フリーターの生活

ずっとフリーターでいたい人必見!フリーターの将来を年代別に解説!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学出たのに結局フリーター。でも楽だしこのままでもいいかなと思ってる。とはいえ将来は少し不安だな。」

「ずっとフリーターで気楽に生きていけたら最高だけど、将来的には正社員の方がいいのかな。」

自由で気楽なフリーターですから、ずっとフリーターで暮らせるなら最高だなと考えている人も少なくないでしょう。

とはいえ、心の奥では多少の不安も芽生えているのも本当のところではないでしょうか。

私は、10年間フリーター向けの就職アドバイザーとして、フリーター特有の悩みをカウンセリングしながら、1000名以上の就職をサポートしてきました。

年代も様々なフリーターと関わりながら見えてきたフリーターとしての将来をご紹介していきます。

これからもフリーターとして生きたい人はぜひ参考にしてみてください。

ずっとフリーターだと将来どうなる?<20代後半>

まだ20代前半のうちは、フリーターでも正社員でも給料は一見すると大差がありません。

場合によってはフリーターの方が正社員よりも稼いでいたりする現実もあります。

そのため、そこまでフリーターの自分に対して焦りや不安を感じることもありません。

その流れもあり、20代後半もなんとなく安心したままずっとフリーターを続けているという人も多いでしょう。

しかし、20代後半というのは一つのターニングポイントとなります。

社会的信用が得られない

昨今は、電子マネーに変わりゆく時代ですから、クレジットカードも大人としては必須アイテムとなりつつあります。

さらに、20代後半になると車が欲しくなったり、高額な商品を手に入れたくなることもあるでしょう。

高額商品の場合ローンを組むのが一般的ですが、フリーターは社会的信用が得られず、ローンやクレジットの審査に通りにくいというデメリットがあります。

これまで収入も普通にあり、特に困ったこともなかったフリーターにとっては初めての壁となり、正社員との差を痛感することになります。

年収に差がつき始める

20代前半には気がつかなかったことですが、20代後半になるとなんとなく周囲の友人たちと収入の差に気がつき始めます。

大卒で正社員として働き始めた人も、30代を目前に昇給したり役職を持ったりする人もあるでしょう。

時給換算するとフリーターの方が多く見えるため油断しがちですが、正社員にはボーナスや手当もあります。

年間を通して計算すると、20代後半からフリーターと正社員には大きな差が生まれ始めるのです。

将来への焦りが生まれる

20代前半までは、周りにもフリーターが多いため焦ることもなく淡々とフリーター生活を送る人がほとんどでしょう。

しかし、ふと気がつくと周りからフリーターが減り始めるのが20代後半です。

友人の中には結婚する人や起業する人などが現れ、彼らの人生を少し羨ましく感じてしまう時期でもあります。

それに比べて自分はなんのスキルもなく、経験値もないため「このままでいいのだろうか」という気持ちが浮かんできます。

将来の自分の姿をイメージするとだんだん不安になりますが、それでもフリーターとしての自由な自分も捨てきれず、両方の自分を天秤にかけながら葛藤する傾向にあるのが20代後半の特徴です。

\就職に不安を抱えているなら/

ずっとフリーターだと将来どうなる?<30代>

20代後半で感じた焦りもそのままに、周囲を見渡せばフリーターをしているのは自分だけという人も増えてくるのが30代です。

それでも変わらずずっとフリーターを続けているとどんなことが待ち構えているでしょうか。

貯蓄に差が出る

20代後半でフリーターと正社員の間で収入に大きな差が出ましたが、30代になってくると加えて貯蓄にも格差が出てくるという現実があります。

特に30代は企業において中堅どころになりつつある年代でもあり、役職を持ち年収も20代よりぐっと上がる人も多くなります。

ところがずっとフリーターでいる人は、そこまで20代と年収も変わらず当然貯蓄もほとんどないという人が少なくないでしょう。

結婚しづらくなる

晩婚化となった現代は、30代になってから結婚をする人も増えています。

結婚する気はなかったけど、なんとなく30代になり20代から長く付き合ってる人と結婚しようかなと思い始める人もあるでしょう。

正社員であれば難なく結婚という流れになるパターンが多いのですが、ここでフリーターという壁が立ちはだかるのです。

フリーターといえば安定していないという世間的イメージが強く、お相手の家族から反対されるということも起こりかねません。

男性はもちろん、最近は不景気ということもあり共働きが主流ですから、女性にもしっかり収入を得ていないと結婚ができないという傾向にあります。

アルバイト先でも肩身が狭くなる

ずっとフリーターでいることで変わり始めるのは正社員との差だけではありません。

バイト先でも変化が訪れるのが30代の恐ろしいところです。

気がつけば同僚が年下ばかりになり始め、だんだんと居場所がなくなり肩身が狭くなります。

正社員ならば役職などもつき、年下のアルバイトと住み分けも可能ですが、フリーターでアルバイトのままだと逆に同僚から下に見られることも起こりかねません。

友人から誘われなくなる

正社員の友人たちは、家庭を持ったり仕事が忙しいこともあり、以前のように思い切り遊ぶことをしなくなります。

しかしずっとフリーターでいた人は、相変わらずお金はないけど時間はあるという状態で、だんだん暇をもてあますようになり、引きこもりになる人も増えてくるのが現実です。

\就職に不安を抱えているなら/

ずっとフリーターだと将来どうなる?<40~50代>

いよいよ40代を超え始めると、ますますフリーターには厳しい現実が降りかかります。

20代、30代の頃には想像もしていなかったようなことです。

一つ一つ見ていくことにしましょう。

体力が格段に落ちる

ずっとフリーターだった人には、正社員に比べて健康管理に雲泥の差があります。

正社員の場合、定期的に健康診断がある上にお金があるのでジムに通って体力づくりをしているという人も多いでしょう。

しかし、フリーターの場合ほとんどの人が健康診断を受けていません。

ましてや、若い頃から自由を重んじてきた人ですから、自分に負荷をかけて体力づくりをするような人も少ないでしょう。

そしてそのまま40代を迎えると、20代、30代には感じなかった筋力や体力の衰えを痛感するようになるのです。

さらに、40代、50代でも働けるアルバイトといったら肉体労働も多くなり、極寒の冬や酷暑の中での作業も増えていくでしょう。

若い頃なら体力で乗り越えられていた仕事も、40代にはかなりきついものがあります。

収入が減り始める

ずっとフリーターをしてきた人は、ここへきて収入がガクンと落ちることに気がつくでしょう。

20代の頃は正社員の人と大差なかった収入ですが、40代、50代でアルバイトとなると若い頃ほど職種もなく、場合によっては短期の日雇い労働も増えてくるため、20代の頃ほど稼ぐことができなくなります。

当然、周りの正社員の人たちは役職もあり収入もある程度の額を得ているので、その差は歴然。

さらに、フリーターには有給や病気休暇などもありません。

衰えた体力も重なって、体調不良などで仕事を休んでしまうと収入はますます減ってしまうのです。

うつ病になる人も増える

30代頃までは、まだまだ野望もあったりしてフリーターをずっと続けていても精神的な支えはあります。

しかし、40代を過ぎるとだんだんと野望もなくなり無気力なまま、ただ生きるためだけになんとかフリーターを続ける人も少なくはありません。

一体なぜこんな人生になってしまったのだろうかという後悔に苛まれ始めるのもこの年齢と言えるでしょう。

長く見積もってもあと30年以上は生きなければならな自分の将来を考えると、ホームレスにでもなった方がましなのではないだろうかというところまで考えが及んでしまう人もあります。

それはもう精神的な落ち込みで、うつ病と言っても過言ではありません。

\就職に不安を抱えているなら/

ずっとフリーターだと将来どうなる?<60代以降>

ズルズルとフリーターを続け、気がつけば60代を迎えてしまうというところまでくると一体どんな現実が訪れるのでしょうか。

少し怖い気もしますが、ずっとフリーターで生きた将来の自分を覗いてみましょう。

年金がもらえない

正社員で勤め上げて退職した60代以降の人たちは、しっかりと退職金ももらい悠々自適な生活が始まります。

さらに、国民年金はもちろん厚生年金も払い続けてきた人がほとんどのため、暮らしていくだけのお金は年金としてもらうことができます。

しかし、ずっとフリーターをしてきた人の多くは年金を支払っていません。

そのため、当然ですが年金が支給されることがなく収入を得ることができないのが現実です。

ついに働けなくなる

正社員で定年まで勤め上げた人は、退職したのち再度雇用制度を利用してアルバイトという形でこれまで勤めた会社で働くという選択肢があります。

年金もあり、バイト代も入るというわけですからかなり安定した老後を送ることができると言えるでしょう。

これに対してずっとフリーターを続けてきた人は、ますます働くバイト先が限られてきます。

当然体力もなく、ましてや新しい職種はなかなか覚えられなくなった世代には厳しいものがあります。

頼れる場所がなくなる

60代でフリーターとなると、周りの友人たちとも縁遠くなり一人寂しく生きている人がほとんどです。

正社員で定年まで働き抜いた古い知人を眺めてみると、家族はもちろん孫にも恵まれ幸せな老後を迎えているでしょう。

さらに、元気だった両親も年老いて、中には両親とも他界し名実ともに天涯孤独となる人も少なくはないでしょう。

そうなると、何か本当に困ったことがあった時に頼れる場所は一つもないという結末を迎えます。

生活保護かホームレスへ

こうして最悪の結末を迎えたフリーターは、なんとか生きていくために生活保護を受けます。

とはいえ、簡単に生活保護が受けられるわけではなく、場合によってはホームレスという選択肢を選ぶ人もあるでしょう。

自由を求めずっとフリーターを選択肢続けた末路です。

当然、若い頃はこのような結末をイメージしていたわけではないはずです。

しかし、これが多くのフリーターの現実なのです。

\就職に不安を抱えているなら/

今すぐ行動して将来を変えよう!

ずっとフリーターを続けてきた悲しい末路をみて、今すぐ就職したいと思った人もあるでしょう。

しかし、一人で就活しても結局弱い心に押し戻されて再びフリーターになることも起こりかねません。

そんな時に頼りになるのが、転職エージェントです。

プロのアドバイザーが、親身になってあなたにぴったりくる仕事を選び抜いてくれます。

適性を踏まえて選んでくれる仕事ですから、長続きする可能性を十分に含んでいます。

自由を貫き通すのもあなたの選択ですが、少しだけ向きを変えて正社員を選んでみるのも新しい人生を楽しむチャンスだと思いませんか?

小さな一歩があなたの将来を大きく変えてくれます。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ