大学中退者の就活

資格なしの大学中退者でも就職できるって本当?就活に影響はある?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退で資格もなしだけど就職できるの?」

「資格なしでしかも大学中退・・・まともな就職先はあるの?」

そんな風に悩むことがあるかと思います。

大学中退ってかなりイメージが悪いんじゃないかとか、なかなか就職先がないんじゃないか、過酷な道をを強いられるんじなないかというイメージだったり漠然とした不安があったりすると思います。

大学中退者だからと自身の学歴にコンプレックスを感じていると、少しでも周りに追いつけるように資格取得を検討することもあるでしょう。

私も周りに同じような人なんていないし、大学を中退したばかりの頃は不安だらけでした。

中退してしまったというだけで就職への不安は尽きないと思います。

でも、安心してください。

結果からお話すると、資格取得は専門分野を除いて、採用の際の「+α」要素にはなっても、「資格保持者だから採用される」といことはありません。

私自身まさに資格なしの大学中退者ですが、大学中退者で資格なしという枷に加えてコロナ禍という三重苦の状況下でも就職できた私が、大学中退者が資格なくても就職できるコツやポイントを、注意点も含めご紹介させていただきます。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

資格なしの大学中退者でも就職できる!

「大学中退で職歴もなかったら、アピールするために資格は必要なのでは?」

と思うかもしれませんが、少し違います。

資格がなくても、学歴が不十分でも、就職することはもちろん可能なのです!

では私がどうしてそう断言できるのか、ご説明します。

世の中には働く人を求めている会社がたくさん

私は就活に転職エージェントを使いました。 

たくさん応募もしましたが、実際に就職した場所以外にも面接のオファーをいくつかいただいたり、実際に面接をしていただいたりしたところがいくつかあります。

大学中退者にも、オファーが来るんです。うちの面接受けませんか?って。

これだけでもかなり希望がもてませんか?

20代は資格がなくても問題ない

そもそも企業側から、資格保有者とはどのような場合に必要になるのでしょうか。

それは専門知識が問われる業務内容であったり、退職者の後任としてすぐに戦力として業務を回してほしい場合です。

しかし求人の中には、上記のような即戦力を求めているものばかりではありません。

例えば経理事務の人材を採用したい際、企業が求めるパターンは大きく分けて2パターンあります。

  • 年齢は問わないが経歴やスキル、即戦力を求める
  • 未経験でもスキルは教育していくので、将来の人員強化のために若年層を求める

前者の場合は始めにもお話したように即戦力を求められるので、簿記やMos資格、またはそれに相当する知識や実戦経験を求められます。

対して後者の場合は、若ければ企業も仕事を1から教えるつもりでいるので、資格がなくても気になりません。

むしろ資格を持っているからといって、前者の求人に応募しても、即戦力にならなければ採用はされないのです。

「資格優遇」の求人でも応募できる

求人に「資格優遇」と記載されていても、資格がない人でも応募することはできます。

資格以外の面で、自分がどのような点であれば好印象を獲得できるのか、ということを考えましょう。

大げさに言えば、資格は持っているけど覇気がなくやる気を感じない人よりも、資格はないけど今後の向上心が伺え生き生きとした人の方が、採用したいと感じるはずです。

資格不要の仕事はたくさんある

資格にこだわらなくても、業種や職種によっては「資格不要」の求人はたくさんあります。

特に若年層の場合は、未経験や知識がなくても、あまり気にされません。

いちばん大切なのはやる気とポテンシャルだからです。

営業や販売職はもちろん、飲食や事務系、IT業界なども人手不足が手伝い企業の採用意欲は高めです。

スキルは入社後に身につけていけますし、中には資格取得の費用を負担してくれる会社もあります。

無理に今資格取得に時間を割かなくても、大きな問題はありません。

地方に住んでいる場合、運転免許を取得するのはアリ

何故かというと地方では必須要件に運転免許が含まれる求人が多いからです。

地方の方は運転免許を取得しておくのもアリかもしれません。

逆に都会になるとそれほど運転免許が必要でもなくなってくるので、そこまで変わらないでしょう。

免許をとれば通勤先の幅が広がる!

地方だと通勤手段が限られてくるのでどうしても駅から近い勤務先である必要があります。

折角見つけた条件の合う会社も、駅から徒歩60分なんてことも少なくありません。

通勤時間がかかりすぎると相手にほんとに通えるのか不安に思われたり、いざ通うときに負担になってきたりします。

実際に私も、前の職場まで、乗り換えはあるし、駅から徒歩で40分以上かかるところでした。

徒歩の時間はただただもったいない時間でした。

もったいない時間は減らすに越したことはありませんよね?

大学中退者は大手は厳しいかも…

もちろん、大卒資格がないので、大卒者と同じ会社(大企業)、業種を受けることは出来ないこともあります。

そういう面では大卒並は諦めないといけないところではあります。

しかし、大学中退者だからといって、就職先がないということは実感としてはありません。

派遣やパートでなく正社員の求人もあります!

\就職に不安を抱えているなら/

資格なしでしかも大学中退…。本当に大丈夫?

就活の際、「資格保有者歓迎、または優遇」の文字を目にすることがあるかと思います。

そのような文言を見かけると、「やっぱり資格保有者のほうが就職しやすいんだ」と感じてしまっても不思議ではありません。

しかし実際のところ、企業側は「あればいいな」くらいにしか思っていません。

それは一体どういうことなのでしょうか?

採用者はあまり資格の有無を気にしていない?

そもそもあなたはどうして、資格保持者のほうが採用されやすいと考えるのでしょうか?

もちろん資格が必須の求人も存在します。

保育士になるには「保育士資格」が、薬剤師になるには「薬剤師免許」が必須になります。

上記のような「必須資格」を除けば、「優遇資格」の場合は年齢やポテンシャル、人柄でカバーすることも十分に可能なのです。

実は企業が求職者に求める要素のうち、「取得資格」を重視する割合は8.9%しかありません。

逆に「人柄」を重視するのは90.1%、「企業に対する熱意」を重視するのは72%と大きな差があるのがわかります。

(参考元:リクルートキャリア 就職白書

若年層人材に対して、企業はそこまで資格の有無に関して気にしていないのです。

重要なのは資格よりも人柄や熱意

前述したとおり、企業が求職者に求める点は「資格」よりも「人柄や熱意」です。

自己分析をしっかり行い、企業研究を怠らなければ、資格がなくてもあなたの良いところは十分にアピールすることができます。

若年層の採用は、企業側もはじめから即戦力になるとは考えていません。

「この人なら今後成長し、会社に貢献してくれそうだ」と思ってもらうことができれば、資格はなくても問題ないのです。

\就職に不安を抱えているなら/

自分に合った働き方を見つけよう

周りの友人の多くは正社員で働いているでしょう。

だから自分も正社員で探したい!と思ったり、正社員じゃないと生活できないんじゃないかという漠然とした不安があるんじゃないでしょうか?

一人暮らしでも、意外にも月々生活に必要なお金は正社員で無くても稼げるものです。(余裕はあまりないですが)

自分の体や心、時間と相談しながら業種だけで無く雇用形態を選ぶのもいいでしょう。

入った時は正社員でなくとも、社員登用がある場合もあります。

自分にとって何が大事なのか考えよう

今の自分に必要なお金が稼げれば、次に時間的な余裕を大事にしたいのか、貯金が必要なのか、人によって違うと思います。

仕事に費やす時間は膨大ですが、それだけが人生ではありません。

自分に合った働き方を選択しましょう。

ただ、各会社で雇用形態や勤務時間な保険への加入条件が違うのでその点は注意が必要です。

手取り給与からどれだけ必要経費として引かないといけないのか、差し引かれた状態で手元に給与がくるのかで自分が生きていくためのお金がいくら手元にのこるのかが変わってきます。

\就職に不安を抱えているなら/

資格なしの大学中退者が就職するために知っておくべき9つのこと

大学中退者というだけが、資格がないことだけが、あなたのアイデンティティではありません。

資格がなくても、大学中退者でも、正しい就活を行えば正社員になることはできます。

しかしただわけがわからないまま、とりあえず求人に応募してみる、なんてことはおすすめしません。

就活とは様々なタイミングで、事前準備が必要になるのです。

下記では効率の良い就活の進め方や、就職に近づくためのポイント、陥りやすい注意点について解説します。

自分をアピールできるようにしておく

あなたが企業に「人柄」や「熱意」をアピールするには、まずはあなた自身があなたをよく理解していることが大切です。

誰でも「このりんごはどんなものなの?」と質問して、「わかりません」と言われたら買おうと思いませんよね。

それは企業も同じです。

「あなたはどんなことが得意で、今後どのように成長していきたいですか?」と質問があったとします。

「やる気はあるんですけど、自分が何をできるかわかりません」と答えてしまったら、企業側は会社の役に立つかわからない人を採用したいとは思いません。

自身がどのような点で今後、企業の役に立てるのかを、アピールできるように準備しておくことが必要になるのです。

面接をうける会社に一見関係なさそうなことでも構いません。

小さい頃得意だったこと、大学時代やっていた活動、性格、趣味や好きなこと、体験を思い出しておいてみましょう。

自身を理解するために自己分析を行う

まずは紙にあなたの経歴を書き出してみましょう。

どのような経験をし、どのようなスキルを身につけたのかを整理し深堀りしていきます。

その際の経歴はもちろんアルバイトでもOKです。

  • 飲食店で接客や調理を担当
  • 人と接することが好きなので、接客の仕事が向いていると感じる
  • お客さんに直接「おいしいわ、ありがとう」と言われると嬉しくてやりがいを感じる
  • 様々な人と触れ合うので、相手に応じて臨機応変に対応を変えていける接客スキルが身についた。

ここまで書き出すことができれば、大変だったこと、克服したことについても考えてみましょう。

  • 接客では時にクレームを受けることもあり、その際には状況を把握し、まずはお客さんに真摯に謝罪することを心がけていた。
  • わからないことがあれば、すぐに社員と報連相を取り合い、周りが混乱しないように気を配っていた。

など、自身の経験を整理することで、あなたが気づかなかったスキルや魅力が見つかるはずです。

長所は気づかないところに隠れている

上記の自己分析から、以下のような長所やアピールポイントが発見できます。

  • コミュニケーション能力
  • イレギュラー時に落ち着いて行動できる柔軟力
  • 自身の非を認める素直さ

このように、普段意識していないことでも、十分アピールできるポイントとなるのです。

是非自己分析をして、堂々と自分を紹介できるようになりましょう。

小さなことでも強みになる

本業として使うには稚拙な技術や実力でも、他業種だと重宝されます。

例えば、英語を本業にするには、TOEICで750以上の点数または実力が求められることが多いですが、英語をそこまで使わない他業種だと「日常会話ができるだけの英語が喋れる、すごい」となります。

自分自身の良い面を振り返り面接に臨めば、自然に自信があるように喋れたり、引目を感じず堂々と話せたりします。

たまに、得意なことを聞いていただけることがあるとそれをきっかけに話が弾んだり、この子いいなとおもってもらえたり、褒めてもらえたりすることもあり、更なる自信や内定につながります。

資格がなくても、自信あり気に堂々としていれば面接を乗り切り内定獲得もできます。

企業研究で自身とのマッチポイントを見つける

求人応募や志望動機を考える際などには、企業のHPをリサーチしましょう。

そしてあなたの長所やアピールポイントで、その仕事とマッチしているところを探します。

例えばメーカーでの営業職を希望する場合、次のようにアピールできます。

「私は過去の経験から、コミュニケーションや様々な場面での柔軟性を身につけました。営業の仕事では、私のスキルに加えて、素直さを武器にお客様との信頼関係を構築できるように精進したいと考えています。」

さらに「御社の〇〇な敬遠理念に惹かれて」なども付け足すことができると良いですね。

ここまで伝えることができれば、採用担当者にも、あなたの魅力や熱意が通じるはずです。

就活を後回しにしない

「今はあまり求人が多くない時期みたいだし」

「今はアルバイトが忙しいから落ち着いたら行動しよう」

などと、理由をつけて就活を後回しにするのは辞めましょう。

なぜなら今この瞬間が、あなたの就活のベストシーズンだからです。

フリーターは歴が長くなるほど、就職しにくくなります。

5年以上のフリーターが就職できる割合は、フリーター歴が1年未満の人と比べると、約4割ほどになります。

(参考元:労働政策研究・研修機構、労働政策研究報告書 No,199

就活は少しでも早く始めたほうが有利になりますので、心当たりがある人は注意しておきましょう。

身だしなみを整えておく

人は初対面で会う人の印象の約9割を見た目で判断します。

ですので履歴書の写真、面接の際の身だしなみには気をつけましょう。

髪の長さや形、ひげの剃り残しはないか、スーツは身体にフィットしダラけて見えないか、靴に汚れはないか、など当たり前に見えてもうっかり出来ていなかった、ということがないようにしましょう。

履歴書の写真は写真館などで撮影してもらうことがおすすめですが、難しい場合は襟が立っていないか、表情は暗くないかなど、何度か撮り直して一番良いと思うものを提出しましょう。

家を出る際には、一度鏡で全身を確認するのが安心です。

まずは面接は3つ受けてみよう

多くの転職サイトで

「内定を取った転職者は5社以上受けています。」

という文言見かけませんか?

なら「5社以上受けないと。」という気持ちになりますが、不慣れな面接を5社もこなすのは至難の業です。

ですので、5社一気に受けるのではなく、初めは3社受けるのがいいでしょう。

何故3社か理由を説明していきます。

データ収集のため

1つ目の理由はデータ収集のためです。

1社目で質問内容を粗方把握し、2社目で受け答え対策をして実践してみるためです。

3社目が必要な理由は、どんな会社でも聞かれること、変な質問、採用に関係ない質問を分別することができるからです。

次に受ける企業を絞り込むため

2つ目の理由は、3社で内定が出なかった場合に4,5社目どの業種を受けようか、どのくらいの規模のところにしようか、など参考にするためです。

あとは、もしオファーが来たらそこは面接すべきだと思います。

自分の経歴をわかった上でオファーしてきているので、客観的に自分の強みがわかるので、絶対に他の面接で活かすことができます。

無理のない就活を

自分が把握できる範囲で、力を発揮できる範囲で就活をしようということです。

自信がなかったり、収入的に余裕がなかったりして、ついつい、沢山一気に受けたくなりませんか?

一気に応募すると、その後、一気に面接日の調整が来るのです。

私は日程を調整するのも、履歴書を書いてというのに毎日毎日追われて、雑になったり面接に行かなかったりしてしまいました。

しかし、いい結果をもらうにはひとつひとつの会社の仕事を把握し、面接を丁寧にうけることが大事になります。

いい結果をもらえば、自分を雇ってくれるところがあるという証拠になり、根拠ある自信につながります。

余裕を持ったスケジュールを

そのために余裕を持ったスケジュールを立てることが大事です。

スケジュールをつめすぎないことで、履歴書などの内容を練り、写真の貼り忘れや、履歴書の出し忘れ、面接日忘れ、オンラインでの面接に多いフォーム入力忘れを防げます。

就活は自分が今A社は面接が終わって連絡待ち、B社は〇〇日に面接で、持っていくものはこれとしっかり把握できる範囲にしましょう。

ちなみに大学中退者やフリーター向けの転職エージェントでは、こちらが面接を受けやすいように日程を調整してくれます。

さらには書類選考を通さずにに面接を受けられる転職エージェントもあり、余計な手間が省けるのでこの機会に利用してみるのも良いでしょう。

大学中退で資格がなくても優良企業に就職したければ、転職エージェントを利用しよう

「資格がなくても就職できるのはわかったけど、できるだけ良い企業に就職したい」

「実際にどんな企業が自分に合うのかがわかない」

そんなお悩みは転職エージェントを利用すれば解決されます!

転職エージェントとは、人材採用をしたい企業と、働きたい求職者とを繋ぐ、いわば橋のようなサービスです。

求職者は基本的に無料で就活サポートを受けることができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーが専任で、ヒアリングを通してあなたに合った仕事を紹介してくれ、選考の際には書類添削や面接対策なども受けることができます。

中退者の就職率30%前後ですが、転職エージェントを使うと80%を超える就職率になるというデータもあります。

中には「大学中退者に特化」したサービスもあり、中には就職率90%以上なんてところもあるのです!

資格に関しても入る段階では無資格でも、働きながら資格取得サポートが受けられ、キャリアにつながる手助けもしていただけます。

一人で就活を進めるよりも、モチベーションを保ちやすく、優良企業への就職も可能になります。

私が実際に転職エージェント利用したときの体験談

私も初めての面接で知識もないし緊張して思ったように話せないこともありました。

そこで転職エージェントを頼ったことで漠然とした不安を解消することができました。。

転職エージェントのスタッフはたくさんの就活生との関わりや面接先とのつながりがあり、アドバイスをもらうことができたからです。

実際に、転職エージェントの方は履歴書の書き方や面接での受け答え、特に言い回しについて内定が取れるようにアドバイスをいただきました。

面接前の打ち合わせで、面接先からの質問を教えていただけたり、面接や就業について不安なことに具体的にアドバイスをもらえました。

さらに、面接中もサポートしてくださるのでとても安心でした。

資格に関しても入る段階では無資格でも、働きながら資格取得サポートが受けられ、キャリアにつながる手助けもしていただけたことが本当に助かりました。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

資格のない大学中退者だって、仕事を選んでいい

最後になりますが、これは、声を大にして伝えたいことなのです。

働くのは結局のところ自分自身です。

資格がない大学中退者であっても内定は絶対に取れます。

面接までは選ばれる側かもしれませんが、内定をもらってしまえば、大学中退者だろうがなんだろうが選ぶ側です。

経歴に自信がないからと早く出た内定に飛びつきたくなりますが、ほかの内定を待って他の内定先と比べたりじっくり考えて、就職先を選ぶことが一番大事なことです。

もちろん、働いてみないことにはわからないこともたくさんありますが、就職先を選ぶということは、1日の多くの時間を費やす場所を決めることになります。

だからこそ最低限、福利厚生や給与休暇など紙面で確認できるところだけでも、できるだけ自分の希望にあったところを選ぶのが重要だと思います。

貪欲に、謙遜しすぎず、勤務先を選ぶのが重要だと思います。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

\就職に不安を抱えているなら/

資格の有無よりもあなたの魅力と頑張りが鍵になる!

もちろん資格取得の努力や結果は素晴らしいものです。

しかし何事にも優先順位があります。

今のあなたは資格取得に力を注ぐよりも、少しでも早く就活を始めることが優先です。

20代は無限には存在しません。

今後本当に取得したい資格が見つかった時、その時に資格勉強を頑張ればよいのです。

大学中退で資格もない、とこれ以上自分を卑下するのは辞めましょう!

あなたの魅力は、あなた自身が発信していくのです。

転職エージェントはその手助けもしてくれますので、是非チェックしましょう。

今あなたの魅力を企業に伝えることができれば、きっと就活はうまくいきます!

時間を無駄にせず、せっかくのチャンスを逃さないように行動しましょう。

応援しています。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ