フリーターの生活

フリーターはクズでも底辺でもない理由を証明していきます。

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「いつまでたってもフリーターでいる自分はクズで底辺だ…」

「自分は世の中に必要がないんじゃないか…」

現在フリーターとして働く人は、少なからず不安や、自信が持てない気持ちがあるのではないでしょうか。

友人や家族が正社員として働いていると、よりフリーターである自分が劣っていると思いがちです。

しかし、フリーターでも決してクズでも底辺でもありません。

私自信、数年間のフリーターの期間がありましたが、フリーターの時期に経験したことを活かして、正社員に転職することができました。

また、私の友人や知人の多くは、フリーターの期間を経て、正社員として活躍しています。

ここでは、フリーターがクズでも底辺でもないことの証明と、早く現状から抜け出す方法をご紹介いたします。

フリーター時代の体験も添えて書いていますので、ぜひご覧いただき、新しい未来を切り開くきっかけにしてください。

フリーターはクズでも底辺でもない!

古くから、「定職に就く」「正社員で働く」「大手企業に就職する」ということが正しいと考えがちな日本の社会ですが、フリーターでも十分に社会経験を積むことができます。

まずはフリーターはクズでも底辺でもないということを説明していきます。

フリーターでもできる経験がある

フリーターとして働く中で、経験できる業務や身に着けられるスキルや知識は数多くあります。

例えば接客であれば、お客様とのコミュニケーション能力が養われたり、清掃であれば道具や薬品の使い方や清潔な空間を作る経験が身に付きます。

このような業務は、正社員やフリーターなどの雇用形態は関係なく、その仕事では誰もがやるべき業務や身に着けるべきスキルです。

自分は正社員になれない「クズ」「底辺」と思い込んでしまう人もいますが、フリーターでも経験できることは数多くあります。

しかし、今後その経験をどのように活かすかは、自分自身です。

せっかくの経験を無駄にしないためにも、ステップアップを目指してみましょう。

給料以外に得るものを見つけられる

仕事は「生活のため」と考えがちですが、決してそれだけではありません。

フリーターとして働く中でも、お客様とのコミュニケーションや、商品への知識、効率的な作業方法など、日々の業務の中で得られる知識がたくさんあるはずです。

給料だけを見て仕事の良し悪しを判断するのではなく、「何を得ているか」を考えてみてはいかがでしょうか?

フリーターでも仕事を通じて得られる知識や経験は数多くあるため、決してクズや底辺ではありません。

しかし、正社員になると、幅広い仕事をすることで、さらに多くの経験を積むことができます。

給料だけではなく、知識や経験を得るために、フリーターよりも正社員として働くことをお勧めします。

人生の「下積み」の時間だと考えよう!

私がフリーターだった頃、自信がなくなった時には、よく有名人の伝記やドキュメンタリー番組を見ていました。

現在活躍するタレントやアスリート、経営者の多くは「下積み」時代の経験があります。

例えばタレントの下積みは、売れっ子の芸人の運転手や荷物持ちをするなどがあります。

アスリートの世界でも、4年間かけて技術を磨いた選手がオリンピックで活躍するなど、人には輝くための準備期間が必ずあります。

このように、どんな職種でも「一人前になるための準備期間」がありますが、その期間をクズや底辺だと考える人は少ないでしょう。

フリーターだからと言って、「クズ」「底辺」などとひがむ必要はなく、だれにでもある下積みの時間だと考えれば、人生において必要な時間なのです。

そして、下積みの経験を経て、次のステップを目指すことは、誰しも通る道なのです。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターはクズや底辺ではないがこのままだとやばい

フリーターは決してクズや底辺ではありませんが、フリーターのままで歳を重ねるということには、いくつか問題があります。

ここでは、フリーターとしてこのまま生きていくとどのようなことになるか、具体的に説明していきます。

待遇面で大きな違いが出てくる

フリーターはクズや底辺ではありませんが、このままだと「待遇」の面で正社員との大きな違いが出てきます。

フリーターの給料は時間に対して給料が支払われ、法律により時給の下限と上限が定められているため、大きく時給が上がることもありません。

さらに、ボーナスや特別な手当も支払われることも少なく、自分自信の時間を給料に変えて働いているような働き方です。

一方、正社員は給料が上がったり、年に数回ボーナスを受け取ることができ、なおかつ会社独自の福利厚生があるなど、さまざまなメリットがあります。

一見、フリーターも正社員も同じ時間をかけて仕事をすると考えがちですが、働く時間が長いほど、個人が得られる待遇に大きく差が出てきてしまいます。

知識・スキルを習得するスピードが違う

基本的にフリーターは業務に対して募集をかけて採用するため、よほどのことがない限り人事異動や配置転換はないでしょう。

一方、正社員は人事異動や配置転換があり、早く業務を覚え、いろいろな部署や役割で活躍できるように育成されます。

さらに、異動をきっかけに人脈が広がったり、頼れる仲間も増えていきます。

このように、フリーターと社員は給料や保障といった待遇の違いだけでなく、習得する知識やスキル、人脈、そして習得に必要な時間が大きく変わってきます。

あまりにもフリーターでいる期間が長いと、歳を重ねたときの知識やスキルに大きな差がついてしまうため、いつまでもフリーターとして働くのは避けたほうがいいでしょう。

タイミングを逃してしまうと、後戻りできない状態に

現在、フリーターとして働くことが「クズ」「底辺」ではありませんが、いざ正社員になりたいと思った時、手遅れになる可能性もあります。

求人には年齢制限があることが多く、年齢が理由でエントリーができなくなる可能性があります。

さらに、歳を重ねることにより体力を使う営業職に適さなかったり、若手が多い職場になじめないといった問題も出てきてしまいます。

また、企業や組織の雇う側としては、同じスキルや経験を持つ20代と40代では、将来性のある20代を雇いたいと思います。

このように、フリーターの期間が長ければ長いほど、職業や職種の選択肢が限られてしまい、結果的に不利になってしまう場合があります。

自分の周りの人に影響が出てくる

フリーターとして働く期間が長いほど、待遇が悪いまま仕事を続け、知識も経験も少ないまま手遅れになってしまう可能性があります。

さらに、私生活で影響が出てしまうこともあります。

例えば、結婚をしたい相手がいるにも関わらず、定職についていないがために相手や相手の両親に認められないというケースがあります。

また、両親の介護が必要になり、働く時間が作れず給料が入らないなど、自分以外への影響も考えられます。

このような時、自分自身が「クズ」「底辺」だと考えてしまうことや、他人からも「クズ」「底辺」だと馬鹿にされてしまう場合があります。

今は自分一人で生活できればいいと考えていても、この先一生そのような生活ができるとは限りません。

自分の身の回りにいる愛する人のためにも、いつまでもフリーターで生活するのではなく、より良い仕事を探すべきなのです。

\就職に不安を抱えているなら/

クズや底辺と馬鹿にされる生活から脱するためには?

フリーターで得られることも十分ありますが、やはり一生フリーターでいるには厳しい生活が待っています。

私自身、フリーターの期間は親や友人から馬鹿にされたり、クズや底辺だと思い込んでしまうこともありました。

しかし、ある方法ですんなりこの生活から脱することができました。

ここでは、フリーターという生活から脱するための方法をご紹介いたします。

スキルアップの意識を持ち、日々仕事に取り組む

フリーターでも得られることはたくさんあります。

仕事を通じてお客様が求めているサービスや商品がダイレクトに感じることができたり、店舗やオフィスの不便な部分や必要な設備を把握することができます。

このような業務を通して得られる知識は、正社員やフリーター問わず、会社や組織には必ず必要になってきます。

現在フリーターであっても、その仕事を通じて得る経験や知識を評価されて、正社員登用という可能性もあります。

また、転職活動の際にフリーターの経験や知識が評価されたり、同業種への応募で有利になります。

日々フリーターとして働いている中でも、何かを学んだり、スキルアップを意識して仕事に取り組むことが、現状から脱するために必要な習慣なのです。

就職活動、転職活動などの時間を作る

今の経験を活かして、次のステップに行くためには、やはり転職をお勧めします。

転職活動をする際、自分で時間を調整できるフリーターは、有利になる場合があります。

正社員として働いていると、1日の時間が決められ、さらに残業や休日出勤などがあると、転職活動に時間を使うことが難しくなります。

しかしフリーターであれば、自分のタイミングで働くことができるため、昼は転職活動をして、夜はパートやアルバイトとして働くなど、時間を有効に使うことができます。

さらに、自分の興味や関心と向き合う時間も作れるため、好きな仕事ややりがいのある仕事を探す時間も増えることでしょう。

フリーターとして働きつつ、時間を有効に使って就職活動をすることで、効率的に転職活動ができます。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

転職エージェントを使えば、より良い仕事を見つけられる

転職を考えた時に、真っ先に頼るべきは転職エージェントです。

フリーターで働く中で、「クズ」「底辺」などと言われる日々が続くと、自分の長所がわからなくなり、相手にも伝わらないケースがあるでしょう。

そうなると、転職活動が上手くいかず、さらに自信をなくしてしまうという負の連鎖に陥ってしまいます。

転職エージェントはいわば転職のプロなので、希望の仕事を見つけてくれる他、自分の知識やスキルを再発見できたり、人となりを見て適切な職場を提案してくれます。

転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談することから始めれば、効率よく、より良い仕事を見つけることができるでしょう。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

同業種への転職にチャレンジ!

フリーターとして働いていても、仕事のスキルや知識は得ることがでるため、同業種への転職は有利になります。

仮に全くの異業種から応募した人材と、フリーターとしてでも仕事を経験したことがある人材では、少しでも経験値がある方を採用する可能性が高くなります。

また、経験があれば、どんな業務内容か、どんな待遇かなどが想像しやすく、より転職のミスマッチも避けられるでしょう。

さらに、転職エージェントに相談すれば、たくさんの仕事から提案を受けることができるため、今のパート・アルバイト先以外の同業種も見つかりやすくなります。

現在フリーターとして働いているのであれば、転職エージェントに相談し、有利な同業種への転職を考えてみましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターは決してクズや底辺ではなく、人生を変える転機!

フリーターは「クズ」「底辺」ではなく、未来を担う有望な人材です。

「クズ」「底辺」だと考えてしまうと、自分の知識やスキルに目が向かなくなってしまいます

現在フリーターの方は、現状に悲観せず、働く中で身に着ける知識やスキルを活かして、さらに活躍できる職場に転職してみましょう。

そして、転職をする場合は必ず転職エージェントに相談してみてください。

適切な仕事を探してくれる他、

「こんなスキルも身についていたんだ」

「こんな経験が役に立つんだ」

という気づきにつながり、フリーターとしての経験を活かすことができます。

現在、フリーターだからといって「クズ」「底辺」などと悲観せず、まずは転職エージェントに相談し、希望の仕事を探しましょう。

そうすれば、より効率的に適切な仕事が見つかり、今後の生活が大きく変わるはずです。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ