大学中退者の生活

大学中退して引きこもりニートになっても就職できるから諦めないで!

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

大学中退した引きこもりニートの自分に就職ができるんだろうか。

引きこもり期間が長くて、社会復帰が不安。

このような漠然とした不安の中で毎日をすごしているのではないでしょうか。

しかし、勇気を持ち一歩を踏み出せば就職は必ずできます。

永田

私も大学中退し、そのままニートになった経験があるので、就職には相当苦労し、不安な気持ちは痛いほど分かります。それでも前向きに行動し就職を成功させることができました。

この記事ではそんな私の経験から

  • 大学中退してニートになった人は就職することは可能なのか
  • どうすればここから社会復帰し、正社員になれるのか

などを解説していきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

大学中退してから引きこもりニートになってしまう原因とは

大学中退後、就職が決まらずに引きこもりニートになってしまった理由はひとそれぞれです。

  • 就職をしようと思ったが、大学中退という経歴が影響して就職がむずかしい
  • 就職をしたが、会社に馴染めずに短期間で離職してニートに戻った
  • 大学中退後に、就職活動するまでの期間が空きすぎて就職できなくなった
  • 経済的な事情

などさまざまな理由が考えられます。

日本の社会は、履歴書を非常に重視する

  • 学歴
  • 転職回数
  • 離職していた期間
  • 職歴

など、日本の社会は、履歴書を非常に重視します。

会社ごとにしっかりと採用の基準が決められています。

市販の履歴書は半分に折られていて左と右に分かれていると思います。

履歴書の左側は年齢・学歴・職歴など企業が採用の判断材料に使う情報が多くあります。

新卒でもない限りは会社は履歴書の左側を特に注目します。

つまり一度レールから外れてしまうと元に戻りづらいのが就職の現状です。

もちろん就職は不可能ではありませんが簡単ではありません。

こうして就職したくてもできずに、やむを得えずに引きこもりニートになる人も非常に増えています。

就職はしたいんだけどいつも書類選考や面接で落ちてしまう。

そのような悩みはありませんか。

永田

同じことで悩んでいる人は世の中にたくさんいます。

企業は仕事のスキル以上に社会性を求める

また、会社は仕事以上に社会性を求めてきます。

それも引きこもりニートが増えてしまう一つの原因です。

  • 飲み会に参加しなければならない
  • 上司との付き合いを上手にしなければならない
  • 同僚と仲良くやらなければならない

など仕事はできても、人間関係がそれほど上手くない人はたくさんいます。

ひきこもり期間が長くなれば、コミュニケーション力はますます低下するでしょう。

社会になじめないことや引きこもり期間が長いことが原因で自分に対して自信がなくなっています。

言い換えれば自分で自分を責めてしまいます。(自己肯定感が低い状態)

自分を認められないと何事に対しても消極的になり、仕事も人間関係も上手く行きません。

人間関係の得意な人はある程度自分を出して相手に気持ちを伝えることが上手いですし、空気を読む力があります。

一歩踏み出すことは難しいと思いますが勇気を出しましょう。

現状維持を望むのか少しでも変わろうと動くかはあなた次第です。

\就職成功率80%以上/

大学中退から引きこもりになってしまった人の悩みと対処策

大学中退から引きこもりニートになってしまった人はどのような悩みを持っているのでしょうか。

当事者はもちろん周囲が理解することで適切なサポートが可能です。

永田

大学中退から引きこもりになってしまった方がよく抱える悩みは以下の通りです。

  • 就職が出来ず将来が心配
  • 周囲との関係 
  • 生活のリズムがつかめない 

就職が出来ず将来が心配

ほとんどの悩みは就職ができていないことから起こっています。

そもそも就職が出来て普通に働けていたら周囲との関係や生活リズムが崩れるなどの悩みは出てきません。

大事なのは「自分一人で悩まないこと」です。

大学を中退してまだ社会を知らない若者が就職に関して一人で悩んでいても解決につながりません。

転職エージェントやハローワークなどとにかく社会人経験が豊富な大人に相談しましょう。

永田

悩むのはそれからでも遅くはありません。

周囲との関係 

引きこもりニートになってしまうとどうしても家族や友人との関係がぎくしゃくしてしまいます。

なんとか早く就職したいと思い頑張っても就職活動の結果はついてこない。

反して親からは早く働けと言われ、友人からはなんとなく距離を置かれている気がします。

その結果周囲と衝突したり、疎遠になったりして人間関係が崩れることが多いです。

そういった状況になった時は、「他人はコントロールできないと開き直る」ことです。

他人に期待するから周囲の目や言動が気になります。

自分がやることをしっかりやっていたら他人の言動を気にする必要はありません。

とにかく今自分ができることに目を向け努力をしましょう。

永田

頑張っていれば誰かはみているものです。

生活のリズムがつかめない 

引きこもりニートになってしまうと生活のリズムが一定しません。

社会人は基本的に朝決まった時間に起きて決まった時間まで働きます。

引きこもりニートの生活にそのような一定のリズムはありません。

生活リズムはバラバラ、引きこもり生活で体を動かさないことで精神面や体力は、間違いなく低下します。

生活のリズムがつかめないことは社会に出てから大きな障害になることが理解できると思います。

朝の散歩をしてみるのも気分がすっきりしていいかも

どうしても朝が苦手な場合でも少しずつ慣れる努力をしましょう。

おすすめは朝の散歩です。

どうしても朝が苦手という方もいると思いますが社会復帰するための一つの訓練だと思ってください。

朝日を浴びると体内でセロトニンが分泌し、脳と体を覚醒させ体が目覚めます。

セロトニンは、意欲向上や気分を向上させる最高の健康法です。

朝散歩は、無理のない時間や距離でいいので毎日続けてみてください。

気が乗らない場合は無理に行う必要はありませんが可能な限り、朝に散歩をする習慣をつけましょう。

睡眠の質や体力の向上など、社会復帰へのメリットがたくさんあります。

\就職成功率80%以上/

大学中退してから引きこもりニート…就職はできる?

大学中退してから引きこもりニートになっても簡単ではありませんが就職はできます。

その理由をご説明します。

永田

就職に関して注意したい点は3つほどありますのでご説明します。

  • 就職はできるが長期戦になることを認識する
  • 受ける会社を間違えない
  • 大学中退者を受け入れている転職エージェントを利用しよう

就職はできるが長期戦になることを認識する

大学中退者は就職は可能ですが、就職活動は長くなることは覚悟しましょう。

企業の大学中退者や引きこもりニートに対するイメージは、間違いなくマイナスです。

  • 「継続力がなく、すぐに辞めてしまうのでないか。」
  • 「社内の人間と上手くやっているのか。」
  • 「体調面や体力は大丈夫か。」
永田

このように企業を心配させる要因が多くあります。

受ける会社を間違えない

就職先を選べるの?

と思うかもしれませんが、就職までに多少の時間がかかっても自分に合っている会社を選んだ方が良いです。

せっかく就職できてもすぐに離職してしまっては今後の就職活動がますます厳しくなります。

すぐに離職してしまう可能性が高い企業はあなたに仕事の経験やスキルを求める会社です。

仮に就職に成功しても仕事がこなせかったら試用期間でクビということにもなりかねません。

あくまでも人間性やポテンシャルを見てくれる会社に応募することが大切です。

大学中退者を受け入れている転職エージェントを利用しよう

自分に合った会社はどうやって見つけるの?

と疑問に思っている方もいると思います。

大学中退者を受け入れ高い就職率の実績がある「転職エージェント」を利用することです。

就職率が高い理由は転職エージェントの実績と企業からの信頼です。

転職エージェントは何人もの就職を成功させた実績があり就職に関するノウハウを持っています。

また長期間の努力により企業との深い信頼関係を築いています。

大学中退者や引きこもりニートにもっとも足りないのは企業からの信頼です。

そこを補うのが転職エージェントです。

面接官

この会社(信頼がある転職エージェント)が推薦した人だから大丈夫だろう。

応募先の企業にそう思わせたら就職が有利に進みます。

もちろん、努力はするのは自分自身ですが正しい方向で努力するには転職エージェントの力を借りることが必須です。

永田

転職エージェントに相談すれば適性や自分にマッチした職場を紹介してくれます。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

引きこもりから脱出するためには

引きこもりから脱出するためにはどのようなことが必要でしょうか。

永田

ここではそのポイントをご紹介します。

  • 人とコミュニケーションを取る機会をふやすこと
  • 運動をすること
  • 他人と比べないマインドを持つ

人とコミュニケーションを取る機会をふやすこと

コミュニケーションの力が低下した状態だと就職が決まっても会社に馴染めず、また引きこもりニートに逆戻りしてしまう可能性が高いです。

就職の面接時間は長くてもせいぜい1時間です。

その短い時間で面接官が応募者の人間性を100%理解するのは難しいでしょう。

入社をして一緒に仕事をしてみて応募者のイメージが面接時と違ったということはよくあることです。

  • 集団の中に入るとまったくしゃべらなくなる
  • 報連相が少なく仕事でミスをする

つまり応募者と企業のミスマッチです。

ミスマッチを起こさないためには、少しずつでもいいので人とコミュニケーションを取る機会を増やすことが大切です。

  • 週に3回は、転職エージェントの相談員と話す
  • たまには友人と食事をしてみる
  • 読書をして人の気持ちを勉強する
永田

小さいことですが、みなコミュニケーションを高めるために有効です。

運動をすること

もう一つ大切なことが運動をすることです。

すでに朝散歩が大切だということは説明しましたが、定期的に運動をする習慣は大切です。

運動をすることで自分に自信がつきますし、精神を安定させます。

自己肯定感を高めることや精神の安定は人間関係で重要な要素です。

自分を認められなれば他人の行動が全てマイナスに見えてしまいます。

自分に自信があれば、他人の細かな言動が気になりませんしもっと自分を出せて楽になれます。

他人と比べないマインドを持つ

行動をすれば自分の中で何かは変わります。

他人と比較をして競うのではなく昨日までの自分に勝つというマインドを持ちましょう。

自分自身の中で小さな成功を積みかねていけば、自信がつくでしょう。

\就職成功率80%以上/

引きこもりニートの人の就職支援を行っているところは?

ここでは大学中退者や引きこもりニートの支援を行っている機関をご紹介します。

永田

はじめての訪問は、緊張もあると思いますが、ぜひ足を運んでみましょう。

  • 転職エージェント
  • 地域若者サポートステーション
  • ハローワーク

転職エージェント

大学中退者や引きこもりニートを受け入れている転職エージェントは多くあります。

高い就職率を誇り入社後の定着率が高いことが特徴です。

就職はもちろんですが大切なのは企業に定着することです。

大学中退者など社会人経験がすくない若者に対して、ビジネスコミュニケーションの研修を行っている転職エージェントは多くあります。

研修を通し、コミュニケーションや対人関係のルールを学び、社会に出た時に周囲と円滑な関係を築ける力を養っていることが、入社後の定着につながっています。

大学中退者で長い間引きこもりを続けていたの方の就職の一番の悩みは書類選考を通過できないということです。

転職エージェントは書類選考なしで企業と面接の設定をしてくれる場合が多くあります。

つまり、転職エージェントの紹介する企業は「人間性やポテンシャル」を重視します。

永田

コロナの影響で就職が厳しい今だからこそ転職エージェントを利用するメリットがあります。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、全国177カ所にあり15歳~49歳までの現在お仕事を探されている方を利用対象にしています。

就職に関する悩みをカウンセラーに相談できることやコミュニケーション講座やパソコンの講座など幅広くサービスを展開しています。

中でも「ジョブトレ」はおすすめで、就業体験を通して働くイメージをつくり、自分に合った仕事を見つけることが可能です。

長い期間をかけて、生活面等のサポートや職場実習などを通し、

  • 自信の回復
  • 生活リズムの改善

を目標にする、集中訓練プログラム(約2か月)もあります。

永田

自分に合った利用方法が可能なので、詳しい説明を聞いてはみてはいかがでしょうか。

ハローワーク

ハローワークは地元の求人を中心にあつかい利用者は求人検索や職業相談ができます。

転職エージェントから紹介される求人は都会に集中しています。

所在地も主要都市が多く求人の紹介はインターネット経由で受けれても、研修等は受けることが難しいです。

以上のことから地方の方はどうしても転職エージェントの利用が難しいケースもあるでしょう。

その場合はハローワークと地域若者サポートステーションの利用を並行するのが良いです。

ハローワークが紹介する職業訓練もありますが対象者が社会人向けのものが多いので基本的におすすめはしません。

ハローワークで求人の状況を見ながら、地域若者サポートステーションで必要な講座を受けることが最適でしょう。

一番のおすすめは転職エージェントの利用

転職エージェントは就職率が高いです。

一般的に大学中退者やニートの就職率は高いものではありませんので就職には苦労するでしょう。

就職が決まらず時間だけがすぎていくことも考えられます。

その状況でも転職エージェントは高い就職率さらには就職後の定着率に評判があります。

就職をして実績をつければ今後のキャリアップも十分に期待できます。

永田

転職エージェントと早い段階で連絡を取ることが就職への近道です。

\就職成功率80%以上/

自分だけで悩まず人の力を借りて引きこもりから脱出しよう!

就職活動は時間との勝負でもあります。

行動が早ければ早いほど就職が決まる可能性は高く時間の経過に比例して就職が難しくなります。

だからこそ転職エージェントを利用して早い段階で就職を決めてしまいましょう。

自己流の就職活動では、あっという間に時間がだけがすぎさってしまいます。

職歴がないまま30代になってしまうと就職ができる可能性は一気に低くなります。

引きこもりニートを脱出するなら20代の今がチャンスです。

今ならポテンシャルを買ってくれる企業は必ずあります。

永田

一日でも早く行動に移しましょう。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる