フリーター(年代別)

23歳のフリーターが将来不安な理由と就職するためのたった1つの方法

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「就職できないまま卒業して、フリーター暮らしも2年目になってしまった…。」

「23歳の今は大丈夫だけど、将来が不安で仕方がない。」

あなたは将来について悩んでいませんか?

2020年8月の情報では、在学中に内定を得た学生は77.6%でした。

つまり、残りの2割強の学生は就職せずに卒業を迎えています。

現在ではフリーターについての認知度は向上していて、社会に広く受け入れられています。

しかし、このまま就職できず、フリーターを続けていると、将来は悲惨な結末を迎えます。

では、どうすれば良いか?対策をこの記事でご紹介します。

参考:「マイナビ 2020年度既卒者の就職活動に関する調査」

23歳のフリーターが将来不安な理由

就職しないまま卒業すると、正社員の人と世界が違ってしまった現実を痛感します。

23歳でフリーターをしている状態は肩身が狭く、負い目を感じてしまいがち。

これだけでもレールから外れてしまったと感じますが、将来を思うと不安が募る一方に。

23歳のフリーターが感じる将来の不安は以下の通りです。

  • 給与や貯蓄ができないなど金銭的な不安
  • 仕事がなくなってしまうことへの不安
  • 体調や健康面での不安
  • 友人たちとの関りが途絶えてしまう事

参考:マイナビフリーターの意識・就労実態調査(2020年)

給与面や貯蓄ができないなど金銭的な不安

23歳の今ならフリーターとしての収入は、正社員で就職した友人と比べても遜色はありません。

場合によっては、正社員で就職した人よりも高い場合もあります。

また、仕事の上でも、学生時代からの慣れたバイト先ならストレスなく快適に働けています。

新規で働き始めたバイト先の場合でも、フリーターなら責任ある内容の仕事を任されることはありません。

では、30代以降になるとどうなるでしょうか?

バイトのままで働き続けても、給与賃金は変わらず横ばいのままです。

正社員と違ってボーナスの支給も望めません。

つまり、年齢を重ねるごとに給与が上がる正社員と違い、20代のままの賃金で生活するしかないのです。

そうなると、貯蓄もままならず現在の生活を守ることに追われる日々が待ち受けています。

仕事がなくなってしまうことへの不安

大卒で20代のうちはバイト先に困る事はありません。

職種も豊富にありますし、楽しい環境を求めて転々とバイトを変える事も可能です。

ただし、30代を過ぎたあたりから、体力が落ち体が動かなくなりますから、20代で出来ていた仕事がこなせなくなります。

肉体的な仕事は年々続ける事が難しくなりますし、若者向けのバイト先では採用自体が難しくなります。

さらに、バイト先の業績が思わしくない場合には、バイトは真っ先にリストラの目に遭います。

レジ打ちなどの作業は将来的にはセルフ化が推進されて、仕事自体が無くなる可能性があります。

正社員であれば、簡単に解雇されませんし、体力が落ちても適応できる部署に配置転換してもらえるなど配慮されます。

その面でもフリーターには不安な将来といえます。

体調や健康面での不安

フリーターにとって、避けられない不安として、体調や健康面で働けなくなることが挙げられます。

正社員で就職した人と違って、フリーターは雇用保険に代表される、各種保険に加入できません。

当然、体調を崩して仕事を休んでも保証はありません。

また、正社員と違って休養すればその分の収入は途絶えますし、回復を待つことなく契約終了となる不安もあります。

フリーターは現場で働き詰めになることが多く、身を削っていますので年齢を重ねると体調の不安は大きくなります。

20代のうちでも、まとまった長期休暇をとると即収入減という状況になります。

友人たちとの関りが途絶えてしまう事

フリーター生活から抜け出せないままだと、金銭的な余裕が無くなる一方です。

バイトで得られ得る給料は低いままなので、生活費や交際費も満足に支払えない状況が増えます。

そうなると、20代の頃には感じなかった、友人たちとの価値観がもズレてしまい関係が途絶えてしまいます。

結婚する事は夢のまた夢ですし、家を買うことも、旅行に行くことも出来ないので交際範囲も限られた範囲になりがち。

正社員になった友人たちは、役職も得て収入も増えています。

学生の頃にはできなかった遊びも、お金が無いので付き合う事はできません。

「人のことは気にしない」「お金が全てではない」「自分らしく生きる」収入格差の前では、全てが虚しく聞こえてしまうのです。

この様な将来を迎える不安が大きいのです。

\就職に不安を抱えているなら/

23歳のフリーターは就職しないと将来どうなる?

23際のフリーターが就職しないと将来どうなるのか?

近い将来では、正社員として就職する可能性が狭まる現実に直面します。

転職するなら20代のうちでないと、採用率は目に見えて下落します。

30代を過ぎると、正社員との賃金格差に苦しむ将来が待っています。

ここでは就職しない23際フリーターの、具体的な将来について解説していきます。

20代で直面する将来・就職したくても下がる一方の採用率

参考:労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―」

23歳のフリータが考えなければならないのは、卒業から3年以内に就職を決める事。

添付資料はフリータ継続期間と、正社員に採用された割合を示した表です。

フリータ期間が1年以内だと70%近くが正社員に登用されています。

その後、1年を過ぎてしまうと目に見えて採用率は低下して50%弱となっています。

さらに、3年が過ぎた頃から大きく低下して、30%代へ向かいます。

ここには、卒業して3年以内は「第二新卒」として、新卒並みに扱うということが深く関連しています。

卒業後3年を逃すと正社員への道は険しくなる一方です。

20代の前半には不安を感じながらも、感じていなかったことが現実味を帯びて見えてくるのです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

30代で直面する将来・正社員との給与格差

23歳以降も就職できず、フリーターを続けて30代になると「給与面での問題」に直面します。

添付の表から読み取れることは、フリーターの平均的な月収は11万円という事実です。

30代の平均に絞っても、12万円が平均値となっています。

同年代の正社員と比較するのも辛い低収入に甘んじてしまいます。

こうしてみると、貯金も満足にできない状況なのが目に見えて分かります。

貯蓄額についてのデータからもフリーターの平均貯蓄額の低さが分かります。

就労していても「46万円」の貯蓄で、非就労になると「4万円」にしかなりません。

両者で格差が大きくありますが、どちらにしても低い水準なので、ここからもフリーターの厳しい金銭状況が見えています。

40代以降で直面する末路

30代までは身を削って今までの生活を守れましたが、40代となるとそれも覚束なくなります。

体調の不良や若者に仕事を奪われるなどで、ただでさえ少ない給料がさらに減少する可能性が高まります。

採用される職種も限られるので、なり手の少ない厳しい環境の現場仕事に追われることに。

そうすると、体調を崩して働けなくなる悪循環です。

また、親の介護や死別に直面するのもこの年代です。

正社員と違い介護休暇はありませんので、働ける職種もトラックの横乗りなどに限定されてしまいます。

今までの住居にも住めず、生活保護を受けるなどで乗り切るしか選択肢はありません。

このような末路を回避するためにも。23歳のいまが重要なのです。

\就職に不安を抱えているなら/

23歳のフリーターがこれから選ぶことのできる道

就職できずに、23歳でフリーターになったことは変える事ができません。

しかし、将来を変える事はできるので、今後選ぶ道が重要です。

今後、考えられる道は以下の通りです。

  • 派遣・契約社員になる
  • フリーターを続けながら国家資格を取得する
  • 起業・フリーランスとして活動する
  • 既卒、第二新卒として正社員になる

派遣・契約社員になる

就活に失敗した23歳のフリーターの選択として、派遣会社に登録する道があります。

卒業してフリーター経験しかない状態でも、派遣会社の登録はハードルが低く、難しいものではありません。

登録しておけば、派遣会社がスキルに応じた求人を紹介してくれます。

基本的に派遣先との面接は禁止されているので、職場見学という名目の顔合わせ程度で採用されます。

派遣先の会社で正社員登用を目指す道は、実現性が高く「能力次第」で十分可能です。

デメリットとしては、正社員ではないのでスキルが低いままだと、容赦なく切られてしまうことです。

また、教育よりも即戦力としての関りなので、合わない職場が続くとフリーターと変わらないままです。

フリーターを続けながら国家資格を取得する

フリーターを続けながら、国家資格か難問資格の取得を目指す道はどうでしょうか?

現在、公務員の採用年齢を引き上げている自治体も多くなってます。

年齢的な制限にはバラツキがありますが、35歳くらいが目安。

公務員や難問資格を取得してしまえば、フリーターから一発逆転も可能になります。

23歳なら数年勉強しても時間はあるので、間に合う計算です。

ただし、フリーター生活を続けながら数年単位でチャレンジすることになるので、意志の強さが求められます。

今までのバイト仲間とは距離を置いて、自分の時間を有効に使う必要があります。

採用時に面接があり、フリーター期間の事は必ず質問されるので、就活時の失敗と向き合っていないと同じ轍を踏んでしまいます。

また、資格の取得に失敗した場合は、フリーター生活を続けるしかなくなります。

起業・フリーランスとして活動する

「就活に失敗したまま卒業してしまった…。」

「会社に勤めるだけが人生ではないし、いっそ起業してフリーランスで活きてみようか…。」

少数ですが、そのように考える人も存在します。

フリーランスや起業して成功すれば、一気に勝ち組だし、自分らしく生きていけるのでは。

ただし、就職せずにフリーランスを名乗ることは可能ですが、人脈がなく、実績もない状況の人に仕事の依頼が見込めるかという問題があります。

収入が保証されない事は当然として、才能と実績が乏しければ成り立ちません。

まずは、就職して実績やスキルを身に着ける必要があります。

既卒、第二新卒として正社員になる

平成22年に厚生労働省は、卒業後3年間は新卒として扱うように通達を出しています。

これを受けて、多くの企業は今後も「積極的に第二新卒を採用」するという見通しを、実に6割を超えた企業が出しています。

起業が第二新卒に求めているポイントは「熱意・ポテンシャル40.1%」「入社意欲の高さ36.1%」となっています。

つまり、起業はスキルの不足や就職経験の無さよりも、人物評価に重きを置いて採用しているのです。

近年の若年層に見られる意識として「会社に勤めなくても選択肢はたくさんあるがある」「レールの上で生きるのはつまらない」という考えが広がっています。

しかしながら、レールの外の世界は甘くありません。

そのことは、フリーターをしている自分がよく分かっているハズ。

将来的になにをするにも、まずは正社員として経験を積むことが可能性を広げる事になるのです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

23歳フリーターでも就職できる!これから正社員になるための、たった1つの方法

23歳のフリータに就職は難しいと感じていませんか?

レールから外れたように感じていても、23代前半なら就職する事は十分可能です。

その為に必要なポイントは、自分が一度就活に失敗していることを受け入れる事。

何が不足していたのかを見つめ直すことです。

 その為の注意点は、とにかく行動の量を増やすことと、計画を立てて企業研究などの時間をつくることです。

とはいえ、単独で進める事は厳しいですし、情報も不足しがち。

そこで「転職エージェント」を活用してみましょう。

就活成功のコツは、転職エージェントの活用!

転職エージェントから得られるメリットは以下の通りです。

  • 書類選考が免除されて面接からのスタートが可能
  • 履歴書、自己PRシートの添削が受けられる
  • 面接のアドバイスが受けられる
  • 企業研究や自己分析のアドバイスが受けられる
  • エージェントが持つ非公開の求人を紹介してもらえる
  • 給与の交渉を代行してくれる

他にも転職エージェントならではの特典があります。

これだけのメリットがあれば、単独で就活する理由がありませんよね。

自分に合う転職エージェント選びが重要なこと、エージェントによって得意分野があることを考慮して、複数の登録をおすすめします。

転職エージェントを利用して、就職した人の73.4%は複数登録していて、平均では4.2社を利用しています。

ただし、複数の転職エージェントを登録しすぎて、管理が追い付かなくなるリスクもあります。

過度な登録は控えましょう。

参考:リクルートエージェント 

参考:リクナビNEXT

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

23歳のフリーターが就職する事は可能で将来を悲観する必要はない!

この記事では23歳のフリーターが迎える末路と、今から就職する事は可能なのか?

この2点に絞って解説してきました。

20代の間はさほど劣等感を抱かず済むフリーターですが、30代になると様相が一変します。

加齢するほどフリーターの環境は厳しくなり、行く末は悲惨な末路です。

しかしながら、自らの意志と行動により巻き返すことは可能なのです。

それには、転職のプロである「転職エージェント」の活用が効果的です。

未経験で就活するなら、経験豊富なプロに頼るのが近道!

就活を成功させて明るい未来を実現させましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ