大学中退者の就活

大学中退でも年収1000万越え!?高収入を得るための5つの方法

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退しちゃったけど、やっぱり年収って低くなるのかなぁ」「大学中退でも給料が高い職種とかってないかなぁ」とお悩みではありませんか?

やっぱり大学中退していても高い給料は欲しいですよね。

「でもどうせ安い給料でこき使われるんだろう…」と諦める必要はありません。

私も大学中退をしていますが、今では年収1000万円を超えています。

今回は大学中退者の平均年収や、私が年収1000万を超えるためにしたこと、大学中退者でも高い年収を狙えるおすすめの職種3選を紹介します。

大学中退者は給料が低くなる?

まず、大学中退者は給料が本当に低いのかデータを見ていきましょう。

大卒と大学中退者の初任給

前提として言いますが、大学中退者は学歴の区分としては高卒に振り分けられます。

厚生労働省が調査した「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると大卒と大学中退者の初任給には以下のような違いが出ています。

「大学院卒」「短大・高専卒」の給料とも一緒に見ていきましょう。

学歴初任給
大学院卒23万8000円
大学卒20万6000円
高専・短大卒18万1000円
高校卒(大学中退者)16万5000円

この段階でも大卒の初任給と約4万円以上の差が出ていますね。

やはり大卒と比べると入社当初からかなり大きなハンデがあるようです。

次に40歳前後になったときの平均の年収を見ていきましょう。

大卒と大学中退者の平均年収

では初任給ですでに給料に違いが出ていましたが、後に大卒と大学中退者の給料の際はどのくらい開いてしまうのでしょうか。

下記の表は厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」を参考にした50歳~54歳時の大卒と大学中退者の平均年収になります。

学歴男性女性
大卒535万1000円391万6000円
短大・高専卒401万1000円289万1000円
高卒(大学中退者)352万6000円228万1000円

男性だと約200万以上、女性だと150万万以上も大卒との年収に格差が出ていますね。

大卒と大学中退者の生涯賃金の差

では次に一生涯の大卒の大学中退者の貰える賃金はどこまで違ってくるのでしょうか。

学歴男性女性
大卒2億6920万円2億1670万円
短大・高専卒2億1550万円1億7590万円
高卒(大学中退者)2億1140万円1億5020万円

こちらの表を見ると生涯で約5000万円~6000万円ほどの差が出ています。

かなり大きい格差が開いていますね。

このデータを見る限りやはり大学中退者は給料が低くなってしまうという現実がありそうです…。

(参考:労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019 ―労働統計加工指標集―」)

\就職に不安を抱えているなら/

諦めるのは早い!給料を上げるためにすべき3つのこと

では、大学中退者は大卒よりも低い給料で一生働かなければならないのでしょうか。

そんなことはありません。大学中退者でも大卒より給料がもらえることは可能です。

現に私は大卒の方より年収を少しばかり多くもらっています。

ただ何もせずに給料を上げるのは不可能です。大学中退というハンデを背負っている以上努力は必要です。

そこで私が給料をあげるため実際にしたことを3つ紹介します。

資格取得

給料を上げるためにまず資格を取得するというのが一番手っ取り早い方法かもしれません。

企業の応募要件には資格が必要な場合がありますので、資格を取得しておくことによって就活を有利に進めることができますし、自分の企業選びの枠が広がるのでより待遇の良い会社を選ぶことも可能になります。

さらには就職してからも資格を取得していけばそれだけで給料がUPする可能性もあります。

実際に私もIT企業に入社したのですが、そこから資格をどんどん取得して給料を上げていきました。

私の会社は幸いにも資格取得を推奨している会社だったので費用なども援助してもらっていました。

資格取得を推奨している会社も結構多いですので、そういう会社を狙って探してみるというのも1つの手です。

そして資格取得者しかできない業務をこなすことでスキルアップし、転職して年収UPを狙っていくという将来設計も立てることができます。

早めの就活

なんていっても早め早めに就職して正社員になることです。

社会人にとってなによりも重要なのは経験です。経験を積むことによってさまざまな業務をこなすことができるようになるので、昇給への近道になります。

正直、大学中退してもまだ「若さ」という武器を持っているので入社してしまえばいくらでも戦えます。

「どうせ安い給料しか貰えないんだ」となかば諦めて就活をせずにただ年齢だけを重ねて若さという武器を捨ててしまうの非常にもったいないのでいち早く正社員になることをおすすめします。

さらには日本はまだまだ年功序列の社会ですので会社に在籍している年数が多ければ多いほど昇給していくという事実もあります。

自分のスキルを磨いていけば自分が働いている企業だけでなく他の企業からも必要とされる可能性も高くなり転職して給料を上げるという方法も選択肢に入れることができます。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

転職を視野に入れておく

将来的には転職も視野に入れておきましょう。

正直言うと大学中退者が給料の高い企業に最初から入れるというのは稀です。

ホワイト企業に入れる可能性は十分にあるのですが、そこに「給料も高い」という条件が加わってくるとかなり難しくなってきます。

そこで、まず1社目で資格取得と自分のスキルや経験を積み転職して給料をあげていくというのもありです。

実際に私は転職を行い、年収を1000万円まで引き上げることができました。

「どうせ転職するから…」と1社目を適当に選んではいけません。

給料を上げていくためにはこの1社目が超重要です。

自分に合っているかつ、自分の経験やスキルを磨けるような会社を見極めて入ることが年収UPへの一歩です。

その自分に合った1社目を見つけることができる就職転職エージェントは「ジェイック」です。

ここはかなりの優良企業の求人があるのでとりあえずここを使っておけば間違いないです。

サポートも充実しておりキャリアカウンセラーから会社の内情も聞けるので自分が入社すべき1社目を見極めることができます。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者におすすめの職種3選!

ここでは大学中退者でも就職しやすく、かつ高収入を狙える職種3つ紹介していきたいと思います。

私の周りの仕事仲間や実際に給料を1000万以上貰っている人から聞いた確かな情報なのでぜひ参考にしてみてください。

営業職

早め早めに高収入を狙っていくならやはり営業職ではないでしょうか。

営業職の魅力はインセンティブ(追加報酬)があり、自分が成約に結び付けた案件の数だけ収入があがっていきます。

早いうちから高収入を得られる数少ない職種であり、自分のやる気次第で若いうちから年収1000万円を超えることも珍しくありません。

その分成果を上げられなかったときの周りからのプレッシャーは凄いですが、精神力に自信がある方はぜひ、就職してみるのも良いと思います。

注意としてはルート営業(既に取引のある会社との営業)はインセンティブがない、あるいは少ない企業も多いので、若いうちから高収入を狙いたい場合は新規開拓の営業を募集している企業に応募してみましょう。

ITエンジニア(システムエンジニア、プログラマーなど)

常に人手不足と言われるIT業界も学歴不問で募集している企業も多く高収入を狙えると言えるでしょう。

ぶっちゃけてしまうと私の職業はこのITエンジニアなのですが、自分の職種ということもありおすすめです。

IT業界は慢性的に人手不足と言われ、ITスキルを身に着けることさえできれば数多の企業から必要されます。

しかし、入社したばかりは下積みの時間が必要です。年収も最初は200万~300万と平均的ですが、この下積み時代を乗り越え、自分のスキルを磨くことができればフリーランスとしても働くことができますし、より好待遇の企業への転職も可能となってきます。年収1000万以上のITエンジニアもざらにいます。

「自分はITなんてやったことないからできないよ」という方も安心してください。

「ウズウズカレッジ」という就職転職エージェントは完全初心者向けにITスキルの研修を無料で開催しており、しかも就職もサポートしてくれるとい至れり尽くせりな就職転職エージェントです。

基本的なITスキルを習得してから就活ができるので今までITの知識なんて全く勉強してこなかった方でもITエンジニアになることができます。

実際私もこの職業になるまではパソコンに触るのも数年に1度レベルだったのですがITスクールに通い、無事ITエンジニアになることができています。

施工管理士

続いて紹介するのは施工管理士です。

施工管理士とは建築の現場でのスケジュール、安全、品質といった建築作業の現場管理を担当する仕事です。

この業界も人材不足が続いているため、未経験、無資格でも募集している企業が多くあります。

納期に間に合わせるために時には無理をする必要もあり、現場での仕事のため体力に自信がある方はおすすめでしょう。

しかし、無資格のまま働いても大幅な昇給は見込めませんので必ず資格を取る必要がありますので仕事の合間に勉強をしておきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

安定した収入を得たいなら公務員もおすすめ

「高収入じゃなくていいから安定した収入のある職に就きたい!」という方は公務員がオススメです。

公務員は公務試験さえ合格すれば、学歴や職歴は関係のないところが多いので大学中退者でも公務員になることができる門戸の広い職業です。

公務員試験は「高卒程度試験」「大卒程度試験」などと記載されていますが、これは「高校卒業程度の能力」「大学卒業程度の能力」というレベルを表しているだけなので年齢制限さえクリアしていれば誰でも受けられる試験です。

正直、高収入を狙えるか?と言われると難しいと思いますが、大卒と同じくらいの給料はもらえる可能性が高いので一考してみるのもありでしょう。

ただ公務員試験に受かるには一人でずっと勉強し続けることのできる意志力が必要です。

私にはそんな根性ないなと諦めてしまいましたがフリーター時代「公務員になる!」と言い続けていたバイト先の人がいましたが、その人は勉強してるような雰囲気は全くなかったですね。

結局、その人は今でもフリーターをやっているという恐ろしい話なので公務員を目指すならある程度は覚悟が必要でしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

給料の高い職種を目指すなら!

いかがでしたでしょうか。

今回は大学中退者の年収や高収入を狙える職種についてお話をしてきました。

大学中退してもある程度の努力は必要ですが、諦める必要は全くなく高収入をガンガン狙っていきましょう。

「就職活動に関してなにをしていいかわからない」「やりたい職種が見つかったけどどうやってそこに就職すればいいのかわからない」という方は一度就職エージェントに相談してみるといいかもしれません。

まずは1社目が肝心なので、「ジェイック」に相談して最高の1社目を見つけましょう

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


6月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
6月は正社員になるチャンス!
ジェイックにまずは相談してみる