はないので自分なりに働くとはどういうことなのかを書き出してみましょう。

そして、他の人にも意見を聞いて対照してみると、自分の視野がいかに狭かったかがわかります。

もし働くことに意味を見出せたらきっと気持ちを切り替えられるでしょう。

危機感ではなく希望を意識する

やらなければならないというプレッシャーは何をするにしても逆効果になりがちです。

ニートをやめて働かなければならないという危機感を持つのはもっともなことですが、もっと前向きな気持ちを持つように意識しましょう。

ニートをやめたら収入も入るようになり、他の人たちとも仲良く交流できるようになります。

すると将来に希望が見えてくるのではないでしょうか。

危機感に追われると反発心が生まれてきて就職したくないと思ってしまう傾向があります。

ポジティブに仕事をしてもっと夢のある将来を迎えられるようにしようと意識するのが大切です。

\就職に不安を抱えているなら/

仕事をしたくないニートは何から始めればいい?

働きたくない気落ちを何とか揺り動かすことができたとしても、行動に起こすのは難しいという人もいるでしょう。

仕事したくないニートはどんな行動から始めたら良いのでしょうか。

社会人と話をする

自分なりに考えた働く意味を他の人と対照してみるためにも、社会人と話をしてみましょう。

友人と話をするのが最も気軽で良いですが、もう関係が疎遠になってしまっていて話を切り出しにくいかもしれません。

その場合には就職フェアや転職フェアなどに参加してみるのも良いでしょう。

多くの企業が集まっている機会なので、気軽に何のために働いているのか、働いていた何が楽しいかといったことを質問できます。

また、地方自治体が若者向けに就職活動者向けのセミナーや相談会を実施していることもあります。

実際に社会で働いている人と話をすることができる場合が多いので参加してみましょう。

就職支援の相談をする

ハローワークや転職エージェントなどの就職支援サービスに相談するのも良い方法です。

仕事をしたくないとハローワークに相談しても良い返事をもらえないかもしれません。

しかし、民間の就職支援サービスなら仕事をしたいと思うようにカウンセリングをしてくれるでしょう。

既卒などの若手の就職サポートに力を注いでいる転職エージェントもあります。

気軽に無量で相談できるので、電話やメールで問い合わせてみましょう。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

職業訓練を利用する

もし仕事をするのに対して少し前向きな気持ちが生まれてきたなら職業訓練を利用するのも良い方法です。

ハローワークで提供しているサービスの1つで、就職して働くのに役に立つ専門的な能力のトレーニングを受けられるようになっています。

料金も比較的安いのが特徴で、期間も数ヶ月くらいのものがほとんどです。

ハローワークに行けば職業訓練について説明してもらえる窓口があるので話を聞いてみましょう。

職業訓練を受けて実践的な能力を身につけると、これを生かして働きたいという気持ちが生まれてくるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートの自分に向いている仕事の見つけ方

何とか仕事をしてみようという気持ちを奮い立たせることができたら、自分に向いている仕事を見つけたいと思うのではないでしょうか。

最後にニートの自分に最適な仕事を見つけるコツを紹介します。

何から始めたら良いかわからないと悩んでずっと諦めてきた人も、まずは以下の二つのうちでできそうな方から取り組んでみましょう。

職場の見学や体験をしてみる

仕事に対する興味を持てるようにするのがニートから本気で脱却するのには欠かせません。

職場を実際に見てみたり、仕事の体験をしたりすると考え方が大きく変わる可能性があります。

現場によっては求職活動をしている人を対象に職場見学会を実施しています。

少しでも興味がある企業が見学会の募集を出していたら応募してみましょう。

見学会の募集はハローワークや求人サイトに掲載されていることもありますが、転職フェアなどで告知されることが多くなっています。

また、求人を出している企業に問い合わせてみると個別に見学できる機会を設けてくれることもあります。

漠然としたイメージでもこの企業が良さそう、この業界なら働けそうというものがあるなら求人を探して問い合わせてみましょう。

前述の就職支援サービスでも見学の機会を作ってくれることあるので相談してみるのが大切です。

実際に見学や体験をしてみれば自分に合うかどうかはきっと判断できます。

マッチングサービスを利用する

自分に向いている仕事を見つけ出すにはプロにマッチングしてもらうのも良い方法です。

仕事のことがよくわからないから自分に合うかどうかを判断できない場合が多いからです。

適性を考えて最適な仕事や企業とのマッチングをしてくれるサービスを利用してみましょう。

転職エージェントは企業と人材を結びつけるのを仕事としているので最も適切な相談先です。

自分に向いている仕事がわからないと話を切り出せば、プロとしてマッチングをしてくれます。

興味のあることや嫌いなことなどを色々と質問されるので正直に答えていきましょう。

すると、適性がある仕事をピックアップして詳しく説明してくれます。

そのまま就職のサポートも受けられるので転職エージェントによるマッチングならきっとスムーズに自分に向いている仕事先に就職できるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

仕事したくない気持ちを前向きに切り替えよう

仕事したくないという強い気持ちに駆られてしまうことも珍しいことではありません。

しかし、ニートのままではこの先の人生が台無しになってしまう可能性もあります。

今ならまだ気持ちを切り替えて、仕事をする前向きな姿勢をきっと作れます。

ここでは色々なアプローチを紹介してきましたが、全部やろうとすると大変でしょう。

まずは転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

仕事に魅力も教えてもらうことができ、仕事をする気持ちが生まれたらマッチングもしてくれます。

この記事を読んで一歩踏み出そうという気持ちが生まれてきたなら、今を逃すともうチャンスはないかもしれません。

転職エージェントはいつでも気軽に相談できるので電話やメールで連絡してみましょう。

きっとあなたがニートから抜け出して社会人として働けるようにサポートしてくれます。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ