大学中退者の生活

大学中退した女性のその後は?就職に不利?どんな仕事が待っている?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退後なんとなくフリーターをしているけど、このままじゃやばいんじゃないか」

「女だし、フリーターでもなんとかなるのかな」

「フリーターはその後どうなっていくんだろう」

と不安や疑問を抱えていませんか?

あなたが大学中退した時期に周りが学生だと、これといった焦りなども感じません。

しかし就活時期になると、同級生たちは就職に向けて一斉に動き出しますので、急に不安になる人は多いです。

そして「自分はずっとこのままなのだろうか」と感じるのです。

私は人材業界で200名以上の就職に携わりましたが、20代後半や30代に突入し焦っている人もたくさんいました。

今回は将来を不安に思うあなたに、大学中退女性が何もせずに進むとどうなるのか、またその危機から抜け出す方法をお話します。

大学中退女性はその後どのような進路に進むの?

大学を中退した後、一般的にどのような進路に進むのでしょうか?

主には「このままフリーターを続ける」「就職する」他にも、「他大学へ編入する」などがあります。

それぞれどのような進路なのか。

具体的にお話します。

フリーターになる

ある調査では大学中退者の進む進路について、下記の結果が出ています。

  • 大学中退の女性は、約半数が正社員移行がなく、退学前に就職を決めている人は1割ほどである。

(参考元:労働政策研究・研修機構 大学等中退者の研究

このように、大学中退女性の進路は、ほとんどをフリーターが占めていることになります。

生活費の為にとりあえずフリーターをはじめたり、学生時代からのアルバイトの継続という進路を選択しています。

女性は特に「結婚したら経歴は関係ない」と考える人が多いのです。

就職をする

大学を中退した後、正社員になりたいと考える人は多くいます。

正社員になれば安定した雇用や給与が得られ、将来年金も十分に受け取れるために不安も軽減されます。

しかし実際には、「正社員になりたいと思った」人が47.1%に対して、「実際に行動した」人は32,6%と、ギャップがあるのも事実です。

(参考元:労働政策研究・研修機構 大学等中退者の就労と意識に関する調査

ですが将来を考え、正社員にならないリスクを理解している人は、就活を始め、正社員としての進路を選んでいます。

他大学に編入する

上記同調査には、「他の大学に編入したい」と考えている人が13.5%存在しています。

そんなとき、「編入」という選択肢もあります。

編入をすると、中退時に取得していた単位をそのままスライドして、学年途中からの継続が可能なのです。

そのように聞くと魅力的に聞こえる「編入」ですが、ハードルがいくつかあります。

  • 編入学において、3年次編入が一般的であり、1,2年次で中退している場合は編入できないことがある。
  • 人気大学になるほど倍率が高い
  • 試験を通過する必要がある

など、簡単なものではありません。

しかし他の大学でやり直し、「大卒資格」を手にしたいとの明確な目的がある人は、編入できる大学のリサーチと試験準備をしっかりと行い、編入という進路を実現しています。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退した女性がフリーターを続けるとどうなるか

あなたがもしこのままフリーターを続けることで、デメリットが大きく分けて2つあります。

  • 歳を重ねるごとに正社員になることが難しくなり、将来貧困に陥る
  • 結婚ができない可能性が高くなる

正社員なれないと貧困になるの?

女だし結婚に職業は関係ないでしょ?

しかし現実はそう甘くありません。

フリーターは将来生活保護予備軍?!

大げさに聞こえるかもしれませんが、リスクとして十分にある話です。

2019年時点でフリーターは138万人いるとされていますが、男性66万人に対して、女性は72万人も存在します。

(参考元:労働力調査(詳細集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の概要

しかしその内女性の場合、フリーター歴が5年以上になると、正社員移行率はなんと15%程しかありません。

(参考元:労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」)

フリーターは収入のピークが今

今現在十分な収入があったとしても、フリーターであるあなたの収入ピークは20代である今になります。

その後は歳を重ねるごとに、身体の衰えと比例して稼げなくなりまので、収入はどんどん下がります。

十分な貯蓄が難しくなり、老後は月々約5万円の国民年金で生活をしなければなりません。

結果、生きていくために生活保護に頼るという危険性もあるのです。

結婚に希望を持っても現実は難しい

「男性と比べて、女性は正社員じゃなくても結婚すれば養ってもらえるし、問題ないでしょ」

と考える女性は一定数存在します。

しかし本当にそうでしょうか?

昔は男性が稼ぎ家族を養う、というのが一般的でしたが、現代は状況が違います。

昭和55年は専業主婦家庭が1,114世帯に対して、共働き世帯は614世帯と半数しかありませんでしたが、平成29年には専業主婦家庭が641世帯、共働き世帯が1,188世帯と逆転しています。

(参考元:男女共同参画局 男女共同参画白書(概要版) 平成30年版

収入の補填に女性も働かなければならない

男性の平均給与は43.8歳で33万8千円となっており、一見高く見えますが、20代や30代、勤続年数によっては20万円前後の人も多くいます。

(参考元:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査

そうなると専業主婦になるのは難しく、結婚を考える時点で、男性もある程度女性の仕事を重視します。

フリーターであると、高収入の男性と出会う機会がなく、出会っても相手にさせる確率は低いのです。

高望みをして結婚できないか、結婚しても女性が働かないと貧困に陥るという危険があります。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退した女性は就職に不利?

大学を中退したフリーター女性は、新卒や職歴ありの既卒者よりも、就活には不利になるのが一般的です。

不利な理由は学歴だけではなく、「大学を中退した理由」をきちんと面接で伝えることを出来ない人が多く、企業側に「忍耐力のない人」「なんとなくで生きているのかな」というイメージを与えてしまうのです。

最終学歴は「大学中退」ではない

大学を中退すると、就活における最終学歴は「大学中退」ではなく「高卒」になります。

ですのでもちろん、応募資格が「大卒以上」のものは応募することが出来ません。

求人を探す際には、「高卒以上」もしくは「学歴不問」への応募になります。

少しデータが古いですが、2000年時点で高卒求人が200,000人未満に比べ、大卒求人は約600,000人に登ります。

(参考元:樋口座長代理資料(データ)

このように、応募できる求人自体に大きな差があることがわかります。

大学中退者である悪いイメージの払拭がうまくできない

すべての企業がそうではありませんが、やはり大学中退者に対する「忍耐力、継続力がないのでは?」というイメージは、少なからず存在します。

それらを突破するには、書類選考や面接でいかに悪いイメージを払拭し、自身の魅力を採用担当に伝えられるかが重要になります。

しかし多くの人が、学歴に対するコンプレックスや自信の無さから、なかなかこのイメージを転換させることが出来ずに、採用まで至らないというケースがあるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退した女性にその後の人生をインタビューしてみた

現在調査中

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退した女性でも就職しやすい仕事とは?

先程大学中退女性は、就活に不利だとお話しましたが、もちろん就職できないというわけではありません。

女性が活躍し、学歴よりもポテンシャルを重視して採用をしている企業を狙えば、正社員への希望は見えてきます。

では具体的にどのような仕事が良いのか、ご紹介します。

事務職は人気が高く、女性が多く活躍している

働く女性の内、28.7%を占める767万人が「事務従事者」とされています。

(参考元:厚生労働省 平成30年版 働く女性の実情

事務職と一口に言っても、その中には一般事務や営業事務、経理や総務人事と様々です。

始めやすい一般事務や営業事務、スキルアップのための経理や総務

一般事務や営業事務は、データ入力や電話応対、資料作成や営業の補佐などが主な仕事になります。

PCスキルだけではなく、基本的なビジネスマナーも身に付けることができ、簡単なPC操作ができればポテンシャル採用をしている企業も多いのでおすすめです。

また今後の更なるスキルアップを希望するのであれば、経理や総務人事を目指しても良いでしょう。

こちらは会社の縁の下の力持ちといったポジションになり、会計や労務管理が主な仕事になります。

20代後半以降になると経験者求人が目立ちますが、若手であれば未経験でも積極的に採用をしている企業もあります。

販売やサービス業は女性需要が高い

店舗などでの販売職や、ニーズに対してサービスを提供するサービス業は、人と接することが多く、女性向きの求人が多く存在します。

販売では特にアパレルや化粧品、インテリアを扱う仕事が高い人気を誇り、好きなものを身近に感じながら働けるところが魅力です。

サービス業ではブライダルプランナーや美容サロンの人気が高く、女性が多く活躍しています。

「人に喜んでもらえる仕事に就きたい」と考えている人にぴったりです。

上記はどちらも学歴を問われることが少なく、女性需要も高いため、比較的就職しやすいと言えます。

男性に負けず活躍できる?!営業職

少し前までは「営業職は男性が活躍する仕事」というイメージが強かったのですが、近年は違います。

実際に私も人材業界で営業職を経験しましたし、男性の同期よりも売上をたくさん持っていました。

営業にも種類があり、新規開拓を目的とした飛び込み営業や、既存顧客のアフターフォローがメインのルート営業、お客さんが店舗へ足を運ぶ来店型営業が主な営業スタイルになります。

また営業相手も、個人や法人で違いがあります。

人と接することが好きで、女性でも稼ぎたいと考えるのであれば営業職はおすすめです。

特に飛び込み営業は求人数も多く、「学歴不問」「未経験歓迎」で、やる気やポテンシャル採用をしている企業がたくさんあるのです。

会社によっては、給与にインセンティブ(歩合)制を導入していることも多く、自身の頑張り次第で収入アップを実現でき、ビジネスマナーや臨機応変な営業力を身につけることができます。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退女性でも就職するためには?

大学中退女性でも、「優良企業には就職できない」と諦める必要はありません。

しかし、ただなんとなく就活を進めると、様々なシーンで挫折するリスクがあります。

  • マイナスイメージにならない大学中退理由を伝える
  • 求人の探し方
  • 応募時の履歴書や職務経歴書の作成
  • 面接での答え方

上記の対策をしておくことが、優良企業への就職ポイントになるのです。

避けては通れない大学の中退理由

大学中退者が選考を進む上で、避けては通れないのが「大学の中退理由」です。

2014年度の調査では、大学中退者は約8万人とされていますが、そのうち多い退学理由は「経済的理由」20.4%と、「学業不振」14.5%です。

(参考元:文部科学省 学生の中途退学や休学等の状況について

大学中退を隠すことは学歴詐称になるので出来ません。

面接時には高い確率で「中途退学理由」を聞かれます。

その際には決してマイナスイメージにならないよう、事前に回答を考えておく必要があります。

マイナスイメージを払拭するには

一つ知っておいて欲しいことは、必要以上に自身の学歴を卑下しないで欲しいこと。

過去を変えることは出来ませんが、その過去を糧に、今後自分はどのようになりたいのかと、前を向くことが大切なのです。

「大学を学業不振で中退しました」

「大学の勉強に興味を持てずに退学してしまいましたが、その反省をもとに、今後は先のリサーチを欠かさず、社会に貢献していきたいと考えています」

後者の方が、今後の向上心を感じられ印象が良いですよね。

いかに過去の失敗を塗り替えるプラス要素を追加できるか。

マイナスイメージを払拭できるように意識しましょう。

採用されやすい求人選び

求人を探して選ぶ際には、自身の希望だけではなく、人手不足で採用されやすい仕事のことも知っておきましょう。

もちろん人手不足=ブラック企業ではありません。

優良企業を判断するのはあなたとの相性や、軸にしている希望条件がマッチングしているかどうかです。

営業職や販売、IT業界や介護業界、人気の事務職でも業界によって人手不足の度合いは変わります。

人手不足の業界や職種は、やる気やポテンシャル採用意欲が高いですので、事前にリサーチをして自身の応募の方向性をある程度決めておきましょう。

長く続けられる仕事選びも大切です

就活をする際、就職することを目標にしがちですが、一番重要なことは将来もその仕事を続けることです。

ですので求人選びの際には、自身がモチベーションを保ち、続けられる仕事を選択しましょう。

人によって、仕事に対して重きを置くポイントは異なります。

稼ぐことが自身のモチベーションになるのであれば、営業職がおすすめですし、人に直接感謝されるやりがいを求めるのであれば、販売や介護職が合っているでしょう。

また、将来につながる専門スキルを身につけたいのであればITや事務職が良いですね。

魅力的な履歴書を作成する

多くの場合、面接へ進むためには、書類審査を通過しなくてはなりません。

書類審査の通過率を上げるためには、いかにあなたの魅力を文章で伝えることができるかが大切になります。

基本は丁寧に書くこと、字が汚いことは関係ありません。

「丁寧に書く」を意識するだけで、読み手には十分伝わります。

そして履歴書に貼る写真も、暗い印象を与えないかなど気を配りましょう、

自己アピールや志望動機は、自己分析と企業研究を踏まえた上で具体的に記入し、最終学歴欄に「〇〇大学中退 経済的理由の為」など、簡潔に添えておきましょう。

その際にはマイナスイメージにならないように気をつけてくださいね。

面接は家を出る前からはじまる

面接に進むことが出来たら、当日は家に出る前からの準備が必要になります。

  • スーツは身体にフィットしているか
  • 髪はまとめられているか
  • メイクは派手ではないか
  • 笑顔は素敵にできているか

人の第一印象は、9割が視覚からの情報で決まると言われています。

清潔感と、好印象を与えられるように、笑顔を忘れないようにしましょう。

面接の最中は背筋を伸ばし、堂々と受け答えをします。

気になることは質問を用意しておくと、「意欲がある」と思ってもらいやすくなりますので、是非実践してみてください。

転職エージェントはすべての不安を解消します

私がご紹介した方法を聞いて、こんな風に感じませんでしたか?

「やるべきことはわかったけど、実際に一人でするのには不安がある」

そんなときに不安を解消するため、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントの中には、大学中退者やフリーターに特化したエージェントもあるので、取引企業は「大学中退者」に理解のある企業がほとんど。

登録後の面談では、あなたの経歴や性格をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれる他、書類の添削や面接対策まで、就活に関するサポートを受けることができます。

更に専任のキャリアアドバイザーと二人三脚で進めることで、モチベーションの維持にも効果的なのもポイントです。

ただし転職エージェントには、それぞれ強みとしている年齢や経歴に違いがありますので、事前に調べた上で、20代でフリーターや大学中退者に特化したエージェントを選ぶようにしましょう。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

20代である今なら、大学中退でも女性でも正社員になれます!

大学中退を経験すると、自身の学歴にコンプレックスを感じてしまう人は多いです。

しかしマイナスに感じるよりも、経験からどのようなことに気づき、学ぶことが出来たのかを考えることが、今後必要になります。

「大学中退女性のその後」を悲観的に捉えるのではなく、就職のために行動し、将来を希望のあるものに変えていきましょう。

20代の今なら、希望する正社員になれます。

是非転職エージェントも活用し、あなたの思う優良企業への就職を叶えましょう!

応援しています。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


6月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\6月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる