大学中退者の就活

大学中退したら仕事がないって本当?仕事探しの5つコツを伝授!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退したら、仕事がないって本当?」

「大学中退者の仕事探しのコツなどがあれば、知っておきたい。」

大学中退をしてしまうと、仕事がないのではないかと考えてしまいますよね。

しかし、大学中退をしても仕事探しのコツをいくつか抑えることで就職できる可能性が高まります。

また、この記事を書いている私はWebマーケティングのベンチャー企業で人事として多くの就職者・転職者のサポートをしてきました。

そこで今回はどうして大学中退者には仕事がないのかという理由を解説した上で仕事探しのコツをご紹介していきます。

この記事を読むことで、今日から仕事探しを開始でき就職できる可能性が高くなります。

大学中退者には仕事がない?!

大学中退者には仕事がないというのは、半分正解で半分間違いです。

なぜなら、仕事を見つけられるかどうかは、本人のやる気次第だからですね。

つまり、自分が行動すれば大学中退者だとしても仕事を見つけられるわけです。

ただ、一般的に大学中退者には仕事がないと言われている理由を5つほどご紹介しておきますね。

大学中退=悪いイメージを与える

人によっては、大学中退と聞くと悪いイメージを持ってしまうことがあります。

理由は大学中退は「途中で何かを投げ出す」といった印象を持ってしまうからです。

そのため「大学を中退した=企業に入っても、すぐにやめるだろう。」と考えられ、仕事に就けなくなってしまいます。

応募できる企業が限定される

大企業と呼ばれる会社は「大卒者限定」といったように、高卒以下の人の応募を受け付けていません。

つまり、大学中退者は高卒者と資格が同じなので応募できる企業が限定されるわけですね。

また、高卒者を受け入れている企業でも「大学中退」というイメージが悪いため、書類選考の時点で不採用になる可能性もあります。

面接の際に中退した理由を説明できない

多くの大学中退者は、面接の際に自分が「どうして、中退をしたのか。」を説明することができません。

なぜなら、面接官には言えないような理由だからですね。

具体的にお話しするなら、学業不振による中退が挙げられます。

学業不振ということは「学校に行っていない」や「勉強する効率が悪い」などが企業の人に連想されます。

つまり、上記の2つを仕事に転換するのであれば「会社にこない」や「仕事の効率が悪い」ということですね。

上記のように、面接官が考えてしまうと、不採用になる可能性が高まります。

大学中退者の就職率が低い

2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査によると、大学中退者を含めた既卒者の就職率は45%です。

つまり、大学中退者の2人に1人しか仕事に就けないわけですね。

とはいえ、中には全く就職活動をしていない人や専門的なスキルを身につけるために時間を使っている人もいるので、行動すれば、就職できる確率はグッと高まります。

大学中退者を下に見る企業が多い

中には、大学中退者を下にみる企業も数多くあります。

正直、そのような企業に採用されても、就職してから同じ見られ方をされてしまう可能性があります。

一方で大学中退者を下に見ず、むしろ「何か事情があり、それを乗り越えた人」といったように、ポジティブに捉えてくれる企業もあることもあります。

そのため、自分のことを下に見てくるような企業に入っても将来的にツラくなってしまうことは明らかなので、面接官の雰囲気や会社の雰囲気などを必ずチェックしておく必要があります。

\就職に不安を抱えているなら/

なぜ大学中退者は「仕事がない」と思ってしまうのか

大学中退者が「仕事がない…」と思ってしまう理由は以下の5つです。

  • 人と比べてしまう
  • 大学中退=高卒と同じ
  • 何から始めたら良いのかわからない
  • ブラック企業にしか就職できない
  • 大学中退の理由がネガティブにしか考えられない

すべてとはいいませんが1つでも当てはまる場合が多いはずです。

そのため自分の気持ちと対話しつつ見ていきましょう。

人と比べてしまう

大学中退者は、大学時代の友人や先輩と比べてしまい、劣等感を感じてしまいます。

なぜなら、友人や先輩は「大卒」という資格を持っているからです。

また、単純に資格を持っているだけでなく応募する企業の違いなども影響しています。

しかし、人と比べても大学中退という事実は変わりません。

そのため、終わったことは仕方のないことでして次へと行動する必要があるわけですね。

大学中退=高卒と同じ

資格の面から見ると、大学中退は、高卒と同じです。

しかし、多くの大学中退者はプライドが高いためなかなか現実を受け止めることができません。

結果、就職活動に踏み出せずフリーターやニートの期間が続いてしまうわけですね。

何から始めたら良いのかわからない

大学を中退してから、就職するまで一体何をすれば良いのかわからない人が多いです。

それもそのはずで、周りに大学中退者が少ないからです。

しかし、今の世の中、ネット上の記事などで、大学中退者が何から始めるべきなのかといった情報は多数あるので、行動するかどうかですね。

また、補足程度に大学中退者が始めるべきことは以下の3つです。

  • ハローワークに行く
  • 転職エージェントを利用する
  • スキルや知識を身につける

上記の通りでして、すべて今日から行動できることですね。

行動しなければ絶対に就職はできないのでまずは1つずつ行動してみましょう。

転職エージェントとは?メリット・デメリットも解説!この記事では就職/転職エージェントとはなんなのか、ハローワークや求人サイトと何が違うのか、そのメリットデメリットをここにきてくれたあなただけに解説していきます。...

大学中退の理由がネガティブにしか考えられない

大学中退の理由をネガティブにしか考えられないと、どうしても次の一歩が踏み出せません。

結果「自分には無理だ…」といったように壁を作ってしまい、ニートやフリーターになってしまうことが多いです。

そのような時は大学中退の理由をできるだけポジティブに考えましょう。

ポジティブな例を出すなら、以下の通りです。

  • やりたいことを見つけるため
  • スキルや知識を蓄積するため

上記のポジティブな理由を面接官に伝えるだけで、印象が180°変わります。

ブラック企業にしか就職できないという勘違い

大学中退者や高卒者と聞くと「ブラック企業にしか就職できない…」とイメージする人が多いです。

しかし、その考えは間違っておりまして何も考えずに就職活動をした場合にのみ、ブラック企業への就職になる可能性があります。

つまり逆に考えればしっかりと考えつつ行動すればブラック企業ではなく、ホワイト企業に就職できる可能性が高まるわけですね。

では、これから仕事探しをする人に向けて「大学中退者の仕事探しのコツ」をご紹介していきます。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者の仕事探しの5つのコツ!

大学中退者の仕事探しのコツは以下の5つです。

  • 応募条件を確認する
  • 大企業にこだわりすぎない
  • どの企業でも良いという考えを捨てる
  • 大学中退から空白の期間を作らない
  • 仕事探しの軸を決めておく

上記の5つのコツを実践することで、就職できる確率がグッと高まるので1つずつ見ていきましょう。

応募条件を確認する

仕事探しの時必ず企業の応募条件を確認しましょう。

その理由は、企業の応募条件には「大卒限定」といった内容が書かれているからです。

しかし、応募条件を見ずに就職活動を進めてしまうと大卒限定の企業に膨大な時間を使ってしまい、無駄になってしまいます。

そのため、面倒な作業を惜しまずに、必ず企業の応募条件を確認しましょう。

大企業にこだわりすぎない

大学中退者は大企業にこだわりすぎないことが、仕事探しのコツです。

なぜなら、基本的に大企業と呼ばれる会社は大卒者を限定しているからです。

つまり、大企業にこだわりすぎていると職先を狭めてしまうので「とりあえず、大企業を狙おう。」といった考えは持たない方が良いです。

どの企業でも良いという考えを捨てる

大企業にこだわりすぎも良くないですが、逆に「どこでも良いから就職しようかな。」といった投げやりな考えもNGです。

理由はシンプルでして、就職活動へのモチベーションが低くなってしまうからですね。

また、どの企業でも良いという考えを持っていると面接の際に発言する内容の情報が薄くなってしまいます。

例えば、以下の2人の就活生がいたとして、どちらの方が面接で情報の濃い発言ができそうでしょうか?

  • A:特定の企業の情報をリサーチしている。
  • B:幅広く多くの企業をリサーチしている。

おそらく前者の「A」の方がBよりも濃い情報を発信できますよね。

つまり大企業にこだわりすぎず、幅広く投げやりに企業を決めないといったようなバランスが必要です。

大学中退から空白の期間を作らない

大学中退者が仕事を見つけるコツは中退からのスピードにあったりします。

理由は、大学中退から何もしていない空白の期間があると、以下のように面接官から印象を持たれてしまうからです。

  • 受身体質の人間
  • 仕事に対する意欲がない
  • 自分では、何も行動することができない

上記の通りでして、大学中退からニートやフリーターの期間が長ければ長いほど仕事探しの難易度は高まります。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

仕事探しの軸を決めておく

仕事探しはしっかりとした軸を決めておくと希望とする仕事に就ける可能性が高まります。

なぜなら、仕事探しの軸が決まっていないと自分がどの企業に合っているのかがわからないからですね。

また、仕事探しの軸の具体例は以下の通りです。

  • 残業が少ない
  • 給与が〇〇円以上
  • 社員数が〇〇人ほど

人によって仕事探しの軸は違ってきますが2〜3個ほど決めておくといいかもしれません。

ただ、1つ注意点がありましてそれは軸の優先順位も併せて決めておくことです。

どうして、優先順位を決めておくのかといいますと上記のような軸が全て満たされている企業がほとんどないからですね。

そのため、仕事探しでは軸を決めつつ優先順位も併せて決めておきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者でも行動すれば、仕事探しは成功する

今回は、どうして大学中退者には仕事がないのかという理由を解説した上で、仕事探しのコツをご紹介しました。

企業は、大学中退者にスキルや知識を求めておらず、求めていることは「若さ」です。

しかし、フリーターやニートの期間が長ければ長いほど、あなたの若さという価値がなくなっていきます。

そのため、行動するのであれば、今日から行動するしかないわけでして、行動すれば、仕事探しの成功率は高まります。

「一人で何から始めれば良いのかわからないし、不安だ…」という方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでは、あなたに担当者がついてくれ、履歴書の作り方や面接対策などのサポートをしてくれます。

そのため、転職エージェントを利用するだけで仕事探しの効率が高まる&就職先が見つかる可能性がグッと高まりますよ。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ