フリーターの生活

男性が一生フリーターで過ごすなら覚悟しておくべき7つのこと

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「一生フリーターのまま過ごせるならその方が良いな」

「男だからといって一生フリーターでいてはならないことなんてないだろう」

こんな思いを持っている人もきっといますよね。

学生として就活をしたときに失敗してしまい、フリーターになっている人は結構います。

その中には学校を卒業してからの就活があまりうまくいかずに苦労している人も少なくありません。

その結果として一生フリーターで良いという考え方が生まれてきているのでしょう。

ただ、男性が一生フリーターで生きていくには覚悟が必要です。

私は一生フリーターでいようと思ったけれどやはり就職したくなったという人からの相談を何度も受けてきました。

その経験から本当にフリーターで一生を過ごすために覚悟しなければならないことを解説します。

男が一生フリーターで生活することは可能?

ここでは男性が本当に一生フリーターでいるのが物理的に可能なのかを客観的な視点から紹介します。

一生フリーターの収入の現実

生活をしていくという意味では収入が足りるかどうかが大きな問題になるでしょう。

生活費を工面できなくなるのならフリーターで一生を過ごすことはできないとわかります。

フリーターの収入は働き方によって違いますが、一般的には時給制での支払いを受けていて、ずっと働いていても時給は1割~2割くらいしか変わりません。

時給600円前後のかなり低い水準のアルバイトもありますが、ここでは仮に1000円~1500円くらいで働けたとしてみましょう。

フルタイム勤務の正社員と同じで、月間で150時間は仕事に携われたと考えてどのくらい稼げるかを計算してみます。

計算は単純で、150時間に1000円~1500円をかけると150万円~225万円となります。

月収にすると12.5万円~18.75万円なので、手取りでは10万円~15万円くらいになるでしょう。

収入から考える現実性

一人暮らしで切り詰めた生活をしていけばこのくらいの手取りでも生活していくことはできないわけではありません。

都心のワンルームマンションで生活しようと思うと住居費だけで大半を使うことになってしまって無理が生じますが、地方の安い部屋なら4万円前後でも住めます。

各種保険の保険料などの支払いをしたとしても毎月4万円~8万円くらいは生活費として工面できます。

裕福な生活を送ることは無理と言わざるを得ないですが、一生フリーターが可能か不可能かという意味では可能と言えるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

男が一生フリーターで生きていくと決めた時に覚悟するべき7つのこと

幾分厳しい現実があるとはいえ、とりあえず一生フリーターで生きていくことは可能だとわかりました。

ただ、実は上述の厳しい状況は序の口でしかありません。

男性が一生フリーターで生きていくには覚悟すべきことがまだたくさんあります。

ここで7つの問題を紹介するので、どんな覚悟がなければ一生フリーターという道を選べないのかを理解しておきましょう。

一生フリーターは緊縮生活

1つ目は一生緊縮生活を送ることになることです。

フリーターはあまり時給が増えていかないので収入が年々増えることはありません。

先ほど計算した収入で一生を過ごすことになります。

将来的には贅沢したいという希望をもって生きていくことはできないという覚悟をしましょう。

緊縮生活のストレスで病気になってしまうリスクもあります。

病気になると医療費もかかるので余計につらくなってしまう可能性もあるでしょう。

しかし、健康に気を遣ってお金を使うこともできず途方に暮れてしまうかもしれません。

このような心身の健康についてもいつも不安を抱えることになる可能性があります。

結婚できない男になる

2つ目は結婚できない可能性があることです。

フリーターは収入が少なく、さらにいつ解雇されてしまうかわからないという心配があります。

女性が結婚相手を選ぶときにはこの辺りはシビアに見る場合がほとんどです。

運よくフリーターでもこの男性と結婚したいと思ってくれる人に出会える可能性もあります。

もしかしたらその女性がしっかりと働いて家庭を支えてくれるかもしれません。

ただ、そのくらいの魅力的な男性として自分を磨かなければならないでしょう。

お金をむやみに使うことができない状況ではかなり厳しいのも事実です。

一生独身で暮らす覚悟をしてから一生フリーターという生き方を選ぶ必要があるでしょう。

友達のいない生活になる

3つ目は友達付き合いが難しくなっていってしまうことです。

正社員として働いている友達は収入が上がっていくので、ちょっと飲みに行こうというときにもお店のランクが上がっていきます。

フリーターを続けているとそんなにお金は出せないし、生活がつらいから飲みに行くこともできないという状況になってしまいがちです。

結果としてだんだんと交友関係が疎遠になってしまう傾向があります。

もしかしたら孤独で生きていかなければならないかもしれないということは念頭に置いておく必要があります。

社会的信用を得られない

4つ目は社会的信用を得られないままになることです。

フリーターの収入事情を考えると、将来的にお金を借りたいと思うときがあるのではないでしょうか。

消費者金融では目的を決めて借りられるフリーローンや自由な目的で使えるカードローンなどのサービスを提供しています。

しかし、このような方法でお金を借りようとすると審査を通らなければなりません。

フリーターでも利用できるローンはありますが、審査が厳しいのでなかなか通れないのが実態です。

収入が安定していないフリーターという働き方は信用が低く、お金を借りることすらままならなくなります。

いざというときにお金を借りるのにも苦労するという覚悟が必要なのです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

老後までフリーターになる

5つ目は老後も働き続けることが必要になる可能性が高いという切実な事実です。

老後の生活をするには年金が支給されるから大丈夫と思っているかもしれません。

しかし、年金の金額は働いていた期間とその間の年収によって大きく左右されます。

ずっとフリーターで低収入のままでいると年金の金額もかなり少なくなります。

少子高齢化によって年金の受給額が今後は減っていくとも考えられています。

収入の状況を考えると将来のために貯蓄をしていくのも困難です。

たとえ毎月1万円ずつ貯めたとしても年間で12万円、40年で480万円です。

老後には病気にもなりやすく、介護サービスなどを利用する必要が生じる可能性も考えると到底安心できる貯蓄額ではありません。

老後も働けるうちはとにかくアルバイトを探して働く必要が生じるのは確かでしょう。

人生の目標を失う

6つ目は人生の目標を失うことになるリスクが高いことです。

ずっと緊縮生活を続けていき、アルバイトをして目の前の生活に必要なお金を何とかして工面していく日々になります。

そのうちに何のために自分は生きているのだろうという気持ちが募ってきてしまいがちです。

人生を楽しむ余裕がなく、ただ生きるためにフリーターを続けているような気がしてきてしまいます。

人生の目標を見失い、生きている価値があるのかとすら思うようになってしまうかもしれません。

そこから脱却するために本当にこのままで良いのかという気持ちがだんだんと湧いてくるでしょう。

しかし、7つ目に覚悟しなければならない厳しい現実をその時点で目の当たりにします。

本当に一生フリーターしか道がなくなる

7つ目はフリーターとしてずっと働いていくのはやはり無理だと思ったときに、もう二度と別の道を歩めなくなる場合があり得ることです。

やはり一生フリーターという生き方をやめようと思った頃には30代、40代ということもよくあります。

このようなタイミングで就活をして正社員になろうと思っても、目を向けてくれる企業がほとんど見つからないのです。

見つかったとしても誰もが嫌がる仕事を任せられてしまったり、労働量の割にフリーター並みにしか稼げなかったりすることも珍しくありません。

新しく人生の目標を立てて充実した日々を過ごせるようにしたいと思ってもできないという現実に苦しむことになりかねないのです。

このように厳しい現実があってもなおフリーターで過ごすのかをよく考えましょう。

他にも生き方はたくさんありますが、就職すれば大きな違いが生まれます。

今後の生き方をここで再検討してみるのが大切です。

\就職に不安を抱えているなら/

一生フリーターの男で良いのかを考えよう

一生フリーターでも生きていくこと自体は不可能ではありません。

フリーターとして生活しているのがとても楽しくて充実していると思うなら、生き方の1つとして考えてみても良いのは確かでしょう。

ただ、ここで挙げたようにかなり多くの覚悟が必要です。

実際に見てみると将来の不安が生じてきた人も多いのではないでしょうか。

今すぐに一生フリーターになるのを諦めて就職すればこのような不安はなくなります。

就職できるチャンスは年を重ねるごとに減ってしまうので、もし一生フリーターであることに不安を感じたならすぐに就活を始めましょう。

就活もうまくいくか心配だという人もいるかもしれません。

その場合には就活をサポートしている転職エージェントに相談しましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ