ニートの生活

仕事辞めてニート生活に突入?!最高で楽しいのは最初だけだった件。

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

こんにちは!元ニートの丸山です!今はホワイト企業の正社員として悠々自適に働いています。

「ニート生活って最高なのかな?」「ニートは楽しいってホント?」

今の職場が嫌で仕事辞めてニートになろうか悩んでいる人はいませんか?

仕事もすべて投げ出して、ニートになって自由気ままな楽しい生活。

一度は憧れますよね。

ただちょっと待ってください。

何も考えずにニートになると後悔することになるかもしれません。

この記事では会社を退職し、仕事を辞めてニートになった僕の実体験からそのニート生活を赤裸々に語っていきます。

仕事辞めてニート生活に突入

僕は新卒の会社を辞めてニートを2年間ほどしてました。

辞めた当初はそりゃもう楽しくて仕方がありません。

「もう仕事に行かなくていいんだ」「嫌な上司にがみがみ言われることもない!」「俺は自由だ!」と心の中で叫んでいたのを覚えています。

どんな場面で最高だったのかを説明していきますね。

二度寝しほうだい

まずこれです!

仕事を辞めた翌日、朝6時ごろに目が覚めました。

普段なら体の重さと気だるさと闘いながら自分の体をしばきあげて何とか出社の準備をしていたのですが、その日は「あ、もう会社行かなくていいんだ」と解放された気分になりました。

そこからの二度寝がもう最高。

すっきりした気持ちで二度寝して、穏やかな一日を過ごせます。

動画が見放題

僕はYoutubeなどで動画を見るのが趣味です。

ただ会社で働いてたときは家に帰っても仕事のことを考えて、Youtubeで動画を見ててもどこか上の空でした。

しかし仕事を辞めてニート生活を送ることになってからは気兼ねなく動画を見て十分に楽しい時間を送ることができるようになりました。

堕落した感が最高

社会人だった頃は朝6時に起きて1時間かけて出社して、夜遅くまで残業して寝るという生活の毎日。

しかしニート生活はいつ起きてもいいし、いつ寝てもいいし全てが自由です。

自由で何もやることがない分かなりだらだらした生活を送っていました。

このなんといいますかね、背徳感というのが何とも言えず最高で、堕落している自分を楽しんでいました。

好きなことに時間を割ける

ニートが生活が縛られていません。

なにか仕事を課されているわけでもありません。

ですので、なにをしてもいいし、どこにいってもいい。

自分がやりたいことに集中して時間を割くことができるのです。

このストレスフリーな生活は何にも代えがたいものだと思いました。

嫌な上司や先輩にがみがみ言われない

前の職場はかなりブラック臭のする職場で上下関係がかなり厳しかったです。

なんというか若干体育会系のような職場でした。

そこではパワハラ、モラハラは当たり前。

職場ではかなり怒鳴り声が響いてきました。

残業時間は長く終電で帰ることもよくありました。

就業中は先輩や上司から怒られたり説教されたりとストレスMAXです。

そんなストレスから解放されて最高な気分でした。

\就職に不安を抱えているなら/

最高!楽しい!と思えたのは最初だけ・・・

まぁ、つらつらとニート生活がいかに最高で楽しいかを語ってきたわけですが、実際はニートの生活はそんなに甘くはありませんでした。

最初は楽しくて仕方のなかったニート生活ですが、半年もすると焦りや不安感の方が強くなってきます。

親からの視線が痛い

僕は社会人のころは1人暮らしをしていたのですが、退職してからはお金もないので実家に暮らすことにしました。

親も最初は「まぁ、しばらくゆっくりしなよ」と歓迎ムード。

が、しかし、半年も経ってくるとその親の視線が痛い痛い。

最初は歓迎ムードだったくせにいつからか「あんたいつ働き始めるのよ」という視線に変わってきます。

朝から夜まで家にいたので気まずさもあり、実家にいずらくなってしまいました。

友達からの視線がいたい

友達も仕事を辞めたことを報告して最初は「そんなやばい会社だったんだw辞めて正解じゃんw」と辞めたこと自体に対してはとやかく言われることはありませんでした。

逆に「仕事しなくていいなんていいなぁ」と羨ましがられたこともあります。

しかし、いつからか「お前まだニートやってんのかよw」とちょっと小馬鹿にされることもしばしば。

そこからは僕もニートというのを弄られるのが嫌で次第に気まずくなって疎遠になってしまいました。

将来が不安になってくる

将来もだんだんと不安になってきます。

なにぜなにもしていないのですから将来どうしたいかとかどんな風になりたいかと一切考えていませんでした。

まぁ別に最初はそんなこと考えなくても「なんとかなるっしょ」と気楽に考えていたのですが、ニート生活も長くなってくると次第に焦燥感や不安が募ってきます。

「この先俺はどうなるのだろう」「一生ニートのままで過ごすのかな」と頭の中によぎることもありましたが、臭い物に蓋をする方式で考えないように考えないようにしていました。

\就職に不安を抱えているなら/

期間限定のニート生活はアリ

こんな感じでニート生活を送っていたわけですが、自分の経験からあなたにお伝えしておきたいのは「ニート生活は別に最高じゃない。最初だけしか楽しいと思えない」です。

もしどうしても「ニート生活を送ってみたい」という人は必ず期限を決めてニートをすることです。

ただなんとなく「ニートしよ~」となるといつまでもニート生活から抜け出せなくなり、もしかしするとそのまま一生再就職できなくなるかもしれません。

\就職に不安を抱えているなら/

取り返しがつかなくなる前に就活を

ニート生活が長くなるとそれだけ再就職に不利になります。

今では僕はホワイト企業の正社員として再就職できたのですが、その道のりはつらく厳しいものでした。

「就職してない時なにしてたの?」「なにもしてなかったわけ?」

と面接官から厳しい質問の嵐。

僕はもともと口はうまい方ではなかったのでその質問にしどろもどろです。

もちろん採用されるわけもなく、不合格の連続でした。

「もうこのまま一生ニートなんだ俺は・・・。」と絶望した矢先に見つけたのがジェイックという就職支援サービスでした。

ここではニートの僕でも就職支援してくれて、どうやったらニートでも就職できるか、ニート期間をいかに強みに変えていくかを丁寧に教えてくれました。

そのおかげで今はホワイト企業に再就職することが出来ています。

僕の経験から言うとニート生活は絶対におすすめしません。

後々後悔します。

もし、どうしても仕事を辞めてニートになりたいのならまずはジェイックに申し込んで相談してみるのもいいでしょう。

ジェイックでは「仕事を辞めたい」というだけの相談に乗ってくれます。

そこから本当に仕事を辞めるべきか辞めるならどうしていくべきかを的確にアドバイスしてくれます。

「ニート生活がしたい」と思っているなら転職を3か月後にしたいと相談すれば3か月間は気ままなニート生活が楽しめます。

期間を決めずにニートをするとその状態に慣れてしまって動き出せなくなるので登録だけは絶対にしておきましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ