中卒

中卒に正社員は無理?就職できないと言われる5つの理由と対処策

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

中卒は正社員になることはもう無理なのかなぁ。。

正社員になれたとしても肉体労働系しか就職できないのかな

このように考えている若い中卒の方は多いと思います。世間では中卒は就職できないという噂が流れています。実際に学歴において不利な点や一方的な偏見などがあり苦労している方は多いんですね。

しかし、中卒でも正社員に就職することは可能です。

中島

実際、私は中卒で某上場企業のデスクワークの仕事をしています。もちろん正社員として。

この記事では

  • 中卒に正社員は無理と言われる理由
  • 就職できないという噂は本当なのか
  • 中卒がデスクワークの正社員を目指すために知っておくべきこと

などを解説いたします。

\中卒でも正社員は無理じゃない/

たしかに中卒が正社員に就職するのは他の高卒や大卒に比べたら難しいというのは事実です。

しかし、だからといって絶対に就職できないということではありません。工夫次第で中卒はオシャレなオフィスでデスクワークの仕事が出来る環境に就職することだってできます。

なぜなら最近の時代の流れとして、学歴よりも人柄や意欲を重視されるようになってきたからです。

しかし、そういった仕事に就くためには就活のやり方を工夫しなければなりません。

中卒の方が一人で就活をしてしまうと書類選考で落ち続けてしまい一向に正社員になれないなんてこともありえます。。

そうならないようにも、そして今からでも正社員に就職するためにも「就職支援サービス」を利用しておくことを強くおすすめします。

就職支援サービスでは

  • 就職の悩み相談
  • 求人の紹介
  • 書類選考・面接対策

など就活に関する全てのことをサポートしてくれるサービスです。

その中でも『ジェイック』という会社はフリーターやニートなどの正社員未経験者を専門に支援しており、これまで23000名以上の方を正社員就職に成功させてきています。

ここではこういった方をサポートしてきた実績があるため、「学歴不問」の求人もかなり豊富にあります。もちろんデスクワークの仕事しかありません。

実際に私もここを利用して、正社員に就職就職することができています。

ジェイック』を利用したことで私の人生も大きく変わったので、あなたの人生も大きく変わるかもしれません。

一人で悩んでいても就活に成功することはないので、まずは相談からでも始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

Contents
  1. 中卒の現状と就職率
  2. 中卒は本当に就職できない?!
  3. 中卒は正社員は無理と言われる5つの理由
  4. 中卒で正社員になれない人の特徴
  5. 中卒の就活方法は?
  6. 中卒にハローワークは有効か?
  7. 中卒で正社員になりやすい就職先!<職種や業界>
  8. デスクワークに就職したいなら
  9. 中卒の面接突破のカギ!
  10. もう無理なんて言わせない!中卒で正社員就職するために!
  11. 中卒でも正社員は無理じゃない

中卒の現状と就職率

まず、日本に最終学歴が中卒の人がどれくらいいるのかというと2017年に総務省統計局が発表した国勢調査では18.8%の人が最終学歴が中卒ということがわかりました。

そしてここで中卒の就職率を高卒や大卒と比較してみましょう。

下記をご覧ください。

最終学歴正社員の割合
大卒80.9%
高卒56.3%
中卒35.4%

出典:性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合(平成30年)

中卒の正社員就職率は大卒の半分以下という結果になっています。また高卒と比較しても低いです。

このようなことから中卒から正社員を目指すことは簡単ではないことがわかります。しかし不可能ではないということです。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒は本当に就職できない?!

さて、これまで中卒の就活市場の現状をお話してきましたが、中卒だからと言って就職できないわけではありません。

中卒でも立派に正社員として働いている人はたくさんいます。中卒という学歴を気にせず採用する企業は多くあります。

今の時代の状況から見ても中卒でも正社員に就職することは十分可能なのです。

職種によっては中卒でも就職して活躍できることも明らかです。やり方によっては大企業の社長にまでのぼりつめることも可能です。

中島

中卒が就職できないということはないんですね。

学歴より、人柄重視の企業が増えてきた

中卒の人が就活で気にしているポイントは「学歴で不利になる」ということが多いです。

高卒や専門学校卒であったり大卒や大学院卒など色々な学歴の人がいます。上を見ればキリがないので気にするのはやめましょう。

なぜなら企業は学歴ばかりを見て採用をしていません。昨今、学歴よりもその人の個性を重視する企業が増えてきました。

昔は学歴社会といって学歴だけでその会社に入社できるかどうか決まっていたのですが、今ではその人が入社してからどのように成長していきそうかなどのポテンシャルを見るような採用基準に変わっていってるのです。

中小企業やベンチャー企業にその傾向は顕著に見られ、中卒でも就職できるチャンスが広がっているのです。そのため仕事に対する姿勢や人柄などを重視する企業も多いのです。

またいくら学歴がすごくても、元気のない人を採用したくありません。

中島

人柄が良くてやる気があって元気であれば、企業は一緒に働きたいと思っているところも多いです。

中卒でも職種を選べば就職はできる

学歴によって選べる職種は違っています。それは学歴が高くなるほど専門的な勉強をしているためです。

そういったことを踏まえた上で中卒が就職しやすい職種があります。

肉体労働系や軽作業のような職種は中卒でも就職しやすいです。

中卒が就職しにくい仕事に応募しても書類選考や面接で落ちてしまうのは当然です。

そして面接で落ちるから仕事がないと感じてしまうのは少し違いますよね。

中島

中卒でも就職しやすい職種であれば就職はできます。

若い人材はどこの企業も欲しい

中卒の最大の武器と言えば「若さ」です。

若さがあれば、知識や技術をどんどんと吸収してくれるので将来的に会社に役立つことが多く期待されています。

今は何の技術も身についていなくても会社が教育していけばその教育コストも十分に回収できるほど長く働いてくれると期待されているのです。

中卒で大企業の社長になった人もいる

中卒をネックに感じている方は多いと思いますが中卒でも大企業の社長になった人もいます。

たとえばGMOインターネット株式会社の熊谷正寿さんという人です。

GMOインターネットといえば上場企業であり、上場している子会社を9つも持つグループです。

その社長というのだからすごいですよね。

自分自身の学歴はあまり意識していなかったようです。

「自分は頭がいいし、やればできる」

というようなことを常に考えていたようです。

学歴は関係なく自分に自信を持つことで、周囲も自分も前向きになれるということかもしれませんね。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒は正社員は無理と言われる5つの理由

では、なぜ中卒は就職できないと言われているのでしょうか。

企業が正社員として採用することを避けるのは、中卒の人は不良なのではないかと思っていることがあげられます。

その他にも仕事をする上での専門性が低いという疑いや、雇ってもすぐに辞めてしまうんじゃないかと思われやすいということです。

中島

企業が中卒を避ける理由を知っておきましょう。

  • 未だに学歴を重視している企業はある
  • 中卒には信用がない
  • 優秀な人材を集めるのに学歴はいい目安になる
  • 中卒は離職率が高い

未だに学歴を重視している企業はある

今では学歴ではなくその人の将来性やポテンシャルを重視している企業は増えてきているとはお話ししました。

しかし、それでも未だに学歴を重視しているという企業は残念ながらあります。

特に大手企業ともなると学歴が中卒というだけで入社できたとしても昇給や昇進されずらいというハンデを抱えてしまう場合があります。

中卒には信用がない

中卒というのは世間一般イメージでいうと…

  • 不良など勉強を放棄して学校に行かなかった
  • 積み重ねることが苦手
  • 目標を達成することが苦手

などがあります。

そのため採用する企業側も

採用担当者

この人を採用してもすぐに辞めないかな

採用担当者

ちゃんと言うことを素直に聞いてくれるのかな

と不信感をもってしまって採用するのを躊躇してしまうのです。

中卒は不良ではないかと思われている?

採用担当者

高校に行かなかったということは勉強がきらいだったのかな

採用担当者

素行が悪くて高校に入れなかったんじゃ…

このように企業の採用担当が思う場合があるようです。

たしかにそのような理由で高校進学をしなかったり高校を中退する人もいます。でもそれは偏見であり、そのようなことがあってはなりません。

しかしながら企業の採用担当も人材選びには必死なのです。

  • 仕事をきちんとできるのか
  • 職場の調和を乱さないか

など考えているんですね。

なのでトラブルをおそれて、正社員として採用することを避ける企業もあるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

優秀な人材を集めるのに学歴はいい目安になるから

学歴というのはその人がどれだけ勉強してきたか、どのくらいの知識を持っているかの良い目安になります。

学歴が良いならその分

  • この人は学歴に見合うだけの勉強をしてきた
  • その学校に入るためにそれなりの努力をした

というのがだいたいわかってきます。

もちろん、事情があって学校に行けなくて、中卒になってしまった場合や、大学に行ったとしてもそこまでの能力がない人はいます。

しかし、確率として中卒よりも大卒の方が優れている人の割合が多いという意味で学歴は良いフィルターになるのです。

専門性がないと判断されやすい

極端なことをいえば、大学の薬学部を卒業することは高い専門性を身に付けたと言えます。

薬剤師になる資格があるので就職先はいくらでもあります。こういった明確な専門性があれば企業は雇いたくなります。

なぜなら企業はプロとして人材を働かせたいからです。

その反面、中卒ということはそれだけ学びの時間が少ないのです。

そして職歴がフリーターやニートなどであれば、さらに専門性が低いと思われてしまいます。

学校で勉強していたわけでもないし会社で正社員として経験を積んでいたわけでもないのです。そうであれば専門性が低いと判断されるのはしかたないのかもしれません。

中島

そういった理由から採用を避ける企業があるのです。

中卒は離職率が高いから

企業は採用してから長く働いてくれる人材を求めています。しかしながら中卒の離職率は高いんですね。

すぐに辞めてしまうかもしれない人材の採用を企業は避けやすいことが現状です。

下記の統計をごらんください。

学歴離職率
中学卒業35.7%
高校卒業16.2%
短大卒業17.7%
大学卒業11.7%

出典:新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

中学卒業だけが際立って2倍程度に高いことがわかります。

どのような理由であれ離職をされることは企業にとって痛手です。

なぜならキャリアを積んだ人材が離職すると、また新たに人を雇って一から育てなくてはならないからです。

中島

教育する時間は人件費もかかるためコストですからね。

離職率が低い大学卒業の人を雇いたい

企業がそう思うことはしかたないことかもしれません。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒で正社員になれない人の特徴

学ぶ姿勢がない人や敬語やマナーを避ける人は正社員にしたくないのが企業の本音です。またコミュニケーションを避ける人なども同じです。

企業は職場でその人が働くことをイメージして、職場になじめるかということも考えます。

学ぶつもりがない人や態度が悪かったりコミュニケーションを避ける人は正社員になれません。

中島

下記で中卒で正社員になりずらい人の特徴を詳しく見ていきましょう。

学ぶ姿勢がない人

仕事をする上で大事なことは常に学び続けることです。

なぜなら社会は常に変化しています。働く人々はその変化に対応するために日々学習をしています。

しかし仕事をする上で学ぶことを嫌い最低限のことしかしない人を企業側は避けてしまいます。

学ぶ意欲を感じられない人や面接の準備をしっかりしてこない人は

ああこの人はやる気がないんだな

と思われます。

正社員として雇う場合には、仕事への意欲や謙虚な態度などを重視されます。

敬語やマナーなどに関心がない人

仕事ができれば話し方とか態度とか関係ない

このように思う人を企業は正社員として雇いません。

仕事というのは顧客を相手にしています。自分勝手な行動を顧客は許してくれません。

取引先

無礼な正社員だな。もういいや、契約を解除しよう

このような事態は企業にとって大損害です。

敬語やマナーというのは信頼の証であり基本です。そういったことを心がけることが企業やその人の品位につながります。

上手とか下手は関係なく、心がけているかいないかの問題です。

中島

そういった気持ちを持ってない人は正社員として採用されにくいです。

コミュニケーションを嫌う人

無駄な話はしたくないんだよな

こういった人を企業はマジメだとは思いません。確かに仕事中にずっとおしゃべりをしてはいけません。

しかし仕事をスムーズに進めるためには一定のコミュニケーションが必要です。

人間関係を良好に保つことや連絡事項を適切に伝えることなど、コミュニケーションは大事なことです。

たとえば

おはようございます、今日は天気がいいですね

と声をかければ、仕事中も話しかけやすくなるというものです。

中島

あいさつもしないし大事なことを伝えてくれない人を正社員として採用することはありません。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒の就活方法は?

中卒の就活方法には学歴不問の求人が多い転職サイトがあります。

またハローワークであれば地域に密着した求人に応募ができますね。

転職エージェントであれば就活の方法から就職後まで、しっかりとサポートを受けることが可能です。

中島

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

転職サイト

ネット上で求人を探せる便利さが魅力の転職サイトです。

転職サイトによっては「学歴不問」の求人も多数あるので登録する人も多いようです。

経歴などの個人情報をデータとして登録しておきます。さまざまな企業が登録した人のデータを見るため、チャンスは広がります。

登録して待っているとオススメの企業や企業からのオファーがある場合もあります。

このように手軽に利用できるのが転職サイトです。忙しいときでも自分のペースで就活することが可能です。

ハローワーク

各都道府県にある就職支援サービスのハローワークは気軽に利用できることが魅力です。

服装の決まりもありませんし就職相談の予約もいりません。

中島

気軽に利用しやすいんですね。

地元企業の求人があり、求人数自体も多いことが特徴です。

その求人に応募する際にもスキルが足りないことから不安になる人も多いと思います。

そのためパソコンスキルや機械系などさまざまな職業訓練をうけられることも。

また応募した際に「企業から返事が来ない…」ということも就活ではあります。

ハローワークを通じて応募することで必ず「拒否通知」を受け取れます。このように時間の無駄を防ぐこともできます。

転職エージェント

中卒で就活をするときは色々な悩みがあると思います。

そういった悩み相談にものってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは登録をしたあとはサポートに従うだけです。

ヒアリングなどによって求職者に適した求人をピックアップします。

求職者が就職を確実にするために、模擬面接などの面接対策や履歴書添削といったサポートも充実しています。

優良企業の求人が豊富なので就職後も安心できる可能性が高いです。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

中卒にハローワークは有効か?

ハローワークは利用できる時間帯が中卒でフリーターをしている方には合っていないかもしれません。

また就活の面接対策といったサポートに不安があることも気になります。

ハローワークに掲載されている求人の質についても気になる点がありますね。

中島

ハローワークを利用する前に実態やそのデメリットを知っておきましょう。

  • 利用できる時間帯が限られている
  • 就活のサポートに不安がある
  • 求人の質にばらつきがある

利用できる時間帯が合っていないかも

中卒でフリーターをしている人には、ハローワークの利用時間が適さない場合があります。

都道府県によって違いますがハローワークは基本的に平日の17:15までのところが多いです。

たとえば17:00に仕事が終わっても17:15までしか利用できないとなれば仕事を休まなければなりません。

それに単純に収入が減ってしまうことも気になります。

そのような点からフリーターの方は積極的に利用ができない可能性があるのです。

就活のサポートに不安

中卒の方であれば就活のやり方に不安があると思います。

履歴書の書き方や面接のマナーなどの不安です。

ハローワークによっては面接対策などを行っているところもあります。

しかしハローワークの就活サポートは担当する職員によっては手薄だったという体験談もちらほらと見かけます。

せっかく時間を作って訪れても職員があまりやる気がない人の場合は困るでしょう。

基本的にハローワークの職員の人は受け身という印象があります。

こちらが質問をすると答えてはくれますが、積極的にアドバイスをくれる職員はあまりいないです。

中島

これではあまり頼りすることができません。

求人の質にばらつきがある

中卒の方であれ誰であれ優良企業に就職したいのは一緒です。

しかしハローワークは求人掲載されている企業の質にばらつきがあります。

なぜなら無料で求人を掲載できるからであり、どのような企業でも掲載することができます。

また求人自体に問題がある場合もあります。

たとえば長期に掲載されている求人がすでに募集されていないというトラブルが過去にありました。

さらに求人に掲載されている条件と雇用されるときの契約の内容が違っていたなどというトラブルもあるようです。

中島

こういった事例から考えると求人の質があまりよくないことがわかります。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒で正社員になりやすい就職先!<職種や業界>

中卒でも正社員になりやすい「学歴不問」の職種や業界は以下になります。

  • ITエンジニア
  • 営業職
  • 建設業
  • 工場勤務
  • トラック運転手

どれも社会では必要とされた職種なのでやりがいは大きいです。またコツコツ続けることで手に職がつくため頑張る価値があります。

特に

  • ITエンジニア
  • 営業職

の2つは今後、どんどんと必要になっていく職種であり、かつ高収入も十分に狙える仕事です。

その魅力や内容などを見ていきましょう。

営業職

営業職は中卒でも、やる気やポテンシャル重視で積極的に採用する傾向があります。

なぜなら営業職とはビジネスの世界でなくてはならない存在だからです。

何か製品を売ろうとしたらそれを売り込む人が必要ですよね。

どれだけいい製品でもそれを売り込む腕のいい営業マンがいなければそれを買ってくれる人はいません。

そのため、営業職はどんな業界にも存在し、常に人手を欲している職種になります。

私の勤めている会社では、採用担当である部長が「その人と一緒に仕事をしたいかどうかで採用を決める」と仰っていました。

さすがに大手企業だと学歴が関係してきますが、中小企業やベンチャー企業は学歴不問のところが多いです。

そして何と言っても営業職の魅力はインセンティブ(特別報奨金)がついてくるところ。

中島

自社で扱っている製品を売れば売るほど自分の給料が上がってくるのでモチベーションもかなり保てます。

\就職に不安を抱えているなら/

ITエンジニア

ITエンジニアはインテリのイメージの印象が強いですが、実はあまり学歴が関係なく、学歴よりも技術や経験を重視しています。

IT業界は需要が高いのに比べ人材が不足しており、2030年には約45万人も不足するとされています。

(参考元:経済産業省HP

そのため、業界全体が学歴関係なく新しいエンジニアを常に欲している状態です。

資格を取得すれば、年収もかなりアップさせることも可能で、しかも将来的に独立も十分狙える職業ですので中卒でも

  • 「デスクワーク」がしたい
  • いつか起業したい

という人にはおすすめになります。

一日のうち、多くをパソコンと向かい合って行う仕事のため、人と接するのが苦手やコツコツとした仕事が好きな人に向いていますが、逆に外へ出て仕事をしたい人には難しいでしょう。

↓ITエンジニアになる方法を知りたい方はコチラをタップ↓

建設業

建設業の一番の魅力は将来的にも仕事がなくなる可能性が低いことです。

なぜなら建物や道路などは時間がたつと壊れたりボロボロになります。そういったものを建て替えたり補修する必要があるからです。

仕事が将来的にあることで安心して長く働けます。

建設業では頭脳を使う人や技術に長じた人、肉体労働をする人と役割は様々です。

すべての役割は技術が身に付き手に職がつきます。万が一のときに手に職がついていれば転職や起業もできます。

実は建設業はきついイメージがある反面、最近ではホワイト化していると言われています。待遇改善など働きやすくなっており、これから注目の業界でもあります。

工場勤務

部品を作る工場や食品を作る工場など種類はさまざまです。

工場は現代社会にはなくてはならないものとなっています。工場で作業員として働く場合はモクモクと自分の仕事に集中してできます。

働いてもらう側もモクモクとやってもらったほうが仕事が捗るので、そこまでコミュニケーションがいりません。

働く側も集中して作業に取り組み「あ、定時だから帰ろう」となるのが理想的だと思います。

基本的に単調な作業の繰り返しが多いので安心です。

中島

コツコツまじめにやっていけばキャリアアップを目指せますよ。

しかし、単純作業が多い分、技術があまり身につかないというデメリットもあります。

トラック運転手

物流をささえる大事な役割を持っているのがトラック運転手です。

最近では巣ごもり需要のためネットで買い物をする人が増えています。そのため「仕事がなくなるんじゃ…」という不安はいりません。

就職先によっては全国を走りまわるドライバーになることもあります。

運転中は基本的に一人なので気楽なものです。

ドライブが好きな人には嬉しい職種です。

中島

荷物を届けたときに「ありがとう、待っていたよ」というようなことも。

また荷物を多く届けることで、インセンティブにより給料が上積みされる企業もあります。

やりがいは充分にある職種ではないでしょうか。

\就職に不安を抱えているなら/

デスクワークに就職したいなら

中卒の仕事というと土木工事などの建設業や工場の作業員などの力仕事、いわゆる「ブルーカラー」というイメージがあると思います。

では中卒だとそういう職業しかないのかというとそうではありません。

中卒でもデスクワークで就職したい!

そんな人のために、中卒でもデスクワークの仕事を紹介している就職支援サービスを紹介します。

ジェイック

ジェイックでは中卒の就職支援を積極的に行っており、中卒でも就職できるデスクワークの仕事をたくさん紹介してくれます。

中卒の就職活動の仕方やデスクワークをやるうえでの基本などを徹底的に教えてくれるので就職活動を有利に進めることができます。

また、その就職成功率は80%以上と先ほど解説した中卒の就職率35%の2倍以上にも及びます。

中島

実際に私もここを利用して正社員になることができました。

\60秒で簡単登録『ジェイック』/

中卒からITエンジニアになりたいなら

先ほど、高収入も狙えてかつ、中卒でも就職しやすい職種としてITエンジニアを紹介しましたが、とはいってもこれからITエンジニアになるためには最低限の知識が必要です。

未経験からITエンジニアになるためには「ITスクール」というITの基礎知識や技術を教えてくれるところにまずは通って勉強するというのが一般的です。

そこで今回は無料で利用できる人気のITスクールを厳選して2つのご紹介しますので参考にしてみてください。

以下で紹介するITスクールは知識や技術を教えてくれるだけでなく、その後の就職サポートもしてくれるので未経験からITエンジニアを目指したいなら、まずは利用しておくべきサービスです。

プログラマカレッジ

プログラマカレッジは

  • IT系求人3500件以上
  • 未経験からのITエンジニア就職率96%以上
  • 対面式でマンツーマンでサポート

と無料のITスクールではトップクラスのサービスです。ぶっちゃけてしまうとITエンジニアを目指すならココ以外の選択肢はないといっても過言ではないです。

ただし、デメリットとしては

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉

一都三県に住んでいる人しか利用することができないので注意しましょう。

\60秒で登録完了『プログラマカレッジ』/

ウズキャリ

ウズキャリは

  • 就職内定率86%以上
  • 求人件数1500件以上

とプログラマカレッジには若干劣りますが、それでもIT特化型サービスの中ではトップクラスを誇っています。

もちろん対面でITスキルや就活サポートなどをマンツーマンで行ってくれるので心強いです。

プログラマカレッジと大きく違う点は

  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

地方に対応しているので一都三県以外に住んでおり、プログラマカレッジが利用できないという方はウズキャリの方を利用しましょう。

\60秒で簡単登録『ウズキャリ』/

中卒の面接突破のカギ!

身だしなみを徹底することや面接での基本的なマナーを必ず守りましょう。

また中卒の面接では「進学しなかった理由」について必ず聞かれる覚悟が必要です。

すべてにおいてうまくできなくても、気持ちが伝わるようにやりましょう。中卒の面接では人柄を伝えることが一番です。

就職を成功させるためにやるべきことを学びましょう。

中島

下記で詳しく解説していきす。

  • 身だしなみを徹底する
  • 面接でのマナーを守る
  • 進学しなかった理由に気を付ける

身だしなみを徹底する

第一印象というのは面接でなくても大事です。第一印象が悪ければその後の人間関係に悪影響がおよびます。

そのためまずは清潔感をアピールしなくてはなりません。

髪は短めにしてさわやかにしたり、ヒゲは必ずそっておきましょう。そして派手なスーツなどは避けて、黒や紺であったりグレーなどが適切です。

もしも「服装自由」などとあった場合にもスーツで行くことをおすすめします。

そういった点を採用で重視される場合もあるからです。

面接でのマナーを守る

面接ではドアの開け方やイスに座るタイミングなど基本的なマナーがあります。

そういったことをないがしろにしてはいけません。必ず覚えてそれを守りましょう。

またついついやってしまう「クセ」にできるだけ気を付けましょう。

貧乏ゆすりなどがクセの人は我慢する必要があります。しゃべり方についても友達としゃべる感覚で話をしてはいけません。

うまくできなくても「です、ます」というのを使いましょう。

心がけていれば「ああこの人は敬語を使うようにがんばっているんだな」と気持ちは伝わるはずです。

進学しなかった理由に気を付ける

中卒の面接では必ず「進学しなかった理由」を聞かれます。

  • 「勉強したくなかった」
  • 「自由に遊びたかった」

絶対にこのように答えてはいけません。

勉強をしたくなかったということは「勉強することに意味がない」と考えていたりしていますよね。

なので「早く社会経験を積みたいと思いました」などと答えることが適切です。

面接ではネガティブなことは基本的に厳禁です。

いかに前向きに話をしていくのかということがポイントです。

そして今後どのように働いていきたいのかなどをアピールするとやる気が伝わりますよ。

\就職に不安を抱えているなら/

もう無理なんて言わせない!中卒で正社員就職するために!

たしかに中卒は就職が難しいという現状はあります。

しかし、工夫次第で、いくらでも優良企業に就職することは可能です。

中島

事実、私も中卒で正社員に就職することが出来ています。周りの方も中卒なのにバリバリ仕事が出来る人もたくさんいます。

中卒の方が正社員を目指す上で大事なポイントは、

  • 自己分析で方向性を明確にすること
  • 学歴不問や未経験者歓迎の求人を選ぶこと

で、こういったことを意識するだけでも正社員への道は近づきます。

しかしこういったことを一人でやるのは難しいので、就職支援サービスなどを利用して頼りになる協力者を見つけましょう。

そこで私や周りの実体験を踏まえて、どうすれば就職できるのか、その方法を詳しく紹介していきます。

中島

正社員を目指す上で大事なポイントをしっかり確認してくださいね。

  • 自己分析で方向性を決定する
  • 若さを武器にする
  • 学歴不問や未経験者歓迎から見つける
  • 資格を取得する
  • 自分に合った転職支援サービスを活用する

自己分析で方向性を決定する

就活でやる気や自信をアップさせる手段のひとつに自己分析が効果的です。

  • 「自分が得意なことは?」
  • 「自分が好きなことってなんだったっけ?」

このように考えます。

すると自分が得意なことをはっきり自覚できます。そして自分がやりたいことも見えてきて職種を選びやすくなります。

また反対に苦手なことなども考えてみましょう。そういったことをできるだけ避けることも良い手段です。

このように自己分析で自分自身への理解を深めましょう。

そして方向性をしっかりつかんむことで、意欲的に就活ができるようになります。

中島

また一人でやるのではなく、誰かとやることも効果的です。

若さを武器にする

先ほども言いましたが中卒の一番の武器は若さです。

もし、あなたがなにかしらの理由で進学できなかったのだとしたらその進学できなかった反省をいかにして未来へ活かしていくかということを企業に猛烈にアピールします。

若いということはこれからやり直しがきくということです。

「若気の至り」という言葉もありますし、今までの自分の失敗をどのようにリカバリーしていくかを担当の面接官に言いましょう。

そうすれば

面接官

この人は中卒だけどこれからのことをまじめに考えてやり直そうとしているな

と信用を得ることができます

学歴不問や未経験者歓迎から見つける

求人内容を見ると条件がいろいろと記載されていると思います。

中島

その求人のすべてを考えても時間の無駄です。

なぜなら中卒というのは書類選考の段階で落とされる可能性がかなり高いからです。

面接にまで行きつけなかったらアピールするも何もないです。

そうならないために学歴不問」や「未経験者歓迎」の求人をピックアップしましょう。

そこから自分がやってみたいと思ったり、自分に合っていると思える求人を見つけると良いです。

そういった求人は教育制度が整っている場合が多いです。一から人を育てていくため、ノウハウが充実しています。

またこういった条件の求人は幅広く人を募集しています。なので採用されやすいというメリットもあります。

まずは書類選考を突破することを第一目標に学歴不問の求人を探すようにしましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

資格を取得する

自分が就職したい業界・職種があるのならそれに関する資格を取得してみるのも1つの手です。

その分野に関する資格を持っているだけでアピール材料になりますし、仕事の面でもその資格取得者しかできない仕事があるので重宝されることになります。

自分に合った転職支援サービスを活用する

ハローワークや転職サイトなどありますが、おすすめの転職支援サービスは転職エージェントです。

転職エージェントは登録することで、どのサービスよりも手厚いサービスを受けることができます。

たとえば

  • 就活における悩み相談
  • 実績が豊富な就活のプロなので的確なアドバイス
  • 履歴書や面接の対策
  • 優良企業の求人の紹介

など。転職エージェントは実際に企業に訪問して残業や企業の雰囲気を調査しているので安心です。

転職エージェントに相談することで就活をする上での不安がだいぶ軽くなります。

また「次に何をすべきか」と迷うこともないので、安心して就活に取り組むことが可能です。

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...
ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

中卒でも正社員は無理じゃない

実際に中卒でも正社員になっている人がいることを忘れずに就活をはじめましょう。

中卒は就職できないというデマはもう忘れましょう。

学歴はあくまで一つの材料にすぎません。

人柄や健康、ビジネスマナーや意欲などできることをしっかりやることで企業は採用したくなります。

若いうちはとりあえず正社員としてキャリアを積むことが大事です。就職しやすい職種を選んで目標としましょう。

そして一人の力は知れています。誰かの力を頼りにすることは恥ずかしいことではありません。

中島

目標へのゴールをイメージして着実な一歩を踏み出しましょう。

この記事で紹介したサービス
【ジェイック】 営業職を目指すならココ
公式サイトはコチラ>>
【プログラマカレッジ】 ITエンジニアを目指すならココ
(一都三県以外は利用できないの注意)
公式サイトはコチラ>>
【ウズキャリ】 一都三県以外に住んでいてITエンジニアを目指すならココ
公式サイトはコチラ>>

*全て完全無料で利用可能
*登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる